「猫侍」外伝、「玉之丞、江戸へ行く」。

見ました!
相変わらず、猫のあなごさん、かわいい。
スタッフは、猫をかわいらしく撮ってくれてます。
聞けば、撮影はすべて猫のペースらしい。


このお話は、久太郎に出会うまで、玉之丞がどういう猫生を歩んできたかを描いています。
まず初め、百姓一揆に出かけた男が死に掛けて小屋に転がり込むところから、話は始まりました。
身重の妻が心配する中、「役所に石投げるだけだから」と言って出た男。
しかし男は瀕死の重傷を負って、逃げてきた。

小屋の中、物音に気づいて飛び上がるが、そこにいたのは一匹の白い小さい猫。
死に掛けた男には、その小さなぬくもりと生命力がいとおしく感じたのか。
妻が持たせてくれた弁当を、猫に与える。

村一番の名前をつけてやると約束した男だが、おそらく、家には帰れないだろう。
おつる、妻のおつるに届けてくれたらいいんだけどなと言いながら、男は猫の首に紙を託す。
紙には「命名 玉之丞」と書いてあった。

まだ雪が残る山道を、寺子屋の先生が歩いていく。
猫の声に気づき、辺りを見回すと、小さな白い猫がいた。
だが猫の体には、赤い血がついている。

けがをしているのだろうか?
思わず抱き上げるが、猫にけがはない。
さらに辺りを見回すと、小屋がある。
先生は小屋に入っていく。

小屋の中、粗末な槍を持った男が息絶えていた。
「百姓一揆か」。
先生は男に手を合わせる。

猫の首輪に目を留めると、紙を開く。
「命名 玉之丞?」
えらく立派な名前だ。
先生は猫を自分の寺子屋に連れて帰ることにする…。


さて、ここから始まる玉之丞の、久太郎と運命の出会いをするまでの前日談。
「吾輩は猫である。名前はまだない!」
家にも突然、私を見て駆け寄ってきた猫がいましたが、この猫がそれまでどんな猫生を歩んできたのか、知るすべはない。

知りたいと思う。
しかし、知ることはできない。
何億もいる人間と動物とが出会う確率。

そしてお互い、かけがいのない存在になる。
運、いや、縁。
縁って不思議。

久太郎も、そんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。
加賀屋さんはある程度、知っているけど。
この話には、加賀谷さん、番頭の佐吉、「水責めのマサ」の同心が出演してくれてます。

ユキリョウイチさんが、本当に良い感じ。
しびれましたよ。
何と、「猫見屋」も登場。

全部見終わると、シーズン1が見たくなる。
この話、忙しさが一段落ついたら、ぜひとも書いてみたいです。
スピンオフ作るなら、ぜひ「猫同心」をお願いしたいところ!


スポンサーサイト
2016.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3240-5da4051a