たまたま見た、1時間のサスペンスドラマ。
おそらく80年代に作られたドラマでしょう。
主演は、萬田久子さん。

夫は学者だが、萬田さんは普通の主婦。
しかし夫は自分のことしか考えず、萬田さんの誕生日も忘れている。
近頃の夫が萬田さんに言うことは、自分の出世のために教授夫人を接待しろということ。
教授夫人は自分のことを何か言っていたか?と聞くだけ。

萬田さんは教授夫人の紹介で、絵のモデルをした。
その家の近くには、ヤクザの組長の家があり、いつも警官やら用心棒やらで物々しい。
ある日、萬田さんは帰り道、顎に傷のある男に話しかけられる。
その男こそ、あの組長だった。

返事もそこそこに去った萬田さんだったが、その次の日、萬田さんが勤める画廊に組長が現れた。
店員として接する萬田さんに組長は、萬田さんならどの絵が好きか聞く。
萬田さんが答えた絵を、組長は買った。

独りぼっちの誕生日、突然、両手に抱えきれないほどのバラが届く。
カードには、誕生日おめでとうと組長からの言葉が書かれていた。
そして萬田さんは、画廊に毎日来ていた組長が、現れないと気になってしまう。

組長が、絵を引き取りに来た。
絵を引き取れば、付き合いはこれで終わる。
ホッとすると言っていた萬田さんだが、その時、組長と対立する組が組長を襲う。
組長はとっさに萬田さんを庇い、撃たれてしまった。

その夜は、相変わらず、萬田さんの話を聞かない夫との食卓だった。
電話が鳴る。
組長の用心棒からだった。
撃たれた組長が、萬田さんの名前を言っている。

電話を切った後、萬田さんは立ち上がる。
驚いた夫が、どこに行くのか聞いた。
毅然と萬田さんは、出ていく。
そう、私は実はもう、あの人に魅せられていたのだろう…。


組長が、蟹江敬三さんなんです。
ねっとりした視線。
相手を安心させる軽い口調。

果たして萬田さんが好きなのか。
悪党なのか。
わからない。
何か企んでいるような様子は、絶品。

萬田さんは、これからどうなるのか。
蟹江さんの意図は、わからないまま終わったけど、萬田さんが惹き付けられて行くのは、おもしろかった。
あらためて、蟹江さんは良い演技するなあと思いました。
顔に傷はあるけど、花束やらあんな風にされると気になってしまうだろうな。

子供っぽい、自分勝手な夫は、斎藤洋介さん。
こちらもうまい。
若さ特有の、ちょっとぷっくりした頬もかわいい萬田さんも良かったです。


スポンサーサイト
2015.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3135-d984f584