ゴルバチョフ政権前夜 「レッドオクトーバーを追え!」

なつかしの映画を見ている最近。
「レッドオクトーバーを追え!」も見直しました。
潜水艦の映画といえば、「Uボート」が印象深い。

「Uボート」のラストにあるのは、絶望と破滅。
潜水艦の息苦しさと閉塞感が、見事に表現されていました。
限られた空間と、緊迫する状況が揃っている潜水艦は映画の良い材料になるなあと思いました。

「レッドオクトーバーを追え!」はアメリカを筆頭とする西側陣営と、ソ連を筆頭とする東側陣営の冷戦時代の話。
「ゴルバチョフ政権前夜」。
そうか、もうすぐ冷戦は終わるんだという。
だけど、夜明け前が一番暗いんだという、そんな時代。

ソ連が、音をまったく捕捉できない潜水艦を実戦配備。
それはアメリカに音もなく忍び寄り、攻撃ができると言うことであった。
その潜水艦・レッドオクトーバーの艦長ラミレスは、アメリカへの亡命を決意していた。

アメリカ側の誰かが、自分たちを見つけてくれるという期待を込めて、ラミレスは乗務員たちが国家を歌うことを止めない。
この歌声をキャッチしたのは、アメリカの潜水艦「ダラス」の乗務員だった。
「歌声が聞こえたような…」。
この、最新鋭の潜水艦の気配を感じ取ったのが、乗務員の「耳」という、人間の生の器官。

ほとんど家に帰ることがなかったラミレスの妻は、「未亡人同然だった」。
その妻の一周忌に、ラミレスは亡命する。
ラミレス以下、最新型の国家機密の潜水艦での将校たちの亡命を知ったソ連側は全力を挙げて追ってくる。
一方のアメリカも、アメリカに近づくレッドオクトーバーが攻撃を仕掛けてくると考えていた。

だがCIAのジャック・ライアンは、これは攻撃ではなく亡命だと主張。
一度、ライアンはラミレスに会っている。
ラミレスの人格から陰湿に攻撃をしてくる人物ではないと主張する。
政府、軍が懐疑的な中、ライアンはラミレスの亡命を信じて奔走。

このライアンが飛行機が苦手だというのに、次々、空を移動することになる。
荒れ狂う中、アメリカの潜水艦ダラスへ移動したりする。
パイロットが荒れた日本海を飛んだ時のゲロがどうこうと話した挙句、「食べます?」なんてお菓子出して来る無神経さがおかしい。
感覚がマヒしてます。

ライアンはダラスに到着して、ついにラミレスにソナーでコンタクト取る。
「亡命などの意思がある場合、一度だけ合図してくれ」。
「アメリカ側の指揮官がダメだった場合、自分たちを攻撃してくるだろう」。
最悪の予測もしていたラミレスは思わず、天を仰ぐ。

ライアンはライアンで周りが呆れる中、ラミレスにコンタクトを取り、返事が一度だけ返ってくる。
亡命だ!
深海で会おうという約束を交わし、ラミレスは乗員を潜水艦から降ろす。

ラミレスは考えた。
自分以下、将校は潜水艦もろとも死んだことにしたい。
ラミレスは乗務員を降ろし、自分たちは潜水艦に残ってアメリカの潜水艦と戦い死んだことにする。

乗務員を下ろすのに一番良い口実は、原子力潜水艦の事故だ。
事故が起きたから避難しろ。
だが潜水艦はアメリカの手に渡してはならない、自分たちは残ると、ラミレスたちは言う。
感動した政府の官僚はラミレスに「レーニン勲章ものです」と言う。

アメリカ側も、この計画に協力する。
ライアンの上官により、魚雷が自爆する。
乗組員に「魚雷は自爆ではない。そして私もここにいなかった。いいな」と言う。
スリリングな駆け引き。

「艦長が戦っている!」
魚雷の爆発、ダラスの浮上。
脱出した乗務員は、ラミレスがアメリカの潜水艦と戦っていると思い、思わず手を振り上げる。

ダラスからレッドオクトーバーに乗り移るライアンを見て、レッドオクトーバーの将校が「アメリカ人だ…」と言う。
お互い、ベールの向こうの異邦人。
だがレッドオクトーバーをラミレスたちごと、葬ろうとする者が潜水艦内にいた。

ライアンは謎の人物と戦う。
ソ連の魚雷を交わす、ラミレスの技量。
そして「潜水艦のチキンレース」と言って、ソ連の潜水艦と一騎打ちするダラスの艦長。
全員が全員、見せ場がある。

アメリカのモンタナへの移住を夢見て、撃たれてしまう将校は哀しい。
それでも、「アメリカへようこそ」で終わる。
爽快。

散々な空の移動をしたライアンが飛行機の中、任務を終え、子供との約束の熊のぬいぐるみを隣に眠っている。
粋なラストで、映画は終わる。
ラミレスを演じたショーン・コネリーは、さすがの貫禄。

この後、ソ連にはゴルバチョフが登場。
ソ連→ロシアもかなり、つらい時期、混迷はある。
でも戦争を望まなかったラミレスたちはきっと、この状況に希望を持っていたと思います。
潜水艦映画の傑作です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード