こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP俳優さん ≫ 須賀不二男さん

須賀不二男さん

何気なく日経新聞を見ていたら、コラムに、須賀不二男さんの名前を発見!
亡くなる1年ほど前に、コラムの筆者に須賀さんから送られて来た手紙の話でした。
映画は、千円ちょっとで楽しめる娯楽。

須賀さんは、時間があれば映画に行っていたようです。
しかし、お客さんが少ない。
お客さんが少ないのを、須賀さんは気にしていたそうです。

「必殺」では、印象的な悪役を演じていた須賀さん。
「からくり人」の全滅は、シリーズでも屈指のハードな展開。
それに相応しい宿敵が曇でした。
名優・須賀さんの熱演です。

山田五十鈴さんとの対決。
岸田森さんとの密談など、すごい迫力。
良い画ができてるんですよね~!

「雲霧仁左衛門」では、おかねという女盗賊のお頭。
おかねを育てた父親と言える存在。
年老いて、最後の仕事に臨むが、外道の盗賊に加担した手下に裏切られる。

刺されても必死に、おかねを逃がすお頭。
貧しきから盗らず、人を傷つけずに来たが、やはり盗賊。
裏を生きる人間。
どんなに情があっても、無惨な最期を迎える人間。

須賀さんのお頭からは、その哀しさが感じられました。
おかねは、そのお頭の仇を討とうとする。
描かれていないおかねとこのお頭の年月がどんなものだったのか、伝わって来ました。

須賀さんはテンプターズの映画では、遣り手社長を演じてました。
遣り手だが純情で不器用な男の恋の成就が、微笑ましかった。
「必殺仕事人」で、主水の昼行灯に胃を痛める上司を演じた時も楽しかった!

日経新聞のコラムなんて、意外なところで須賀さんの素顔が見られた気分。
きっと真面目な紳士だったんでしょう。
須賀さんの名前を見て、ちょっと幸せな気分になれました。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
須賀さん演じた曇り
からくり人を束ねる仇吉を演じた山田五十鈴さんに対して
対等の存在感を持っていたのは流石でしたね。

最終回手下を全滅させられ、一対一の状況になってなお
顔色一つ変えず銃を向けたシーンが強く印象に残ってます。

他に印象が強かったの個人的に水戸黄門第一部での悪家老でしょうか。

老公実子が治める高松藩乗っ取りを画策する付家老
しかも証拠を残さず本当に勝利寸前まで行くのですから。
娘を愛する父親としての一面も持っていたのですが
結局自らが成した悪行の所為で、全てを失い破滅するという
ハードな初期ならではの役柄を圧倒的な存在感を持って
演じられていましたね

2016年04月03日(Sun) 21:03
古畑さん
編集
>古畑さん

こんばんは。

>須賀さん演じた曇り
>からくり人を束ねる仇吉を演じた山田五十鈴さんに対して
>対等の存在感を持っていたのは流石でしたね。

なぜ須賀さんか。
「勝負!」と向かい合って言い合った時、こちらに「勝負ついてる」って思わせるのではダメです。
山田さんの存在感に霞まないためのキャスティングだったんだと納得です。

>最終回手下を全滅させられ、一対一の状況になってなお
>顔色一つ変えず銃を向けたシーンが強く印象に残ってます。

あれは敵ですが、良かったですねえ。
バチを構える仇吉、銃を向ける曇、最高のクライマックスになりました。

>他に印象が強かったの個人的に水戸黄門第一部での悪家老でしょうか。

第1部!
まだフォーマットが固まらない時期ですね。

>老公実子が治める高松藩乗っ取りを画策する付家老
>しかも証拠を残さず本当に勝利寸前まで行くのですから。

やりますねえ~!

>娘を愛する父親としての一面も持っていたのですが

>結局自らが成した悪行の所為で、全てを失い破滅するという
>ハードな初期ならではの役柄を圧倒的な存在感を持って
>演じられていましたね

水戸黄門も暴れん坊将軍も、初期はクライマックスにも悪人にもいろんなバリエーションがあるんですね。
フォーマットが確立する前だから当たり前と言えば当たり前なんですが、決まった展開に慣れているので新鮮です。
悪役も典型的な悪ではなく、多様性があり、演じる悪役俳優さんも腕の見せ処という感じです。
感情移入できる悪が登場する。

今見ている「遠山の金さん」もそうなんです。
悪役俳優さんが善人役だったり。
すると、すごくかわいそうなんです。
こういうのはやはり、おもしろい。

コメントありがとうございました。
良ければまた、来てくださいね。
2016年04月04日(Mon) 07:57
No title
編集
記事拝見させて頂きましたが、亀石さんの善人役と聞いて
非常に興味が湧きました!!

悪役俳優さんは善人をやってもホントに上手い方ばかりで
こういう方達だからこそ、主役と対峙する「悪役」として
存在感が出せるんだなあと思います。

長期作品は定番化した後の印象が強いんで、初期のを見ると
逆に驚く事が多いんですよね。

えっ、この人が悪役で出てくるの!?というのもありますし。
水戸黄門は一部で田中邦衛さん、暴れん坊将軍は一部で左右田一平さん
が悪役で出ているのに特に驚きました。
2016年04月06日(Wed) 00:26
古畑さん
編集
>古畑さん

こんにちは。

>記事拝見させて頂きましたが、

ありがとうございます!

>亀石さんの善人役と聞いて
>非常に興味が湧きました!!

そうなんですよ、これがまた、かわいいんです。

>悪役俳優さんは善人をやってもホントに上手い方ばかりで
>こういう方達だからこそ、主役と対峙する「悪役」として
>存在感が出せるんだなあと思います。

遠藤太津朗さんの、男気溢れる役を見たばかりです。
古畑さんのコメントで、これは記事書きたいなと思ってしまいました。

>長期作品は定番化した後の印象が強いんで、初期のを見ると
>逆に驚く事が多いんですよね。

「暴れん坊将軍」なんていう、定番時代劇も第1シリーズを見るとビックリしますね。
まだフォーマットが固まっていないとはいえ、いろんな展開があります。

>えっ、この人が悪役で出てくるの!?というのもありますし。
>水戸黄門は一部で田中邦衛さん、暴れん坊将軍は一部で左右田一平さん
>が悪役で出ているのに特に驚きました。

逆に怖いですよね、善い人役の悪人って。
お笑いの人の悪役も怖いです。

コメントありがとうございました!
ぜひまた来てくださいね。
2016年04月10日(Sun) 02:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL