BSジャパンが1月2日、23時から放送した「猫とコワモテ」。
田中要次さん主演。
「おっさんがひたすら、猫を愛でる番組」とか。

電車の中で、「アメショーがかわいい」と話していた女子高生。
すると一人が「ヤバくない?」と言い出す。
怖い顔した男が、顔をこっちに向けている。
「声、おっきかったかな」。

2人は顔を見合わせ「ごめんなさい!」と言う。
男『私も…、好きなんです、アメショー』。
怯えた女子高校生は電車を降りてしまった。

隣の女性も、男と距離を取って座る。
男の名は、犬飼健三。
誰もが一瞬、ギョッとするような怖い顔だが、中身はただの猫大好きな男性である。


Cat1、谷中。
犬飼は猫を求めて、谷中へ行く。
野良猫がいそうな路地をさまよい、猫を見かけるとその姿を求めて這いつくばる。

「おまわりさん、不審者がいるんです」。
不審者と思った住民が、通報。
犬飼は、職務質問をされてしまった。

「猫を探しているんです」。
「あなたの猫?」
「野良猫です」。
「猫に何をしようと言うの?猫にいたずらしようとしているんじゃないだろうね?」

『また、職務質問されてしまった…』。
どうやら、警察に不審者扱いされたのは今度が初めてではないらしい。
それでも犬飼は、猫を求めて谷中をさまよう。

ついに猫をひざに乗せて谷中を回ってくれる人力車に遭遇。
猫のミーちゃんをひざに乗せ、谷中を回る犬飼はうっとりしている。
至福の感触。
ああ、猫を飼いたい。


Cat2、新宿の看板猫のいるカフェ。
水出しコーヒーを淹れるカフェ。
看板猫がいるとガイドブックに書かれているカフェに、犬飼は向かう。

これからの猫との接触を思い、タクシーの中で思わず笑いが漏れる。
その様子を、運転手は怯えながら見ている…。
カフェにつくと、看板猫がお迎え。
席に案内してくれるニャン(はあと)。

ここの看板猫は、五右衛門。
しかし店主さんが言うには、五右衛門は20歳を目前にした19歳で亡くなった。
ショックを受ける犬飼。
今いるのは、次郎長とその子分の石松だった。

店主さんがお客さんに、五右衛門の最期を語る。
いつも一番最後に店を掃除していて、五右衛門に話しかけていたこと。
五右衛門がいなくなって、独り言になった時、心底寂しく、喪失感があったこと。

なくなる前の五右衛門は、何も言わず、店主さんをじっと見詰めるばかりだったこと。
「死んじゃったのかな…」と思って話しかけると、「まだ生きてる」と言うように尻尾が上がった。
その高さがだんだん低くなって、そして…。

しんみり話を聞いていたお客さんの耳に、大きな嗚咽が聞こえてきた。
少し離れた席の犬飼が、たまらずに泣き出した。
ぽかんとした店主さんだったが、猫に接する犬飼の様子を見て猫好きであることがすぐにわかった。

店主さんは、次郎長と石松と犬飼の写真を撮ってくれた。
犬飼は思う。
『次郎長、石松が、五右衛門の後を継いでくれてよかった!』
「また来てくださいね!」と店主さんに見送られ、犬飼は店を後にする。


Cat3、池袋のペットショップ。
仕事に向かう犬飼の目に、ペットショップが入ってきた。
そのガラスの中には、子猫が…。

何と言う、何と言うかわいさ。
今の自分が一番遭遇してはいけないもの。
最強の破壊力を持つ怪物。
こんなかわいいものが、この世にいるものか。

仕事に行かねば。
しかし、足は動かない。
ペットショップの店員さんが、声をかけてきた。
抱っこしてみます?と言われ、「ええっ!」と声を上げてしまう。

消毒して、マンチカンの子猫を胸に抱く犬飼。
かわいい。
ああ、どうしよう…。
犬飼がうっとりしていると、別の男性が「抱かせてください!」と言って来る。

そして、「うわあ、かわいい!この子にします!」
「ありがとうございます!」
犬飼が両思いと思った子猫は、奪われてしまった…。
傷心の犬飼であった。


Cat4、「猫教室」。
しかし犬飼は、ペットショップで猫のトリミング教室の張り紙を見た。
千葉まで行ってしまう。

かわいらしい女性ばかりの中、犬飼の姿は異様だった。
周りの女性も引く。
1人の女性は隣の女性に「いるんだよね…、女子目当てのおっさんが」とまで言う。

百匹いる猫の中から、相性の良い猫を選び、爪の手入れ、カットを習う。
つい、猫じゃらしを持ってしまった犬飼は、私物はご遠慮くださいと注意されてしまう。
先ほどの女性が、犬飼をにらんでいる。

だが犬飼は、猫の手入れを一生懸命にやる。
その様子に講師も、「本当に猫が好きなんですね」と言って、仕事後でも受講できるコースを勧める。
先ほどの女性も帰り際、犬飼に「ごめんなさい。本当に猫が好きなんですね」と謝ってきた。
一緒に受講するのを楽しみにしていますと言われ、戸惑う犬飼。

犬飼は家に帰る。
すると、大きな犬が出迎える。
「綱吉は本当にパパが好きね」。

妻も娘も、犬の柄の服を着ている。
インテリアには、犬がいっぱいだった。
自分は犬だって好きだ。

妻も娘も好きな犬は、自分もかわいいと思う。
でも、でも…。
俺は猫が好きだ。
猫と暮らしたいなあ…と、犬飼は誰にも言えない心の中でつぶやく。


田中さんが猫好きなのは知っていましたが、思わずほのぼの。
ドラマでは田中さんに起こる受難に思わず、吹き出して見ていました。
子供には泣かれる、女子高生には逃げられる、職務質問はされる。
ここまで疑われるか、ここまで怖がられるか、と。

しかし田中さんが猫と接する姿を見た人は、みんな考えを変える。
自分を反省する。
これは人付き合いが下手な田中さんが、猫を通して人と触れ合える話でもある。

エンディングテーマ曲は、「キャッツアイ」!
キャッツアイに乗って、その日の撮影風景が流れる。
田中さんが本当に楽しそう。
その田中さんを見ているのも、本当に楽しい。

猫と戯れ、かばんから猫じゃらしを出して、遊ぶ。
もう、猫も本気!
綱吉くんと戯れる田中さんも、楽しそう。
これは実際のお店や人物、動物に協力してもらったフィクションと書かれていました。

田中さんのギャップを楽しみ、猫を愛でる。
いろんな猫を見て、名物猫、看板猫を見て、猫の名所めぐりができる。
もちろん、田中さんのモノローグもすごく良い。
松重さんもですが、こういうモノローグが上手な俳優さんは本当にうまい俳優さんだなと思います。

田中さんとか松重さんが、活躍してきてうれしいなあ。
来週も楽しみ!
BSジャパンさん、良い企画と良いキャスティング、ありがとう!



スポンサーサイト
2016.01.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3208-13a8e565