こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺必中仕事屋稼業 ≫ 「仕事屋」考 最終回「必殺」が描いたテーマ

「仕事屋」考 最終回「必殺」が描いたテーマ

最終回。
半兵衛とお春の2人は、元に戻っている。
裏の顔を持つことは、2人の仲を引き裂くには至らなかった。
それほど、この2人は強く結びついているのだとわかる。

だからこそ。
だからこそ、最後に半兵衛が追われて旅立ち、お春が1人残るラストが胸を打つ。
あれほど素人ぽかった政吉が、親子の情に負けそうになるおせいのため、仕事屋として死んでいくのが切なくなる。

政吉を失ったおせいが死のうとするのを、やはり素人だった半兵衛が止める。
そして諭す。
「死なせて。政吉のそばに行かせて」。
この時の半兵衛の言葉は「必殺」史上、いえ、時代劇の中でも名セリフではないでしょうか。

「人間生きるため死ぬため、大義名分を欲しがる。
そんなものぁ、どうでもいいんだ!
明日のない俺たちは、無様に生き続けるしかないんですよ」。

うちひしがれるおせい。
半兵衛にも追手が迫っている。
「おかみさん、いや、おせいさん。無様に生き続けましょうよ」。
そして半兵衛は自ら囮になって、おせいを助ける。

今よりはるかに寿命が短く、病やケガや自然や災害に対して日本人が無防備で、身分制度がある時代。
そこに生きる人の生と死を描いたものが「必殺」、いえ、時代劇。
半兵衛の言葉は、そのひとつのテーマに対する答えではないでしょうか。

命があれば死にたくないから、なりふり構わず必死に生きる。
そうすれば、無様になることもある。
だから無様に思われないため、格好をつけ、言い訳をするため、大義名分を欲しがる。
大義がない戦争は士気が下がるって、言いますね。

でも生きることに、大義名分はいらないと半兵衛は言うんです。
追われる自分には、もう明日もない。
大切な人を失ったおせいにも、明日はないだろう。
明日、つまり希望、生きる目的、張り合いはない。

ただ生きているだけになるのかもしれない。
それでも生きること。
生き残った自分たちがやることって、そういうことじゃないのか。

すっぱり自害する武士。
大義名分のために死ぬ武士と「必殺」の殺し屋や庶民は違う。
自分たちは悲しかろうが、みっともなかろうが、みみっちい人生を無様に生きよう。

それで良いだろう。
俺は生きる。
あんたも生きてくれ。

市井の人の生と死、それに立ち会う殺し屋たちの物語が「必殺」。
この「必殺」に込められてきたテーマのひとつを、半兵衛が言っている。
だから「仕留人」と「仕事屋稼業」は、地味だろうと「必殺」の重要な作品になっていると私は思います。

仕事屋の厳しさを常々説いていたプロだったおせいは素人から成長した2人の仕事屋に救われ、諭され、生きていくことを教えられる。
勝負で言えば、逆転。
掛けごと勝負を描いてきた「仕事屋」の行き着いた見事な逆転ラスト。
お春との絆もすべての縁を断ち、博打好きのろくでなしのそば屋の主人だった半兵衛は、1人、仕事屋として旅立つ。

時に軽妙に、時に切なく展開された1話1話。
そのクオリティの高さ。
全編を通じて描かれる親子、夫婦、友情。
最後の、アマチュアがプロへ成長した果てに訪れた厳しく悲しく、たくましい結末。

「必殺」シリーズに興味のない人、時代劇に興味がない人でも仕事屋は見られるだろう、うなるだろうと思うのは、この人間ドラマがしっかりしているから。
そして、人が生きることに対してのエールが最後にある。
古今東西、時代劇があの時代を選んで描いてきたテーマがある。

ラスト。
歌を口ずさみ、半兵衛を一人、ずっと待っているであろうお春が映る。
かげろうが立ち上る中、地面から起き上がる半兵衛。
ふたりは、同じ歌を口ずさんでいる。

下手な人相書きを破り(これほんとにちょっと、奉行所は反省しましょう)振り向く半兵衛。
そこに生命力としたたかさが溢れている。
俺は生きるよ。
あんたも生きてくれ。

緒形拳、名演。
林隆三、ベストワーク。
草笛光子もまた、ベストワーク。
岡本信人、中尾ミエのクレジットも光る名演です。


スポンサーサイト

Comment

「最後の戦い」
編集
ちゃーすけさん、お久しぶりです。

私にとって、「仕事屋稼業」には特に思い入れが
あって、個人としてはリアルタイムで視聴していて
凄く「ショック」だった思い出が有ったりします。

さて、この「仕事屋稼業」の最終回ですが、
最後の仕事の後のシーンは、さすがの蔵原氏
でも書ききれず、現場のスタッフと演者の
ディスカッションの結果、あのシーンになりました。

つまり、あの台詞などは全てアドリブと同等で、
演者とスタッフの思い入れの結晶、と言っても
良いかもしれません。
(漏れ聞く話だと、緒方さんは半兵衛にはそれほど
思い入れが無かった、と言う話もありますが、
((「仕事人大集合」でも本当は梅安で出たかったらしい))
それ故逆にクオリティの高さが光ると思います)

>>下手な人相書きを破り(これほんとにちょっと、奉行所は反省しましょう)
リアルタイムで見ていた時には、私もそのように
考えましたが、何度か再放送を見返すうちに、
或る可能性を考えるようになりました。
それは、半兵衛に捕まって欲しくないし、捕まえたくない
源五郎親分が或る程度介入しているのでは、
と言う可能性です。

シナリオ中盤で、或る意味命懸けで半兵衛の
窮地を源五郎親分は助けています。
最後囮として半兵衛が捕方を引き付けた時には、
恐らく半兵衛の顔形を正確に見分ける時間と
余裕は無かったでしょうから、
似顔絵を作る際に源五郎親分が敢えて少しずつ
似ない情報を紛れ込ませたのでは、と思えるのです。

後のコメディリリーフの演者の人と比べた時、
源五郎親分は時々シナリオの本筋にもキチンと
関わっているので、そんな可能性を考えさせられます。
2017年02月18日(Sat) 11:40
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>にとって、「仕事屋稼業」には特に思い入れが
>あって、個人としてはリアルタイムで視聴していて
>凄く「ショック」だった思い出が有ったりします。

私もリアルタイムで見た時は、相当な衝撃でした。
「新仕置人」の再放送は見たことがあるのですが、「仕事屋」の再放送って見たことがなかったんです。
だから再見はDVDが発売されて初めてだったんですが、それでもこの最終回は覚えていましたから。
細かい部分はもちろん、忘れていましたが、政吉が死ぬところ。
おせいと半兵衛が仕事をして、最後に半兵衛が追われてお春に仕事料を残して去って行くところ。
飛び散る小判など、覚えていました。
その後も見たドラマの中で良かったものを挙げろと言われると、再見していないのに「仕事屋」の名前は必ず頭に浮かびました。

>さて、この「仕事屋稼業」の最終回ですが、
>最後の仕事の後のシーンは、さすがの蔵原氏
>でも書ききれず、現場のスタッフと演者の
>ディスカッションの結果、あのシーンになりました。

計算された最終回じゃなかったと!?

>つまり、あの台詞などは全てアドリブと同等で、
>演者とスタッフの思い入れの結晶、と言っても
>良いかもしれません。

あれだけの最終回が…。
「新仕置人」の最終回に匹敵する名作だと思っていたので、計算外の結果とは驚きです。

>(漏れ聞く話だと、緒方さんは半兵衛にはそれほど
>思い入れが無かった、と言う話もありますが、

確かに緒形拳さんのインタビューで梅安の名は出ましたが、半兵衛、時次郎の名前は出なかったような。

>((「仕事人大集合」でも本当は梅安で出たかったらしい))

梅安は原作があるので、やたらに後日談作れなかったのかな。
「仕業人」で梅安だとはっきり確定できませんが、緒形さん、鍼医者役で出てますよね。

>それ故逆にクオリティの高さが光ると思います)

皮肉なことですが、ほんとにそうですね。

>>下手な人相書きを破り(これほんとにちょっと、奉行所は反省しましょう)
>リアルタイムで見ていた時には、私もそのように
>考えましたが、何度か再放送を見返すうちに、
>或る可能性を考えるようになりました。
>それは、半兵衛に捕まって欲しくないし、捕まえたくない
>源五郎親分が或る程度介入しているのでは、
>と言う可能性です。

ああ、私もあの後、源ちゃんはどうしたのかなと思いました。
お春さんの店にたまに立ち寄っては、「元気?」って声をかけていたのではないかって。
誰もいないところでは、半兵衛を好きな者同士で、お春さんを励ましていたのではないかと思いました。

>シナリオ中盤で、或る意味命懸けで半兵衛の
>窮地を源五郎親分は助けています。

源ちゃんが半兵衛を助けるところ、好きなんです。

>最後囮として半兵衛が捕方を引き付けた時には、
>恐らく半兵衛の顔形を正確に見分ける時間と
>余裕は無かったでしょうから、
>似顔絵を作る際に源五郎親分が敢えて少しずつ
>似ない情報を紛れ込ませたのでは、と思えるのです。

あるかもしれませんね。
親分、本当に一途でしたから。
お春さんに「あたし、わざと似てない特長を言ったのよ」と打ち明けていそう。
「半ちゃんに逃げてほしい、あたしのせめてもの女心」とか言っているところが想像つくのがすごいです。

>後のコメディリリーフの演者の人と比べた時、
>源五郎親分は時々シナリオの本筋にもキチンと
>関わっているので、そんな可能性を考えさせられます。

はい、後のコメディリリーフはほとんどが本当にお笑いパート担当だけでしたが、源五郎親分ってちゃんと岡っ引きとしての役割があって、それを担っていましたね。
だから最終回の後、源五郎親分もさぞかし、切なかっただろうなという想像ができます。

コメントありがとうございました。
「仕事屋」はなかなか語ってもらえる機会がないので、コメントうれしいです。
2017年02月20日(Mon) 20:57
新国劇
編集
ちゃーすけさん、こんばんは。

>>梅安は原作があるので、やたらに後日談作れなかったのかな。
緒方さんは元々新国劇の出身で、
池波さんは新国劇の脚本を書いていた事が
ありました。

緒方さんが新国劇に入った時には、
「新国劇の将来を担うだろう期待の俳優」
と呼ばれていた時も有りました。

色々と有って緒方さんは新国劇を辞めるのですが、
それは回りまわって結局斜陽だった新国劇に
とどめを刺す形になります。

「仕掛人」のオファーが緒方さんに来た時、
緒方さんは池波さんの原作を彼なりに読み込んで、
他に例を見ない「緒方梅安」と呼んでいいあの
梅安の形を造形しました。
(刹那的で享楽的なあの梅安は、全く緒方さん独自の
もので、原作をなぞる場合だと一番近いのは実は小林版
(故小林桂樹さん)の梅安だと思います)
「仕掛人」を見た池波さんがどんな風に思ったのかは
伝わっていませんが…。

ただ、TBS系列で「剣客商売」を作った際に、大治郎を
意に反して主役に据えた時には池波さんは激怒されて
います(以降TBS系列で池波原作の時代劇は作られていない)。
「仕事屋稼業」も途中からNETになりましたしね。

「仕事屋稼業」の話に戻しますと、一話完結でありながら、
同時に各話で張り巡らされた伏線が見事に回収されつつ
最終回に向かってシナリオが進んでゆく、と言う点でも
誠に素晴らしいドラマだと思います。

源五郎親分は町方の手先なので、火盗改が踏込んだ
処に割って入るのは、相手の虫の居所によっては危険だった
にも拘わらず、それでも割って入って半兵衛を助けた
ところにあのシーンの凄みがあるんですが(つまり、
それ程に源五郎親分の半兵衛への思いが深い事が判る)、
それをちゃんとシナリオ本筋に活かして加えているところに
「仕事屋稼業」のドラマとしてのクオリティの高さを示して
いる、と思っています。

この最終回に向かうまでの4話の話の構成が素晴らしく
(妊娠騒動の時に卦を立てて貰った内容までちゃんと回収された
のは驚きでしたが)、
最終回の仕事シーンに引き込む為に各脚本家が全力を
注力しただろう事がうかがえます。

仕事後のあのシーンはワンカットで撮影された、と言う話で、
あれ程のインパクトのあるシーンを実質アドリブで撮り切って
しまった当時の必殺作劇陣には頭が下がります
(当時小学校中学年だった私には本当に「ショック」で、
余りにショックだったので暫く呆然としていた気がします)。
2017年02月22日(Wed) 01:01
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>緒方さんは元々新国劇の出身で、
>池波さんは新国劇の脚本を書いていた事が
>ありました。

そのお話は私もどこかで知りました。
だから池波さんの原作は実写化しやすいのかな、と思いました。

>緒方さんが新国劇に入った時には、
>「新国劇の将来を担うだろう期待の俳優」
>と呼ばれていた時も有りました。

>色々と有って緒方さんは新国劇を辞めるのですが、
>それは回りまわって結局斜陽だった新国劇に
>とどめを刺す形になります。

これ、緒形さんがある日、新国劇の重鎮の方にバッタリお会いした時のことを語っていました。
緒形さんが挨拶すると、相手の方は「ふーん」とおっしゃった。
そこで緒形さんが新国劇を辞めたことをお詫びすると「ふーん。で、お前、何て名前?」と言われた。
その時、緒形さん、血の気が引いたそうです。
怒ってるなんてもんじゃないな、って。
後で「俺はお前に期待してたんだよ」と涙ながらに言われたとか。
すさまじいなと思いました。

>「仕掛人」のオファーが緒方さんに来た時、
>緒方さんは池波さんの原作を彼なりに読み込んで、
>他に例を見ない「緒方梅安」と呼んでいいあの
>梅安の形を造形しました。

ここが緒形さんのすごいところですね。

>(刹那的で享楽的なあの梅安は、全く緒方さん独自の
>もので、原作をなぞる場合だと一番近いのは実は小林版
>(故小林桂樹さん)の梅安だと思います)
私も緒形さんの梅安が梅安だと思って原作を読んだんですが。
小林桂樹さんの梅安が原作に近いと言われているのは聞いたことがあります。
確かにそうだと思います。
緒形さんの梅安が梅安だと思っていると、面食らいますね。

>「仕掛人」を見た池波さんがどんな風に思ったのかは
>伝わっていませんが…。

良く思っていらっしゃらなかったんでしょうか。
気になります。
自分の作品にはこだわりがあるのは、作家として当たり前なので…、どうなんでしょうね。
しかし紋次郎に対抗するためのテレビ時代劇という点からすると、この路線は大成功だったんですよね。

>ただ、TBS系列で「剣客商売」を作った際に、大治郎を
>意に反して主役に据えた時には池波さんは激怒されて
>います(以降TBS系列で池波原作の時代劇は作られていない)。
>「仕事屋稼業」も途中からNETになりましたしね。

おもしろいんですけどね、やっぱり原作者としてはこれはダメという線があると思いますから…。
でもおもしろいんですけどね。

「仕事屋」は確かに土曜日の夜10時からTBSで見ていた記憶があるんですよ。
「仕留人」もそうだったので、あれ?と思っていました。
なんで、途中からテレビ朝日で金曜日になったのかな?
子供だったから記憶が間違ってたのだろうか?
いや、土曜日だから子供があの時間まで起きていられたんだし…、?と思っていました。

>「仕事屋稼業」の話に戻しますと、一話完結でありながら、
>同時に各話で張り巡らされた伏線が見事に回収されつつ
>最終回に向かってシナリオが進んでゆく、と言う点でも
>誠に素晴らしいドラマだと思います。

博打好きだけど、裏の仕事に関しては全くの素人2人。
博打のためのお金とスリルのために踏み入れた裏の仕事。
それが仕事を通じて人の情を知り、理不尽な現実に憤りを感じ、仕事に力が入っていく。
いくつものピンチを超え、素人はやがてプロになり、そして裏の仕事らしい破滅が訪れる。
おっしゃる通りです、全編を通して素晴らしい構成ですよね。
名作だと思います。

>源五郎親分は町方の手先なので、火盗改が踏込んだ
>処に割って入るのは、相手の虫の居所によっては危険だった
>にも拘わらず、それでも割って入って半兵衛を助けた
>ところにあのシーンの凄みがあるんですが(つまり、
>それ程に源五郎親分の半兵衛への思いが深い事が判る)、

なるほど、そうですよね、源ちゃんは岡っ引き。
相手は火付け盗賊改め。
独自に採決ができる力を持っているんですから。
改めて、源ちゃんの一途さを感じます。

>それをちゃんとシナリオ本筋に活かして加えているところに
>「仕事屋稼業」のドラマとしてのクオリティの高さを示して
>いる、と思っています。

おっしゃる通りだと思います!
源ちゃんが単なるお笑い担当じゃないんですよね。
そこが仕事屋のドラマの深いところですね。

>この最終回に向かうまでの4話の話の構成が素晴らしく
>(妊娠騒動の時に卦を立てて貰った内容までちゃんと回収された
>のは驚きでしたが)、

これ、ものすごいと思います。
お春に子供ができた、仕事の相手もお腹に子供がいる、半兵衛さんにやらせないでくれと頼む政吉。
そして、妻が知らない裏の顔を持つ相手に対して仕事を仕掛ける話。

これが最終回の前につながって来る。
お春が半兵衛の裏の仕事に気付く。
そしてあんたの子供なんてできてなくて良かったと言う。
これまでの2話を見ていると、たまらなく切ないラストシーンです。
もう、見事。

そして最終回、半兵衛とお春が別れていなかった。
2人の思いの深さがわかりました。
だからこそ、最後に半兵衛が去っていった時の半兵衛とお春の心の痛みが突き刺さる。
易者さんは縁が薄いね、あんまり長い気もできないねってご宣託してましたね。

>最終回の仕事シーンに引き込む為に各脚本家が全力を
>注力しただろう事がうかがえます。

もう、練りに練って作ったのかと思っていました。

>仕事後のあのシーンはワンカットで撮影された、と言う話で、
>あれ程のインパクトのあるシーンを実質アドリブで撮り切って
>しまった当時の必殺作劇陣には頭が下がります

えええええー!
何てすごい人たちなんでしょうか…。

>(当時小学校中学年だった私には本当に「ショック」で、
>余りにショックだったので暫く呆然としていた気がします)。

ああ、もう、小学生にはものすごい衝撃ですよね。
わかります、私もショック受けてました。

前期の必殺シリーズの最終回ってみんなショッキングな破滅劇なんですけどね。
その前の貢が死んだのもショックでしたけど、「仕事屋」はすごかったですね。
利助まで死んでます。
ペリー荻野さんだったかな、ショックで翌日の学校を休んだとどこかで書いていました。

スタッフのアイデア、技術、熱意。
俳優の力。
全ての才能が結集した奇跡のような作品だったのだと、改めて知ることができました。
仕事屋の記事にコメントありがとうございました。
この作品には私も本当に、思い入れがあります。
2017年02月24日(Fri) 22:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL