8月は、今年の8月は戦後70年ということで、戦争の特集にかなり力が入れられていたように思います。
戦争の話というと、悲しい話が多い。
映画もつらい話が多くて、怖い話より悲しい話が苦手な私でもかなり悲しい話の映画を見ました。
戦争以外でも「オルカ」という映画を久しぶりに見たけど、これがまた悲しい映画だった。

日常生活でも、左膳のことでいまだに泣く。
今年の8月は、悲しかった気がする。
左膳と言えば、左膳を最後に見た火曜日の翌日。
水曜日の早朝。

夢を見ました。
左膳がいつもの定位置、門と玄関を結ぶところにいる夢。
ずいぶんはっきりした夢で、「ああ、左膳がいる!」と思いました。

目が覚めて、今、夢に左膳いたと思った。
きっと気にしているからでしょうね。
その時、左膳の魂が来たとか、いろんな思いは胸に浮かぶけど。

夢判断によると、行方不明のペットが夢に出て来るのはどこかで生きているということらしい。
でも、もう会えないということらしい。
正式にペット、ではなかったけど。
どこかで幸せになっていたなら、良い。

私は毎朝、毎晩、御先祖様にお経をあげているんですが、その時にお線香を1本、左膳がいた場所にあげています。
左膳がいなくなった日の夜は、お経を上げながら泣いてました。
今でも思い出すと、泣いている。

電車の中や、会社のどこかで泣いたら不気味だし迷惑だから、泣かないようにしている。
風とか、地面の具合のせいなのはわかるけど、このお線香が燃え残る。
気になる。
考えすぎなのはわかるけど。

そして先週は、18年近く、集金に来ていた人が仕事をやめると言う。
月に一度会う人だったけど、これからいなくなると思うと寂しかった。
やっぱり、今年の8月は、悲しいことが多い気がする。

相変わらず、猫や動物には優しいねーと言われた。
別に大して優しくはないと思うけど。
そうしたら、この半分も人に優しかったら良いのにね~、と言われた。
…すみません。


スポンサーサイト
2015.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3133-21afbd88