「スペシャリスト」が最終回を迎えました。

滝道「犯罪者じゃないのが、もったいないんだよ」。
宅間「俺は…、刑事です」。
「我々」への参加拒否。

永遠に宅間とは相容れないとわかった滝道の表情が、良かった。
鶴田真由さんの犯人は、殺したと思った真里亜の父親が生きていると知ったら、どうなんでしょうね。
彼女とか矢田亜希子さんとか、井上和香さんはまた登場してほしい悪女。

ラスト3話。
宅間は、失った時間を取り戻そうと戦った。
「殺してやりたい…」。
この言葉を言って、銃を向けた時の宅間。

全身から憎悪が立ち上っている。
憎悪、怒り、哀しみ。
どす黒いもので宅間が覆われていた。
善と悪の間を行き来する宅間の危うさが出る。

宅間だからもちろん、「我々」が警視庁にいるのは、わかっていた。
しかしまさか、一番最初から接して来た人間が「我々」だったとは驚きだったと思う。
滝道が関係者なのは、視聴者にはわかっていたけど。

野方は、「おぉ~!」でした。
いや、京都から一緒に来た仲間に「我々」がいなくて良かった。
宅間が人へ絶望するところだった。
良かった。

野方はずっと、宅間に嫉妬してたんでしょうね。
宅間は彼が欲しかったものを持っている。
しかし「我々」は、彼らで終わりなんでしょうか?

佐神もいますしね。
「私は貴方のネガ」。
「私とあなたは、決して交わらない」。

佐神は宅間に、「こちら」に来てほしいとは思っていない。
ただ、自分と戦える力を持つ相手がいるのが楽しい、うれしい。
厄介といえば厄介な相手です。

連続ドラマは、「我々」との決戦だけじゃなかった。
宅間が悪に転ばず、刑事の自覚と使命に目覚める過程を描いた。
過去を克服し、新たにスタートするドラマだった。
こうなるから、だから「我々」は、宅間は消さなければならなかったんだとわかる。

「覚醒」した宅間が、犯罪者と戦う。
宅間にチャレンジする知的犯罪者たちとの戦いは、シーズン2で見せてほしい。
悪に引き込まれそうになるかもしれない宅間に対して、ハラハラもしました。
草なぎさんは宅間を、繊細に演じてましたね。

姉小路の2年10ヶ月一緒という言葉は、SPを思い出して、ジーンとする。
宅間にとって姉小路は、相棒。
そして、「現世」に留める重要なストッパー。

良いドラマだったと思います。
宅間は良く、お菓子食べてました。
お菓子用意して、シーズン2待ちます。


スポンサーサイト
2016.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3245-3f824819