こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPアニメ・コミック ≫ 暗示とはおそろしいもの 「ひとりぼっちの戦争」

暗示とはおそろしいもの 「ひとりぼっちの戦争」

「ひとりぼっちの戦争」。
まるで「ランボー」や「レオン」を思わせるタイトルです。
しかしここで取り上げる「ひとりぼっちの戦争」は、柴田昌弘氏のマンガ。

地球に来襲する侵略者たち。
そのまがまがしい飛行物体を迎撃するため、防衛軍のパイロットたちが飛び立つ。
パイロットたちは次々、敵を撃墜するが、敵の弾も当たる。

1機、また1機と戦闘から離脱していく。
だが、あるパイロットは違った。
確実に敵を撃墜して行く。
しかし、被弾した。

戦闘機が火を噴く。
脱出せよと、コンピューターの声が響く。
だが男は、脱出しない。
まだ、敵は残っているのだ。

「死んでもお前たちを地球に近づけさせやしねえ!」
パイロットは叫ぶ。
機は炎上し、男は炎に包まれる。
それでも男は操縦桿を握り締め、敵を撃つ。

地上でレーダーを見ていた司令官たちは、感嘆の声を上げる。
「やった!」
「仮想敵は1機残らず、撃墜したぞ!」

そう、これは訓練。
パイロットたちは、実際の戦闘機に載ってはいるが、飛行はしていない。
仮想の敵を相手に戦闘機に乗って戦う。

強い暗示をかけられて。
戦闘シュミレーションだった。
これまで、すべての敵を殲滅したパイロットはいなかった。

操縦席が開けられた。
全員が駆け寄り、パイロットを賞賛しようとした。
だが。

全員が絶句した。
操縦席のパイロットは、黒焦げだった。
「暗示と言うものは、怖ろしいものだ」。
「彼は地球を守るため、本当に戦争をしたのか…」。


おそらく、10ページか、それに満たないページ数の短編。
柴田昌弘氏は70年代、80年代に時代を先取りしている作品を発表しています。
これも戦闘シュミレーションは、暗示までかけないけど今は実現しているのでは。

長編もすごいですが、柴田氏のすごさは短編で発揮されていると思うんです。
これなんか、その際たるもの。
使命感を持ったパイロットにとって、戦争は本物だったのです…。
人の心を、操ろうとしてはならない。


スポンサーサイト

Comment

10年早かった
編集
「ひとりぼっちの戦争」、読んだ記憶はあるのですがおぼろげでした。
柴田作品は大抵幾度も読み返しているのに、この作品は一回限りだったのでしょう。

ちゃーすけさんの仰る通り、柴田昌弘は登場が10年早かったかもしれません。
いや、位置づけられる作家群のカテゴリーが違っていたようにも思います。
例えば、この短編から私が連想するのは、松本零士の「ザ・コックピット」シリーズだったりします。

精緻なメカ描写と美女・美少女の組み合わせは両者は同じですが、松本氏のようなアンバランスな歪みのようなものが柴田氏にはなく、あまりに全体がシャープにまとまり過ぎていたのかもしれないです。
柴田マンガは結構、人間を描いていたのですがねぇ…、オタクっぽいマンガ作家という評価で終わるのは勿体無いと思っています。

そういえば、「成層圏」2部作もソノラマ文庫に収録されて2000年頃に発売されていました。その時購入したような気がするのですが本棚に見当たりません。
2015年10月11日(Sun) 20:11
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんわ。
いつもありがとうございます。

>「ひとりぼっちの戦争」、読んだ記憶はあるのですがおぼろげでした。
>柴田作品は大抵幾度も読み返しているのに、この作品は一回限りだったのでしょう。

本の数ページですし、単行本の合間に収録されていたので、なかなか見る機会もなかった作品だと思います。
惜しいです。

>ちゃーすけさんの仰る通り、柴田昌弘は登場が10年早かったかもしれません。

あの頃より今の方がしっくり来る描写があるんですよね。
歓声の鋭い人はそういうものなんでしょうか。

>いや、位置づけられる作家群のカテゴリーが違っていたようにも思います。
>例えば、この短編から私が連想するのは、松本零士の「ザ・コックピット」シリーズだったりします。

それはありますね!
掲載誌が少女マンガなので、少年マンガを読む層からはちょっと外れる。
しかし絵や作品の特徴から、少女マンガを読む層からもちょっと外れる。
本当はどちらからも受け入れられて良い作家さんなのに。

>精緻なメカ描写と美女・美少女の組み合わせは両者は同じですが、松本氏のようなアンバランスな歪みのようなものが柴田氏にはなく、あまりに全体がシャープにまとまり過ぎていたのかもしれないです。

あ~、松本氏のような歪みがない…、わかります。

>柴田マンガは結構、人間を描いていたのですがねぇ…、オタクっぽいマンガ作家という評価で終わるのは勿体無いと思っています。

「ブルー・ソネット」の少女たちは、サイボーグであっても、いや、サイボーグになった分、心はものすごく傷つきやすい少女だったりする。
エスパーであっても中身は悩む少女であったりする。
柴田さんの主人公はサイボーグやエスパーのスーパーヒーローというより、スーパーパワーを持った「普通の人間」。
そんな彼女たちが政治的手腕に優れた大人たちに利用され、翻弄されるから悲しく、感情が入ってしまうんです。
だから決して、オタクだけに受ける作品じゃなかったんですが。

>そういえば、「成層圏」2部作もソノラマ文庫に収録されて2000年頃に発売されていました。その時購入したような気がするのですが本棚に見当たりません。

私も引越しの時に花とゆめのコミックスがだいぶ、なくなってしまって本当に残念です。
「赤い牙」シリーズは残っているんですが…、うーん、残念です。
柴田さんの短編がまた良くて、それは本当に今、見る機会が少ない。

コメントありがとうございました。
2015年10月11日(Sun) 22:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL