美容歯科 税理士 求人 こたつねこカフェ 両刃の刃 「スペシャリスト」
2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
両刃の刃 「スペシャリスト」
2015/12/13(Sun)
宅間は優秀な刑事。
彼には、犯罪者の心理がわかる。
犯罪者はその宅間の才能に引き寄せられるように、寄って来る。

それを解決して行く宅間は、優秀な刑事だ。
だが彼は常に、犯罪に引き込まれる危険がある。
彼の才能は、両刃の刃だ…。


アメリカFBIは、犯罪プロファイリングのプロを養成している。
そのプロが言う言葉。
「深淵を覗きこむ時、『彼ら』もこちらを見ている」。

宅間は、これだなと思いました。
ダークサイドとの、自分との戦い。
宅間の話し方、接し方が違う時、ありますね。

宅間の感情があまり入ってないような話し方の時、それは宅間にとって距離がある人間ということ。
「刑務所の中」の人間には、何となく宅間の口調がなめらかに感じる。
つまり、宅間には「刑務所の中」の人間は距離が近い。
…危うい。

宅間の才能も危うい類いの才能だけど、それだけじゃない。
10年入ってたって、すごく重い。
まして冤罪だし。

元警察官の犯罪者に対する風当たりも、かなりあったでしょう。
そうして10年。
一筋縄でいかない人間になって、当たり前。

それにあの才能。
宅間は犯罪者に近い位置にいると感じました。
だからもう、本当は事件とは関わりたくない。
ここらへんの草なぎさんの表現にも、期待。

大杉さんと草なぎさんも、いつも良いコンビだから連続ドラマでも見たかったんですが。
警察内部に、ダークサイドがありそう。
通常なら、これでまた来年まで待たなければいけなかった。
来年に続きが見られる!

「10年入ってましたから」。
重い言葉ですが、これ、十分な決めセリフになりますよね。
来年が楽しみ。


スポンサーサイト
この記事のURL | ドラマ・2時間ドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 早速取り上げてくださってありがとうございます。 -
1話より面白くなっていると感じます。回を重ねるごとに。
それって、すごい事ですよね。
「あ、前のほうが面白かったのにな。」と、ガッカリする事も多いですもの。

宅間の能力がある種の犯罪者を呼び寄せる。
怖いです。
警察組織の上層部が宅間の存在に注目している。
宅間は何をしたの?
なぞは深まるばかり。
これなら、連ドラのネタにも困らない。映画化も夢じゃないわ。

テレビ朝日のドラマはやはり独特の空気感がありそれは大きな強みです。
素晴らしいキャラクターや共演者や製作者と出会えた事、
そしてそれらが長く続きそうな予感がして、うれしい。

ドラマの最後に一瞬「翼彦一」が見えました。
ケーキ屋さんの帰り、うつむいて腰掛けているところ。
こんどこそ普通に生きたい。堅気の道を歩くんだ。
そう心に決めたのに、やっぱりこっちに連れ戻されるのか、、
そんな呟きが「翼彦一」にも共通するように感じました。
視聴者の想像を刺激するドラマの余韻も心地よい。

クサナギツヨシは若い頃、「個性がないのが僕の個性」と言っていました。
華やかな人気者が常に近くにいたせいで、悩んだ事もあったかもしれません。
でも若い頃から準備運動をしっかりしたから、これからもまだまだ走っていけそうです。
連ドラが本当に楽しみです。
ちゃーすけさんも期待してくださいね。






2015/12/13 13:31  | URL | パイナップル #-[ 編集] ▲ top
- パイナップルさん -
>パイナップルさん

こんばんは。

>1話より面白くなっていると感じます。回を重ねるごとに。

第1回がなつかしいですが、大切に育てたドラマという感じがします。

>それって、すごい事ですよね。
>「あ、前のほうが面白かったのにな。」と、ガッカリする事も多いですもの。

クオリティ落ちないですね。
すごいです。

>宅間の能力がある種の犯罪者を呼び寄せる。
>怖いです。
>警察組織の上層部が宅間の存在に注目している。

宅間は何の「タブー」に触れたんでしょう?
放置できないと思ったからなんでしょうが、宅間の何を恐れたんでしょうね?

>宅間は何をしたの?
>なぞは深まるばかり。
>これなら、連ドラのネタにも困らない。映画化も夢じゃないわ。

さまざまなタイプの犯人と犯罪と対決しそうですし、闇も深そう。
かなりいろんなエピソードができそう。

>テレビ朝日のドラマはやはり独特の空気感がありそれは大きな強みです。

テレビ朝日の警察ドラマって「ゴンゾウ」や「臨場」など、派手ではなくてもストーリーがシッカリしていて、おもしろい。
俳優を生かすドラマができると思います。

>素晴らしいキャラクターや共演者や製作者と出会えた事、
>そしてそれらが長く続きそうな予感がして、うれしい。

これは草なぎさんの地道な努力が実を結んで来てるんだと思いました。

>ドラマの最後に一瞬「翼彦一」が見えました。

私にも、なぜ、自分には平凡な毎日が許されないのか…と声にならない声が聞こえました。
こういう演技ができる俳優さんは、大好きです!

>視聴者の想像を刺激するドラマの余韻も心地よい。

次への期待が盛り上がります。

>クサナギツヨシは若い頃、「個性がないのが僕の個性」と言っていました。

じっと、自分を磨いていたんでしょうね。

>華やかな人気者が常に近くにいたせいで、悩んだ事もあったかもしれません。

時代を代表するスターがいて、かなり考えたことでしょう。
だからこそ、大半の、スターではない視聴者にも受け入れられる演技ができるんだと思います!

>でも若い頃から準備運動をしっかりしたから、これからもまだまだ走っていけそうです。

私の勝手な印象ですが、ウサギとカメの、カメのようなマイペースと粘り強さで歩いて行ける人なのではないかと。
ウサギが驕り高ぶってサボるという意味ではなく、若い時にスターが近くにいたことで「人は人、自分は自分で努力して行く」という精神ができたのではないかと。
今の草なぎさんを見ると、そう思わずにいられないんです。
強いですよ。

>連ドラが本当に楽しみです。
>ちゃーすけさんも期待してくださいね。

期待してます。
楽しみですね~。
コメントありがとうございました!
2015/12/13 21:38  | URL | ちゃーすけ #a2H6GHBU[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3188-cc59501f

| メイン |