どっちへ? 「スペシャリスト」

「スペシャリスト」、SPから楽しみにしてきましたが、ついに連続ドラマ。
そしてクライマックス。
事態は怖れていた方向へ…。

使い方によって、神にも悪魔にもなる宅間の特殊能力。
それは犯罪者にとって脅威だが、同時に犯罪者を呼び寄せてしまう。
知能的で、犯罪を犯し、逃げ切ることに喜びを感じるような犯罪者だ。

佐神が登場。
今回の殺人トーナメント、そして「我々」の存在。
果たして、黒幕は佐神なのだろうか。

SPでは宅間が佐神に会いに刑務所に行き、ヒントを得ることもあった。
佐神は宅間に対しての個人的な敵意や、憎悪はないと思う。
彼はただ、犯罪のシナリオを書いて実現して喜びを感じているだけ。

姉小路は怖れている。
宅間が、犯罪者の側に行ってしまうことを。
それをギリギリの線であろうと、自分は引き止める決意を固めている。
だが、「闇」は宅間の元・妻に手を伸ばしてきた。

宅間がこれまでの事件の関係者、すべての資料を張り出している。
この中に、彼を裏切っている者がいるのだろうか。
仲間が?
つらい事実が待っているかもしれない。

そこに止めを刺すような、元・妻への襲撃。
宅間が帰るべき場所をなくしてしまえば、もう彼は平穏な日々に戻れない…。
彼を闇に突き落とす下地は、着々とできている。

一体誰が?
何のために?
なぜ、そこまでして宅間を潰しておかなければならないのか。
宅間の何を、誰が、怖れているのか。


謎だらけで、とてもあと2話で「我々」に近づき、解決するとは思えないんですが。
それはそれで次があると思って楽しみではあります。
しかし宅間には苛烈な運命が次々と降りかかる。

以前にも見た光景だけど、そこには、京都から一緒にやってきたメンバーの資料まであった。
姉小路の資料まで、あった。
軽いショック。

宅間は、誰も信じていないのか。
信じられなくなっているのか。
いや、裏切られる覚悟をしているのだ。
彼が経験してきたことは、それだけの覚悟をさせることだった。

でもこの中に裏切り者がいるとは、考えたくない。
「誰か」は、追い詰めていけば嫌でも宅間は自分たちの側に来ると思っているのか。
それとも、そうまでしても宅間は潰しておかなければいけないと思っているのか。

「任侠ヘルパー」の彦一は、もともと、人間らしい男だった。
それがどうしようもない父親、逃げていった(と思っていた)母親。
人間らしい真っ当な道から外れなければ彦一は自分を、自分の心を守れなかった。
しかし元は人一倍優しい男だったため、困っている人間を放置できずに「道を戻っていった」男だった。

今度の宅間は、どうなんだろう。
元々は普通の生活をしている男だった。
それがいわれもない冤罪で服役させられ、何もかも失った。

しかしそれと引き換えに、特殊能力に目覚めた。
神と悪魔、背中合わせの危険な特殊能力。
本来、彼は光の側にいる男だったのか。
もしかしたら、闇の側に行くべき男だったのか。

草なぎさんの演技はまだ、どちらとも答えを出していない。
ちらり、ちらりと見せる宅間の怖さ。
人間らしさ。
演技的にもおもしろく、見ています。

製作には、力が入っていますね~。
この局の刑事ドラマは見応えあるものが多いんですが、これも間違いなくその一つ。
謎解きといい、最後に来るカタルシスといい、ちょっともやっとするところも含めて、続いていってほしい作品です。
宅間は、どっちへ行く?


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

取り上げてくださってありがとうございます。

だんだん闇に近づいてきましたね。
「我々」の存在はそんなに簡単に暴かれないでしょう。
簡単に解決したら、シリーズ化・映画化にならないから、
もうちょっとじっくり掘り下げてもらわないと。

2005年のドラマ・「恋におちたら」では、
小さなねじ工場で生まれた善良な男が、
IT業界で成り上がり、転落していく様を描いていました。
善良な男が残酷になっていく様子は凄まじく、
クサナギツヨシの役者としての力が漲っていました。
「スペシャリスト」でも、いいひとなのか、悪い人なのか、、
分からないような男の姿を見せてもらいたいです。

宅間の何が「我々」を刺激したんでしょうね。
ご両親?父親?
ん、父親??火野正平さんの登場か?
楽しみですね。

パイナップルさん

>パイナップルさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

>だんだん闇に近づいてきましたね。
>「我々」の存在はそんなに簡単に暴かれないでしょう。

相手が大きすぎて、今わかっているものはまだ一部分。
もっともっと深い感じがします。
彼らの持っている力以外、彼らに理念のようなものがあるとしたらそれにも対抗する必要がありそう。

>2005年のドラマ・「恋におちたら」では、
>小さなねじ工場で生まれた善良な男が、
>IT業界で成り上がり、転落していく様を描いていました。

草なぎさんのドラマは、全話を通じてみた時、主人公が変化していく様子を表現するのがうまいですね。
善から悪も、悪から善も。
冷酷から温かい人間にも、平凡な男が変わっていくのも。

>善良な男が残酷になっていく様子は凄まじく、
>クサナギツヨシの役者としての力が漲っていました。

宅間はもう十分、変化はしていますがこれから先の変化がまたどうなるか。
今回は感情をほとばしらせていましたが、この先の宅間の選択肢から目が離せません。

>「スペシャリスト」でも、いいひとなのか、悪い人なのか、、
>分からないような男の姿を見せてもらいたいです。

今見ていて、あれ?この人は本来は善人だと思ってたけれど…?と思わせるところがうまいですね。
佐神との対決を見ると、犯罪者が宅間に寄ってくるという理由がわかります。

>宅間の何が「我々」を刺激したんでしょうね。

あれほど、社会的に抹殺しておかなければと思わせる何があるのでしょう?
宅間がまだ、気づいていない何があるのか。

今も宅間を潰す計画が進んでいます。
これをかいくぐって、「我々」が宅間をはっきりと「敵」と自覚して今回は終わり…なんでしょうか。
ついに黒幕らしき俳優さんも出てきて、楽しみです。

テレビ朝日の切り札、登場。

びっくりするような大物の登場に高揚感が止まらない。

舞台での共演なんて、、想像しただけでドキドキする。
松平さんの舞台はたぶん、2部構成で
後半は歌謡ショーがあるのかしら?
楽しそう。ツヨシ、活躍できそう。

大河ドラマも期待してるし、男っぽい企業ドラマも良さそう。
魅力的な役者さんが揃うと、作品や組み合わせの妄想だけで、
一日過ごせるかも。

「スペシャリスト」は、予測不能な展開になりました。
上川隆也さんとの場面が本当に見ごたえがありすぎて、
心拍数が上がりっぱなしです。
大きなスクリーンで見たいダイナミックな作品ですよね。



パイナップルさん

>パイナップルさん

こんばんは!

>びっくりするような大物の登場に高揚感が止まらない。

まさか、ここで松平健さんとは!
気合い入ってますね。
テレビ朝日が松平さん出して来るって、かなりなことでは。
暴れん坊将軍ですからね。

>舞台での共演なんて、、想像しただけでドキドキする。

やって欲しいですよね!
松平さんは、やりたいんじゃないかな?
そんな気がします。

>松平さんの舞台はたぶん、2部構成で
後半は歌謡ショーがあるのかしら?
>楽しそう。ツヨシ、活躍できそう。

楽しそうですね~。
お客さんの層も広がりますよ、きっと。
マツケンサンバの共演なんか見たいです。

>大河ドラマも期待してるし、男っぽい企業ドラマも良さそう。

最近「クライマーズハイ」を見たんですが、未曾有の大事故を前に譲れない主張がぶつかりあい、信念を貫き通す男たちのドラマでした。
あんなドラマに出演できると良いですね。

>魅力的な役者さんが揃うと、作品や組み合わせの妄想だけで、
一日過ごせるかも。

私も、自分の中で、いろんなドラマのキャスト考えたりして楽しんでます。

>「スペシャリスト」は、予測不能な展開になりました。

最初の時点では、こんなことになるとは思いませんでした。

>上川隆也さんとの場面が本当に見ごたえがありすぎて、
心拍数が上がりっぱなしです。

この対決だけで、いくつも話ができますよね。
演技の火花が散っているようで、見応えあります。

>大きなスクリーンで見たいダイナミックな作品ですよね。

スケールを大きくして見せてほしいです。
ベテラン俳優さんとの共演も楽しみ。
スクリーンを駆け回る宅間たちが見たい。
東京全部を巻き込む事件とかで。

最終回、どうなるんでしょう?
待ち遠しいような、寂しいような。
1月から楽しかった。

コメントありがとうございました。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード