こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPアニメ・コミック ≫ 続きが読みたい柴田昌弘氏

続きが読みたい柴田昌弘氏

「ブルー・ソネット」。
主人公以外の登場人物が魅力的で、主人公がいなくても話が成立するのは優れた話である証拠ではあります。
でも途中、いろんな登場人物の話にそれすぎかなとは思いました。
ゲシュペンストはまだ必要なエピソードですが、ソネットとバードのバンド、安曇ヴィラあたりではもう、この話はずっと終わらないんじゃないかと思いました。

憎悪に支配されたランが超古代人類に意識を飲み込まれ、都市ひとつ破壊ですもん。
奈留の呼びかけで正気に戻った。
しかし奈留はそのために身を捧げてしまった。

ソネットがサイボーグ化されたのは、病に侵された体を長持ちさせるためだった。
病巣を取り除くこともしてやらず、必要だったのはその特殊な病気によってもたらされた超能力だけ。
実の母親に体を売らされ、ろくな教育を受けなかったソネット。

信じていた組織に利用されつくしただけということを知ったソネットは、自分の使命として呼び覚ましてしまったランの中の超古代人類を止めようとした。
しかしその強大さに力尽き、命が尽きる前にバードに自分の生命をつかさどる電池を差し出した。
ランを思い続けていたバードは、そんなソネットの手を取って一緒に消滅した。

ソネットに対して、バードは人間として手を取ったと見ています。
それでもソネットは幸せと感じた、最後に歓喜の中にいたと思います。
それぐらいが救いでしょうか。

最後は、イワンしか生き残ってない。
ランはイワンの前から姿を消しましたが、ソネットは命を失い、生き残ったランは恋人も友達も帰る場所もすべてを失った終わり方。
柴田先生は厳しい。
この続き、ランが救われる続きが読みたかった。

「ハリアー」のコピーに「小松崎ラン、新たな戦い」ってあったような気がしたので、期待していました。
でもランも出てこなかった。
独立した話として進んでいて、それはそれでおもしろかった。

しかし主人公の青年が老人にされたところで、終わっている。
掲載誌との大人の事情でしょうか(笑)。
その後がどこかに掲載されることはありませんでした。

「グリーン・ブラッド」も、人間を攻撃できるようになったグリーンブラッドが出た。
その3人が去っていく。
この後の続きも、読みたかったです。

スポンサーサイト

Comment

脇役たちの魅力
編集
「紅い牙」シリーズ、夢中で読んでました。
初登場時のプロフィール設定が大雑把だったこともあって、主人公ランを軸に据えた物語は別マの短編シリーズでほぼ描き切った感じでした。花とゆめに移ってからは、ランは狂言回し的な存在になって一歩引き、「ブルーソネット」長期連載は群像大河ドラマの味わいに。こうなるとキャラ設定の作り込みが効いてきます。
初期から出ていたキャラたちより、思い切りのよい途中参加の人物たちがどんどん魅力的になって行ったと思います。
例えばDr.メレケスの存在感。「ブルーソネット」を、ランと桐生側でなくソネットとメレケス側から描いたら、どんな面白さになるだろうと想像してしまいます。

そして、この作品、大掛かりな設定は既視感大ありなのですが、やっぱり柴田作品らしいディティールのリアリティに溢れてたと思うんです。
例えば、ソネットに疑惑を感じるきっかけが彼女を抱きかかえた時の重さだったり、レボの魔力を性的官能を刺激するオーディオ技術として描いたり、メレケスの天才をバードの64ビートで描いたり。そんなディティールの豊饒さが、派手な超能力バトルを遙かにしのぐ魅力でした。

物語のラスト近くで印象的だったのが、メレケスの暴走を粛清しようとやってきたモザー・クラバットというタロン幹部。登場シーンは短かったのですが、素手で拳銃を折り曲げる怪力でメレケスに迫るキャラ設定は圧巻でした。

柴田作品となると、ついついコメントも暴走してしまいます。ご容赦ください。
2015年10月30日(Fri) 22:19
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんにちは。

>「紅い牙」シリーズ、夢中で読んでました。
>初登場時のプロフィール設定が大雑把だったこともあって、主人公ランを軸に据えた物語は別マの短編シリーズでほぼ描き切った感じでした。花とゆめに移ってからは、ランは狂言回し的な存在になって一歩引き、「ブルーソネット」長期連載は群像大河ドラマの味わいに。こうなるとキャラ設定の作り込みが効いてきます。

ランを最初に見ている人と、ソネットから見た人とでは、登場人物への感情の入り方が違いそうですね。

>初期から出ていたキャラたちより、思い切りのよい途中参加の人物たちがどんどん魅力的になって行ったと思います。

敵であるはずのソネットが、あんなに魅力的なんですもんね。

>例えばDr.メレケスの存在感。「ブルーソネット」を、ランと桐生側でなくソネットとメレケス側から描いたら、どんな面白さになるだろうと想像してしまいます。

「バイエルンの火星人」。
メレケスの物語も興味深いですよね。
女性に失望したメレケスとソネットに父娘のような感情が芽生えたのには、ジーンとなりました。
メレケスは、愛情ではなく自分の作品に対しての愛着だと言いましたが、実の母に捨てられたソネットはそれを否定しました。
バードを助けていたソネットに涙して「恋は人を愚かにするというが、何という愚かなことを」
「わしを欺き、組織を欺いてあの男に尽くしたとて、お前の手に残るのは絶望だけじゃ。この恋は絶対に成就せんのじゃぞ」
「博士の作ってくれたこの体、大好きです」
これだから、敵役キャラクターが魅力的であるわけです。

>そして、この作品、大掛かりな設定は既視感大ありなのですが、やっぱり柴田作品らしいディティールのリアリティに溢れてたと思うんです。
>例えば、ソネットに疑惑を感じるきっかけが彼女を抱きかかえた時の重さだったり、レボの魔力を性的官能を刺激するオーディオ技術として描いたり、メレケスの天才をバードの64ビートで描いたり。そんなディティールの豊饒さが、派手な超能力バトルを遙かにしのぐ魅力でした。

信じないだろう、ソネットがお前より重いなんて。
…ですね。
聖子ちゃんが事故にあったわけとか、うまいですよね。

テレパスの由里さんの話も、超能力者の悲劇でした。
ゲシュペンストの見てきた光景はかなりすごいでしょうね。
ワギのエピソードも描いてほしかった。

>物語のラスト近くで印象的だったのが、メレケスの暴走を粛清しようとやってきたモザー・クラバットというタロン幹部。登場シーンは短かったのですが、素手で拳銃を折り曲げる怪力でメレケスに迫るキャラ設定は圧巻でした。

メレケスに「それを着て一人前のサイズ」と言う。
共に野望を持つエリートの同志の心の底にあったメレケスの嘲り。
ああいう描写がすごく印象的でした。

>柴田作品となると、ついついコメントも暴走してしまいます。ご容赦ください。

こちらこそ。
語れてうれしいです。
コメントありがとうございました。
2015年10月31日(Sat) 17:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL