こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPアニメ・コミック ≫ 成層圏のローレライ

成層圏のローレライ

柴田昌弘さんが少女マンガ雑誌に描いた「成層圏のローレライ」。
名前忘れたので登場人物は適当に名づけました、すみません。
手元にマンガもないし、何となく覚えているような名前です。
ごめんなさい。


飛行機の墜落事故が発生し、ボイスレコーダーが回収された。
ボイスレコーダーの記録には、機長はじめ乗務員の笑い声が残っていた。
乗務員全員が発狂した…?

客室乗務員の紀子は、持病のため気圧の変化により気を失ってしまう。
症状は隠しおおせるものではなくなっており、親友はフライトを交代してくれる代わりに仕事を辞めるよう進言していた。
だがその親友が乗った機が、今度の事故にあった。

同僚達は紀子に「今度フライトを代わる時は言ってちょうだい。私もやめるから」などと悪意のある言葉を浴びせた。
パイロットの航一は、紀子をかばう。
紀子は事故でなくなった恋人の代わりに、空を飛ぶ夢を持っていたのだった。
その夢を、今度のフライトで終わらせる。

決心して乗った最後のフライトに、ある双子の兄弟の1人も乗っていた。
この双子は兄は眼が良く見えない。
弟は耳が聞こえない。
2人はテレパシーにより、互いの見えない目、聞こえない耳を補える能力を持っていた。

フライトの最中、紀子はやはり、突然気を失ってしまった。
その時、大空の禁断の一角に、飛行機は進入するところだった。
機内に、ゴーという音が響く。
そしていきなり、オペラを歌うような女性の歌声が鳴り響く。

「聞くなっ!この声を聞いてはいけない!」
機長は叫んだが、すでに遅かった。
乗客乗員、この女性の歌声を聞いた者は精神のバランスを失い、大声で笑うと失神した。

紀子が目覚めた時、乗客も乗員もすべて、失神している。
このままでは、この前の飛行機と同じ、墜落する。
愕然とする紀子の前に、双子の弟が現れた。
彼もまた、歌声を聞かずに済んでいたのだ。

地上で弟の手術の成功を祈っていた兄は、弟の異変に気づいた。
紀子は双子の力を借り、地上の航一の指導に従って、飛行機を着陸させることに全力を注ぐ。
乗客の命を危険にさらす恐怖に耐えられないと言う紀子に、航一は好きだ、生還してほしいと訴える。
無謀な試みは成功し、飛行機は生還する。

…と、まあ、突っ込みどころはあるマンガですが、当時は最後まで一気に読みました。
この無謀な試みは成功し、全員無事に生還します。
その歌声を聴くと、船は難破するというローレライの歌声にちなんで、この空域は「ローレライ」と名づけられる。
「大空にはまだ、人間が踏み込むことを許さない、禁断の空域がある」というラスト。


この話には続編がありまして、航一が滞在先であるジプシーの占い師に言われます。
「大勢の人間が死ぬ。赤い子猫が死を呼ぶ。あんたが死を運ぶ」と。
だが航一は、今週の占いで自分はついていると出ていると言って、取り合わない。

友人で客室乗務員のフューリーという女性が航一に思いつめたように、相談があると言う。
その頃、滞在している客室乗務員達が次々、誘拐されていた。
一方、航一と約束の時間にフューリーは現れなかった。
航一は副操縦士としてフューリーとフライトに出る前に、話は何かと聞くがそれはもう解決したと言われた。

誘拐されたはずの乗務員達も、全員揃っていた。
航一はふと、気になる。
赤い子猫が死を呼ぶ。
フューリーの髪は、赤い…。

その頃、運河にはフューリーの全裸死体が、身元不明者として浮かんでいた。
フライトに出てしばらく。
この機の客室乗務員のあまりの態度の悪さに、乗客が文句を言い始めた。

パーサーがたしなめようとすると、客室乗務員達は全員、ピストルを向けてきた。
客室乗務員がハイジャック?!
「私たちは赤い子猫」。
フューリーは日本政府の代表者を出せと言う。

この機には原爆が積んである。
2千億円用意しないと、原爆を日本の上空で爆発させる。
とんでもないことになったが、10人を全員、一気に取り押さえるのは無理だ。
下手をすれば、原爆のスイッチが入ってしまう。

その時、航一が言う。
前方に乱気流。
航路をそれます。

機長に、航一が告げた変更先。
それはあの、ローレライの空域だった。
機長と航一は、言い争いを始めた。

腰抜け機長。
ひょっこが!
その言葉に機長は航一を殴り飛ばし、航一は気絶した。

だがフューリーは機長の様子がおかしいと思い始める。
「何をジグザグに飛んでいるの?!」
「航路を元に戻しなさい!」

その時だった。
ゴーという音が,機内に響いた。
そして、オペラを歌うような女性の歌声。

「なっ、何、この声は?!」
女性の歌声が機内に鳴り響いた。
ハイジャックしていた乗務員は全員、気が狂ったように笑い、そして失神した…。

目覚めた航一は、「ありがとう、ローレライ!」と叫ぶ。
だがなぜか、原爆のスイッチは入ってしまっていた。
「どこにいる、赤い子猫!お前の計画はもう、失敗した!」
しかし誰も応えない。

日本政府は航一に、このまま日本の領域に入らせるわけにはいかないと伝えた。
もし、このまま入ることになれば、撃墜するしかない。
しかし自衛隊の爆弾処理班が、機に向かっていた。
タイムリミットは2時間。

だが決死隊が到着するには、2時間を切ってしまっていた。
帰るように命令されるが、処理班は「今さら戻れるか!」と計画を決行。
原爆のタイムリミットを示す時計は、3分を残し、沈黙した。

正気に戻ったフューリーたち、客室乗務員。
彼女達はみんな、誘拐された時、催眠をかけられていた。
原爆には時限装置が設置されており、いずれにしても爆発することになっていた。
さらにそこからは電波が出ており、客室乗務員達はそれに操られていたのだった。

「機械に操られていたのね、私…」。
航一にフューリーが言いたかったこと。
行方不明だった姉が突然、現れた。
「姉さん、私と同じ顔だったの」。

姉は何かの組織と関係ができ、客室乗務員の妹そっくりに顔を変えていた。
しかし姉とは連絡が取れなくなってしまった。
フューリーはそのことを航一に相談したかったのだ。

だが目的が大量殺人と知った姉は、妹に知らせようとしたらしい。
運河に浮いていたのは、姉の死体だったのだ。
このとんでもないテロを仕掛けた組織、および国家は判明しなかった。

紀子との婚約をフューリーに知らせた航一。
笑顔のフューリー。
航一は言った。
「結局、占いは全部当たったんだよ。俺はついていたのさ」。

祝福しながら、フューリーは思った。
一緒に、搭乗員を目指す学校にいた時から、変わらないのね、航一。
あなたが大好きだったわ。


こちらも突っ込みどころは満載なんでしょうが、おもしろかった。
ローレライがハイジャック犯を全員、気絶させるところなんて迫力。
話はこの後も展開がありますが、やっぱりここがクライマックスです。

ローレライとハイジャック、うまい展開だと思いますね。
「成層圏のローレライ」で、ローレライはたくさんの犠牲者を出す災いの源。
それが次の「赤い仔猫」では、人を助ける。

しかしローレライ自身はただ、そこに存在しているだけ。
人間が、ローレライの周りで動いているだけ。
そんな設定も含めて、優れたサスペンスだと思います。

今でもパニック映画としてできそう。
でも、飛行機については、安易なものは作れませんね。
30年以上前の作品。
もう一度、読みたいです。

スポンサーサイト

Comment

柴田昌弘!
編集
「成層圏のローレライ」「赤い仔猫は笑わない」!
この話題に触れることができるなんて! ちょっと吃驚です。
この時期の柴田昌弘が大好きで大好きで、でも少女マンガの範疇のコンテンツだったので友達とは話題にできず、ひとりで面白がってはフラストレーション溜めていました(笑)。
まさかちゃーすけさんも読まれて記憶されていたとは思いませんでした。

当時の彼のタイトルセンスは抜群でした。
この2作品は確かにハリウッドTVムービーレベルで映像化できそうな感覚でしたね。

この時期の作品で最も好きなのが「盗まれたハネムーン」でした。
もちろん「赤い牙」シリーズも好きでしたが、長期連載になってからはあの短編で見せてくれた映画的な余韻の感覚が希薄になっていって、やはり70年代半ばから80年前後までの彼の作品に愛着がありますね。
いやいや、つい熱くなってコメントしてしまいました。
2015年09月27日(Sun) 22:27
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

いつも返事が遅くて申し訳ありません。
ですが…!

>「成層圏のローレライ」「赤い仔猫は笑わない」!
>この話題に触れることができるなんて! ちょっと吃驚です。

えーっ!
ご存知なんですかっ!
驚きです!

>この時期の柴田昌弘が大好きで大好きで、でも少女マンガの範疇のコンテンツだったので友達とは話題にできず、ひとりで面白がってはフラストレーション溜めていました(笑)。

そうなんですよ、これが「別冊マーガレット」「花とゆめ」に掲載されているという。
少年誌でも全然不思議じゃないというか、むしろなぜ少女マンガなのかというぐらい。
でも柴田さんは「女の子の出ないSFなんて」っておっしゃっている。
考えてみれば、時代の先取りですねえ。

>まさかちゃーすけさんも読まれて記憶されていたとは思いませんでした。

一度読んだら、忘れられないです。

>当時の彼のタイトルセンスは抜群でした。

「ひとりぼっちの戦争」とか、良いセンスですよねえ。

>この2作品は確かにハリウッドTVムービーレベルで映像化できそうな感覚でしたね。

おもしろそうですよね。

>この時期の作品で最も好きなのが「盗まれたハネムーン」でした。

あれもサスペンス劇場なんかで、できそうです。

>もちろん「赤い牙」シリーズも好きでしたが、長期連載になってからはあの短編で見せてくれた映画的な余韻の感覚が希薄になっていって、やはり70年代半ばから80年前後までの彼の作品に愛着がありますね。

「コンクリート・パニック」「ハトの旋律」、「ブルー・ソネット」。
「ブルー・ソネット」はいくらでも展開が広げられそうな作りはうまいし、登場人物はみんな魅力的。
…なのですが、正直、途中からは、柴田昌弘の良さはそこをうまく収束していくところなのに、と思っていました。
イワンもからめて最後はうまく収めたとは思いますが、途中、ゲシュペンストのあたりからかな。
安曇ヴィラやバードとソネットのバンドとか、おもしろいことはおもしろいんですが、もうこれ以上は話を広げない方が良い、なんて思っていましたよ。
各エピソードも「ブルー・ソネット」を描く前の柴田さんだったら、それぞれを短編で発表しそうな気がしていました。


柴田さんは今はマンガは描いておられないようですが、「回転扉」「グリーン・ブラッド」「ハリアー」の結末をつけてほしかったです。
いや、「回転扉」は、ああいう終わり方なのかな…。

>いやいや、つい熱くなってコメントしてしまいました。

柴田昌弘マンガが語れるとは!
ありがとうございます。
柴田昌弘氏の本が今、手元にあまりないので、ちゃんと書けないのですが、語りたい作品は他にもあるんです。
その時はまた、よろしくお願いしますね。

コメントありがとうございました。
いや、ビックリ。
うれしいです。
2015年10月03日(Sat) 01:56
No title
編集
ちゃーすけさん、ありがとうございます!
柴田マンガを語る相手が本当に身近にいたことがなかったので、テンションが上がってしまいました。

10年以上前にあの頃の作品群が文庫版コミックス等で出版されたものを時折読み返してますが、「成層圏…」は出なかったような気がします。
「回転扉」は読後感をひきずってしまう作品ですよね。あれは完結してると思います。

実は私、柴田夫人の市川ジュン作品群にも愛着があります(笑)。
あの頃の別マは本当にハイレベルで、くらもちふさこや槇村さとるが忘れがたい作品を続々と発表していましたね。
2015年10月04日(Sun) 05:00
まっきーさん
編集
>kaoru1107さん

>ちゃーすけさん、ありがとうございます!
>柴田マンガを語る相手が本当に身近にいたことがなかったので、テンションが上がってしまいました。

わかりますっ。
こちらこそ、ありがとうございます!

私の周りにも、語れる人は1人しかいませんでした。
彼女とは和田慎二さんも語れました。
残念なことに和田さんは、なくなられてしまいました。

和田慎二さんは「スケバン刑事」がテレビ放送されましたね!
「スケバン刑事」の掲載誌は少女マンガ雑誌だったので、男性は原作は知らない人が多かったのでしょうか。
和田さんのことは、「スケバン刑事」の原作者として認識していたのかな?
柴田氏はそういうこともなかったですし、少女マンガ好きにはウケなかったかもしれないし、私の周りにも彼女1人しかいませんでした。
ほんと、柴田氏のマンガは少年誌や青年誌でもおかしくない内容でした。

>10年以上前にあの頃の作品群が文庫版コミックス等で出版されたものを時折読み返してますが、「成層圏…」は出なかったような気がします。

あー、出てたんですね。
そういえば名作マンガが文庫版で出た時期がありました。
「成層圏…」がないとは、残念です。

あれもダメでしょうかね、女性が一切いない地球。
いるのは「ギャル」と言われる、「車」のような商品になっている地球。
今だったら問題多すぎて、ダメかな。
男性がいない惑星の話は「ラブ・シンクロイド」でしたね。

>「回転扉」は読後感をひきずってしまう作品ですよね。あれは完結してると思います。

2人分の善意を持つ彩が、2人分の悪意を持つ香織に体も意識も乗っ取られて。
彩の魂を救うために殺そうとしていた村の少女の刃から、どたんばで彩をかばった主人公が刺されて。
最後の意識の中で、彩に香織が取って代わったのを知った主人公が自分の認識の甘さを悔いて。
少女の転落死体が映って終わりですもんね、何とかならないのかと思ったけど、あれは終わりですね…。

「サン・ルーム」とかも相当、悲しい終わり方でした。
「ブルー・ソネット」だってソネットは命を失い、生き残ったランは恋人も友達も帰る場所もすべてを失った終わり方。
柴田先生は厳しいなあ…と思いましたよ。

「ハリアー」のコピーに「小松崎ラン、新たな戦い」ってあったような気がしたので、期待していたんですが…。
ランも出てこなかったし、独立した話として進んだものの、あれっきりでしたね。
掲載誌との大人の事情でしょうか(笑)。
「グリーン・ブラッド」も、人間を攻撃できるようになったグリーンブラッドが出た後の続きが読みたかったです。

>実は私、柴田夫人の市川ジュン作品群にも愛着があります(笑)。

「緋の稜線」が有名になりましたね。
私は「暁の目の娘」とか「3月の家」とか「星に聞けばいい」とかを別マで読みました。

>あの頃の別マは本当にハイレベルで、くらもちふさこや槇村さとるが忘れがたい作品を続々と発表していましたね。

掲載されていた作家さんたちが和田慎二、美内すずえ、こやのかずこ、河あきら、田中雅子、柴田昌弘。
おもしろかったです。
忘れられません。
今でもあの時の別マは、取って置けばよかったと思ってしまいます。

この作家さんたちが「花とゆめ」に移ってからの別マは、くらもちふさこ、槇村さとる、多田かおる、紡木たく、いくえみ綾がいましたね。
70~80年代、毎月、別冊マーガレットの発売日にはウキウキしながら本屋に行きました。
語ってしまいました。

コメントありがとうございます~!!
2015年10月04日(Sun) 11:29
枯葉の町
編集
女性のいない世界を描いたのは、「枯葉の町」ですね。
これは持ってます。文庫版に収録されてました。お貸しできますよ(笑)。

和田慎二の超少女明日香とランが共演したレアなエピソード、「貘」というのもありましたね。
「スケバン刑事」がポピュラーになった時期に、柴田評価も高まるかと思ったのですが、オタク文化が台頭していく時代もあっってマニアックなポジションに置かれてしまいましたね。
ご本人はその方がお好きな世界を存分に描けてよかったのかもですが、もっとアクションロマン作家として一般的評価があって然るべきでしたね。残念です。

それにしても、趣味性の出逢いというのはあるんですね。
時々この話題でやりとりできたら有難いです。
2015年10月04日(Sun) 13:44
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

>女性のいない世界を描いたのは、「枯葉の町」ですね。
>これは持ってます。文庫版に収録されてました。お貸しできますよ(笑)。

ありがとうございます(笑)
「枯葉の町」でしたか。
「今度は、まともな方の地球にしような」で終わる話。

>和田慎二の超少女明日香とランが共演したレアなエピソード、「貘」というのもありましたね。

ありました、ありました。
人の才能を食べて自分のものにする男が今度は超能力を身に付けようと、超能力者募集の広告を出す。
ランと明日香が気づいてやって来る話し相手でした。
不器用なランと家事万能な明日香のメイドが楽しかった。
ゴキブリが苦手な明日香と平気な!ランとか。

>「スケバン刑事」がポピュラーになった時期に、柴田評価も高まるかと思ったのですが、オタク文化が台頭していく時代もあっってマニアックなポジションに置かれてしまいましたね。
>ご本人はその方がお好きな世界を存分に描けてよかったのかもですが、もっとアクションロマン作家として一般的評価があって然るべきでしたね。残念です。

絵を見て「オタクっぽい」って言った同級生がいました。
それでもう、自分の範囲外って思ってしまうんでしょうか。
もっと評価されて、みんなに知られて欲しい人なんですが。
そうですね~、安曇ヴィラの話なんか、メイドいっぱい描きたかったのかな~と思ってました(笑)
「第3の娘」とか今も通じる話ですよね。
スマホ依存なんて言葉を聞いた時、レボ中毒を思い出しましたよ。

>それにしても、趣味性の出逢いというのはあるんですね。
>時々この話題でやりとりできたら有難いです。

ほんとにビックリしました!
こちらこそ、よろしくお願いします。
コメントありがとうございました。
2015年10月04日(Sun) 16:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL