こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP新・必殺仕置人 ≫ 永遠のラスト

永遠のラスト

「新・仕置人」で一つの到達点に達した必殺シリーズ。
この後、しばらくの作品は仕置人の辿った道をなぞるだけではいけないと、試行錯誤しているように思えます。
「新・仕置人」の最終回は、それほどすごかった。

主水は上司・諸岡と対決。
この時、諸岡さまは主水を本当になめきっているんですね。
まず、主水が諸岡さまがどこにいるのか、わかって来ていることにピンと来ない。

頭を下げる主水をぞんざいに扱い、外に出てやっと、あれ?と気づく。
最初に主水が来た時の、諸岡さまの対応が違っていたら。
その後の主水を巡る展開は、もっと苦しいものになったのではないか。

辰蔵から諸岡さまは、聞いていたはずなんですよね。
鉄の一味に正体不明の3人目の殺し屋がいて、凄腕だということ。
あれは、ただの殺しではない。
一刀流の免許皆伝、剣豪のなせる技だということを。

その男が目の前にいる。
諸岡さまの最初の一撃は、はじかれている。
なのに諸岡さまは、そこに来てもまだ、主水がそんな腕の殺し屋だとはわかっていないように見えます。

徹底していたんでしょうね。
主水の昼行灯は。
第1話で「徹頭徹尾、手抜きで行きます!」宣言していましたが、本当にそうだったんだ。

あの、昼行灯宣言をして、主水は上司を斬った。
ここからまた、主水の仕置人人生が始まった。
そして最終回に、主水は再び上司を斬る。

剣之介は最後、滅多斬りとなったが、武士として剣を振るって死んだ。
「仕業人」の最後、主水は「仕業人」とは言わない。
武士である相手に対して、「中村主水だ」と名乗る。

これは、金をもらって恨みを晴らす「仕事」ではない。
私闘である。
個人的な果し合いである。

落とし前をつけに来たのだと。
あの名乗りは、そんな気持ちを表していたのかもしれない。
剣之介に自分を投影した主水は、殺しの世界から足を洗う。

「新・仕置人」の主水は、外道殺し屋の会を結成しようとする辰蔵のアジトに行く。
そして斬りまくる。
この間、主水は名乗らない。

人は最後に、大切な人のために動く。
最後に人は、お金や名誉のためには動かない。
人は人のために動く。

阪神や東日本の震災の時も思いました。
最後に、人は人のために動く。
正体はバレていない。
誰も主水のことは知らない。

なのに、主水は行く。
主水はただ、鉄のため、巳代松のために殴りこむ。
あれは主水の、仲間に対して辰蔵たちがしたことへの殴り込み。

そして今度こそ、すべてをなくす。
もう、自分を生かす場所もない。
自分の本当の姿をさらけ出せる仲間も、いない。

わかっていて主水は、せこい相手にせこい袖の下をせこくせしめて、もう誰も仲間のいない町を行く。
せしめた袖の下がいっぱいになったのを、主水はうれしそうに笑う。
この笑顔の下で主水はどれほどの無常感、虚無を抱えているのか。

それを抱えながら、退屈な日常に主水は戻っていく。
あれほど友人のために、壮絶な殺し合いをした主水が、それを微塵も感じさせない昼行灯に戻っていく。
だから、限りなく、「新・仕置人」の主水はカッコいい。
「新・仕置人」のラストは、胸に迫る。

ただ、死なせる。
斬りまくる。
それだけでは、あれほどのラストにはならない。


最終回前に死神の死、寅の会、仕置人世界の崩壊の序章を描いているだけに、最終回の世界の崩壊ぶりはすさまじい。
それに耐えて、日常に戻っていく昼行灯の主水の笑顔で、「仕置人」は幕を閉じる。
「仕置人」の鉄と主水の世界は、これで完結。
以降、鉄の話も巳代松の話も、全く出て来ないところが、大人の事情かもしれなくても、全く出て来ないところが!永遠のラストになっているのかも知れません。

スポンサーサイト

Comment

「新・必殺仕置人」最終回
編集
何回見ても、ハラハラしてしまう名シーンの連続ですよね。

私は、鉄が右腕を焼かれた際、決して拳を握らなかったところに毎回ジーンときてしまいます。

拳を握ってしまったら、そのまま固まってしまって二度と「骨外し」が出来なくなる。
この外道を仕置きするために、あと1回だけ「骨外し」をするために、指を伸ばしたまま手を焼かれた鉄。
どれだけ熱かったか、苦しかったか。

それが仕置人としての、最後の意地と誇りだったのでしょう。

主水は、全ての状況を見ていなくとも正八から「鉄っつぁん、右手を焼かれちゃったよ」と聞いた時点で、察したのでしょう。それでは鉄は生きていても仕方ない。かつて「1ヶ月殺しをやらねえと世界がぼやっとしちまう」と言っていたくらいだから。

だから辰蔵を仕置した時点で、(瀕死の状態かどうかは別にして)もう鉄は巳代松と違った意味で「生ける屍」になってしまった。つまり、一緒につるむ相手ではなくなってしまったんでしょう。

その覚悟を見て取った主水はあえて鉄の後を追わずに、無言でそっと別れを告げた。

またどこかで遭うかもしれない。でも、その時は「仕置人」の鉄と主水ではない。
ならば、声をかける必要も無いし、これからどうするかを聞く必要も無い。
別々の世界で生きていけばいい。

結局、その後すぐに鉄は死んでしまったわけですが、もしかしたら主水はそのことを知らないのかもしれないですね。

「女郎屋で死体が上がったぞ!」
「へ~、酔狂なところで死ぬ奴がいるもんですなぁ」

もしかしたら鉄かもしれない。
でも、確認してどうなる。
もう俺とあいつは他人だ。
奴が死のうがどうしようが知ったこっちゃねぇ。

そんな思いとは裏腹に、もしかしたら「いつか鉄と再会できるかも」と思っているから、その後も裏の仕事を続けたのかもしれませんね。

と、考え出すとキリがありません。
いつも、素晴らしい記事をありがとうございます。
私もj:comのおかげで、「必殺シリーズ」の録画が溜まりまくっています(苦笑)。
やっぱり「時代劇は必殺!」ですね。
2016年04月14日(Thu) 13:19
主水の成長
編集
解散無用、ちゃーすけさんの解釈に深く頷かされます。

仲間のために捨て身で斬り込んだ主水。頼み料や義憤のためでなく、一蓮托生の仲間のための殺陣。佐渡で、かんのん長屋で出会ったチームへの心情。

前回、青春ドラマとコメントしましたが、青春を描くとは成長ドラマということでもあります。
鉄、錠と組んで始まり、貢、おこう、剣之介の死を経験し、市松を知り、再び鉄とのめり込んだ道。
その過程が主水を成長させ、解散無用で頂点となるピリオドを打ったと言えます。

商売人以後には詳しくないので、ピリオドは言い過ぎかもしれませんが、私にはそう思えます。
以後の主水は成長というより、一定のテンションでシンボル化して行った気がします。それも偉大なことですが。
やはり私は、仲間の悲劇に苦悩しながらもがいていた日々の主水が愛しいです。

藤田まことさんの年輪ともシンクロして、この青春ドラマ、成長ドラマをオンタイムで見られてよかったと思います。
2016年04月14日(Thu) 18:34
OZZYさん
編集
>OZZYさん

訪問、ありがとうございます。

>何回見ても、ハラハラしてしまう名シーンの連続ですよね。

これが1時間に収まっているなんて、脅威です。
どれもこれも、無駄なシーンがなくて、目が離せない。
今なら3時間スペシャルになりそうですが、実にうまく展開してまとまっているものだと見るたび、感心します。

>私は、鉄が右腕を焼かれた際、決して拳を握らなかったところに毎回ジーンときてしまいます。

>拳を握ってしまったら、そのまま固まってしまって二度と「骨外し」が出来なくなる。
>この外道を仕置きするために、あと1回だけ「骨外し」をするために、指を伸ばしたまま手を焼かれた鉄。
>どれだけ熱かったか、苦しかったか。

ああ~、あれは今でも正視できないつらいシーンです。
何度見ても、慣れません。
そうですね、握ったらそのままですもんね…。
骨外しが最期までできるように。
鉄は最期の最期まで、仕置人だった。

>それが仕置人としての、最後の意地と誇りだったのでしょう。

殺しをしないと霞が掛かると言っていた鉄なのに、外道には絶対にならない。
「あっしたちは仕置屋ですよ。仕置屋と殺し屋は違います」と「仕置屋稼業」で捨三が言いましたが、鉄はまさにそうだった。
鉄も巳代松も、仕置人としての矜持のため、死んでいったようなものです…。

>主水は、全ての状況を見ていなくとも正八から「鉄っつぁん、右手を焼かれちゃったよ」と聞いた時点で、察したのでしょう。それでは鉄は生きていても仕方ない。かつて「1ヶ月殺しをやらねえと世界がぼやっとしちまう」と言っていたくらいだから。

鉄にとって、骨外しができないのは、主水にとって剣が振るえないのと同じだと思うんです。
主水には鉄の気持ちがよくわかる。

>だから辰蔵を仕置した時点で、(瀕死の状態かどうかは別にして)もう鉄は巳代松と違った意味で「生ける屍」になってしまった。つまり、一緒につるむ相手ではなくなってしまったんでしょう。

>その覚悟を見て取った主水はあえて鉄の後を追わずに、無言でそっと別れを告げた。

主水は鉄の気持ちがわかるから、あそこで声をかけてもらうことは鉄の望みではないとわかるんだと思いました。
声なんてかけてほしくない。
かけたところで、どうにもならない。
そんなこと、鉄は望んでいない。

>またどこかで遭うかもしれない。でも、その時は「仕置人」の鉄と主水ではない。
>ならば、声をかける必要も無いし、これからどうするかを聞く必要も無い。
>別々の世界で生きていけばいい。

>結局、その後すぐに鉄は死んでしまったわけですが、もしかしたら主水はそのことを知らないのかもしれないですね。

あの傷では死ぬだろうなとわかっていても、見なければ決定打にはならないですしね。

>「女郎屋で死体が上がったぞ!」
>「へ~、酔狂なところで死ぬ奴がいるもんですなぁ」

おそらく、ですが、鉄の埋葬は正八がしたんじゃないかと思うんです。
いや、正八もしていないかもしれない。
そういう最期が、仕置人の最期だと常々鉄は言っていたから。

>もしかしたら鉄かもしれない。
>でも、確認してどうなる。
>もう俺とあいつは他人だ。
>奴が死のうがどうしようが知ったこっちゃねぇ。

>そんな思いとは裏腹に、もしかしたら「いつか鉄と再会できるかも」と思っているから、その後も裏の仕事を続けたのかもしれませんね。

もう一度、鉄に会いたかったのかもしれませんね。

>と、考え出すとキリがありません。

そうなんです。
想像は膨らみますね。
本当に優れた作品なんだと思います。

>いつも、素晴らしい記事をありがとうございます。

そんな風に言っていただけて、うれしいです。
ありがとうございます。
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます。

>私もj:comのおかげで、「必殺シリーズ」の録画が溜まりまくっています(苦笑)。
>やっぱり「時代劇は必殺!」ですね。

本当におもしろいですもんね。
時代劇は必殺!
そう言っても間違いないと思ってしまいます。
キャラクターの魅力がすばらしいし、ストーリーもキャラクターに頼らず、それでいてキャラクターを生かしている。
これってすごく難しいことなんですね。

コメントありがとうございました。
良ければまた、来てくださいね!
2016年04月17日(Sun) 19:22
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

いつもありがとうございます。

>解散無用、ちゃーすけさんの解釈に深く頷かされます。

こちらこそ、kaoru1107さんの見解、いつもずばり言いたいことを言い当てられた気持ちです。

>仲間のために捨て身で斬り込んだ主水。頼み料や義憤のためでなく、一蓮托生の仲間のための殺陣。佐渡で、かんのん長屋で出会ったチームへの心情。

まさに主水の人生を一緒に歩んできた仕置人。
その仲間へのための剣。

>前回、青春ドラマとコメントしましたが、青春を描くとは成長ドラマということでもあります。
>鉄、錠と組んで始まり、貢、おこう、剣之介の死を経験し、市松を知り、再び鉄とのめり込んだ道。
>その過程が主水を成長させ、解散無用で頂点となるピリオドを打ったと言えます。

貢で思い知った主水がおこうによって、自分の中のどうしようもない悪への怒りを自覚させられ、戻った仕置屋稼業。
市松という、自分とは真逆の存在を理解し、剣之介に自分を見て、足を洗った主水。
それを引き戻したのは、鉄。
鉄にしか戻せませんでしたね。

仕置人の終了は、主水の一番楽しい時代の終了。
これ以降、主水から「楽しい」という感覚はなくなったように思います。

>商売人以後には詳しくないので、ピリオドは言い過ぎかもしれませんが、私にはそう思えます。

「商売人」は正八がいることもあって、「仕置人」の後日談という感じがするんです。
まさに「あの後」どうしているか、ということから始まってますしね。
正八も主水も、寂しくてしょうがないのが画面からにじみ出てました。

>以後の主水は成長というより、一定のテンションでシンボル化して行った気がします。それも偉大なことですが。
>やはり私は、仲間の悲劇に苦悩しながらもがいていた日々の主水が愛しいです。

結局、主水は、やらざるを得ない。
でもそれは「仕置人」のように自分を唯一、活かせる場所と言う感じではない。
もう抜けられないからやっている、という感じに見えます。

>藤田まことさんの年輪ともシンクロして、この青春ドラマ、成長ドラマをオンタイムで見られてよかったと思います。

本当にそう思います。
だんだん、主水と対等の人間がいなくなって、主水がカバーする側になって。
山田五十鈴さんのいなくなった後の主水は、さぞかし、鉄たちが懐かしかっただろうななんて思います。

藤田さんも、本当にこの主水と一生付き合うことになりましたね。
役が固まることは俳優としてあまり望まないことなのかもしれませんが、主水は人々に本当に愛されたキャラクター。
そんな役を得る俳優は、そうそうはいない。
藤田さんの俳優人生は、良いものだったなと思います。

コメント、いつもありがとうございます。
2016年04月17日(Sun) 20:49
やはり、永遠の。
編集
こんばんは、はじめまして…キラと申します。
ブログは以前からちょくちょく読ませて頂いておりまして…。
今回『新仕置人』の記事ということから、つい?フラフラとコメントさせて頂くことになりました(笑)。
記事、そしてコメント欄でのやり取り…共感と発見を感じながら読ませて頂きました。

“腐れ根っこ”に繋がった夢は覚め、昨日までの“遊び場”は消え、そして“無頼の友”は去った…。
いつもと変わらぬ怠惰な日々に主水は戻っていく。
だが、もう“その手”を掴む男はいない…。

壮烈な崩壊劇と熱情の余韻…物語の余白(よはく)に想像を抱かせる作品の奥深さ…。
初視聴から幾年過ぎましたが(笑)僕にとっては、やはり永遠の『解散無用』だなぁ…なんて、思いを新たにしました。

それでは、また…。
2016年05月06日(Fri) 18:20
キラさん
編集
>キラさん

はじめまして。
読んでくださってありがとうございます!

>ブログは以前からちょくちょく読ませて頂いておりまして…。

そうなんですか、ありがとうございます!

>今回『新仕置人』の記事ということから、つい?フラフラとコメントさせて頂くことになりました(笑)。
>記事、そしてコメント欄でのやり取り…共感と発見を感じながら読ませて頂きました。

「新仕置人」が好きな方が満足してくださったなら、とてもうれしいです。

>“腐れ根っこ”に繋がった夢は覚め、昨日までの“遊び場”は消え、そして“無頼の友”は去った…。
>いつもと変わらぬ怠惰な日々に主水は戻っていく。
>だが、もう“その手”を掴む男はいない…。

この喪失感ってすごいですよね。

>壮烈な崩壊劇と熱情の余韻…物語の余白(よはく)に想像を抱かせる作品の奥深さ…。

去っていくおてい。
去っていく物言わぬ巳代松。
見送る正八。
そして怪しげなものを売る店を行く主水。
この画面の変わり方がまた、すごい余韻を呼びますよね。

>初視聴から幾年過ぎましたが(笑)僕にとっては、やはり永遠の『解散無用』だなぁ…なんて、思いを新たにしました。

一度見たら、焼きついてしまって忘れられません。
この年月を経てもそうなんですから、これはもう、ちょっとやそっとのことでは消えません。

>それでは、また…。

コメントありがとうございました。
よろしければまた、来てくださいね。
2016年05月07日(Sat) 00:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL