以前、「ターミネーター」のDVDの特典映像について書きました。
特典映像のもうひとつは、製作話。
「ターミネーター」は、キャメロンがパリで高熱を出し、一人でホテルで寝ている時に思いついたそうです。

異国で一人ぼっちの、孤独と疎外感。
それが未来から来て、現代に来てたった1人で戦う1人の戦士と、ターミネーターに繋がった。
ターミネーターに寂しいと言う感情はないが、1人には違いない。
なるほど。

最初、ターミネーターは全然、目立たない男にする予定だった。
人ごみから不意に現れ、人を殺す。
不意打ちの恐怖。

そして当初、シュワルツェネッガーは、カイル役だった。
これだとだいぶ、映画が違ってくる。
だが特殊メイクのスタンも、監督のキャメロンもシュワルツェネッガーと別れてから思った。
彼が絶対にターミネーターだ!

ターミネーターの機械の顔が半分。
半分がシュワルツェネッガーの顔になっているアイデア画が、シュワルツェネッガーの事務所に送られてきた。
目立たない男にしようと思っていた、ターミネーター。
しかしシュワルツェネッガーは、目立つ。

だから今度は徹底して、シュワルツェネッガーを非人間的に見えるようにした。
彼から表情を一切、消した。
強い意志だけを感じさせれば良い。
ターミネーターは獲物を食べるわけではないが、肉食動物のように付け狙う。

シュワルツェネッガーも考えた。
ロボットだったら、どんな動きをするか。
腕を伸ばし、銃を抜き、撃鉄を起こして撃つ。

その時に、肩も頭も動かない。
振り向く時は、体全体をまわす。
しかし動き自体は、スムーズだ。
製作者のセンスとシュワルツェネッガーの演技と特長が、最初に発揮されたのはサラを最初に襲撃する名シーン。


クラブでサラが、警察の来るのを待つ。
すでに同姓同名の女性が2人、殺害されている。
電話帳の順番に2人は殺されている。
それによると、次は自分の番になる。

一人で食事をしていたサラはニュースでそれを知り、店を出た。
動揺するサラを、一人の男がつけてくる。
それでサラは、近くにあったクラブに入って、公衆電話で警察を呼んだのだ。

一方、ターミネーターはサラの自宅を襲撃し、ルームメイトとその恋人を殺していた。
そこにサラから、助けを求める電話が入る。
自分がたった今、殺したのはサラではなかった。

ターミネーターは部屋の引き出しを開け、身分証明書でサラの顔を確認した。
サラからの電話により、サラがクラブにいることを知ってターミネーターがそのクラブにやってくる。
鳴り響く音楽。
踊る人々の中、ターミネーターがサラを探して歩く。

向こうを覗き込んだサラが、テーブルの上のビンを落とす。
ビンを拾おうと、サラがかがむ。
ターミネーターが通り過ぎる。

最初の探索でサラは、見つけられない。
サラの運は強い。
どこか、別世界のように音楽が響いてくる。
スローモーション。

頭を上げたサラは、正面に男がいるのを見る。
カイルだ。
サラを守りに来た男だ。
だがサラはそれを知るはずがない。

サラは思う。
あそこにいるのは、先ほどから自分をつけてきた男だ。
思わず、サラは目をそらす。

その時、ターミネーターがサラを発見した。
鳴り響く音楽。
踊る人々の間をターミネーターは無遠慮に割り込み、やってくる。
サラに近づくターミネーター。

あとでカイルがサラに言う。
旧式のターミネーターは、顔がゴム製なので見分けがつきやすかった。
今度のターミネーターは、汗から息まで人間みたいだ。

だから、誰がターミネーターなのかわからなかった。
襲って来る時に見分けるしかなかった。
サラに近づくターミネーターを見たカイルは、コートを翻して振り向いた。

コートの下には、銃身を短くしたショットガンを隠していた。
ショットガンを身構えるカイル。
サラを見つけたターミネーターが、銃を抜く。

赤いレーザーが、サラの額に当たる。
標的は定まった。
踊る人々を突き飛ばすカイル。

スローモーション。
まるで時間が止まったような、スローモーション。
このシーンの緊張感はすごい。
そして、銃声が響く。

カイルが撃ったのだ。
ターミネーターは、もんどりうって吹き飛ぶ。
サラが驚いて、椅子から転げ落ちる。
悲鳴が上がり、人々が逃げていく。

仰向けに倒れたターミネーターの、指が動く。
死んでいない。
目をカッと見開き、ターミネーターが起き上がる。
サラも店から逃げる。

邪魔者のカイルに銃を乱射したターミネーターは、逃げていくサラを見る。
銃で撃つ。
サラの背後にいた女性がターミネーターの銃撃を受け、倒れる。

女性が倒れる時、サラに覆いかぶさり、サラが転ぶ。
ターミネーターが近づいてくる。
逃げようとするサラだが、覆いかぶさった女性を払いのけることができない。

もがくサラ。
近づくターミネーター。
その時、再びカイルがターミネーターを撃つ。

衝撃で吹き飛び、ガラスを突き破り、道路に倒れこむターミネーター。
サラの手を取るカイル。
だがターミネーターは起き上がってきた。
その光景を見たサラの目が、信じられないと驚愕に見開く…。


このシーンの緊張感とスリル。
観客は一気に話に、引き込まれる。
ターミネーターの異様さを感じる。

悔しそうな顔もしない。
痛みも感じていない。
知性的な襲撃ではないが、圧倒的な力によってめちゃくちゃなやり方が通ってしまう。

何度見ても、見飽きない名シーンですが、これはシュワルツェネッガーだからできたことだと思う。
最初の構想のキャスティングだと、確かにホラーにはなる。
だけどラストシーンが、あそこまで感動を呼ぶ話になっただろうか。
やはりこの成功はストーリーのおもしろさと、キャスティングの見事さだと思います。


スポンサーサイト
2017.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3228-d2c284b9