この桜の季節になると、思い出します。
桜が美しいドラマ。
そして、時代劇。

何と言っても思い出すのは、「必殺仕置人」の第2話「牢屋で残す血の願い」。
ものすごくギラギラした山崎努さんの鉄。
すがすがしい沖雅也さんの錠。
若さが抜け切らない藤田まことさんの主水。

抜け荷の罪を着せられて一家を滅ぼされ、女1人で身を張って復讐に望んだおしん。
おしんは最後の標的を前に復讐を果たせず、用心棒たちに辱められ、屈辱のうちに磔にされる。
血を吐くようなおしんの訴えに真実があることを確信しつつ、主水は奉行所では無力であった。

「何?」
主水から話を聞いた鉄は、目を丸くした。
「磔に決まった?おめえがついててそりゃ、どういうことだ」。
「どうしてあの女、助けてやらなかった。どうして、山城屋なんかに渡したんだ」。

「いや…、俺にはとても無理だ」。
主水の表情は、苦渋に満ちていた。
錠は怒っていた。

「まったく、奉行所ってのは、どいつもこいつも!」
「そうだ」。
主水は、錠の怒りを肯定した。
「だからおめえたちが、必要なんだ」。

殺しの現場に残った髪の毛から、鉄は件の殺しはおしんの仕業であることを見抜いていた。
それを危険に思ったおしんは鉄を誘惑し、殺そうと試みたが失敗した。
鉄はおしんに協力を申し出たが、おしんは鉄を信用し切れなかった。

確かに2人の殺しはおしんがやったが、越後屋殺しは自分ではない。
おしんの最後の標的・山城屋が越後屋を殺し、その罪をおしんになすりつけたのだ。
2人の同業者をおしんが殺し、越後屋も山城屋が殺したため、山城屋は1人、残って大もうけできる。

おしんはもはや、復讐を果たすことができない。
できることは、鉄に頼むことだけだった。
刑場に向かうおしんと、道にいる鉄の目があった。

おしんの家の桜の木の下に埋められていた仕置料は、鉄に渡される。
「おめえにはその意味が、よくわかるな?」
鉄は小判を握り締めた。

「どうする?どうするんだよぉ!何をもたもたしてるんだ!」
苛立つ錠に鉄は言う。
「騒ぐなって。くそお。おしんが一番、気が済むにはどうしたらいいか」。
「どう、山城屋を仕置きにかければ、思いが晴れるか」。

「うあああ」と、鉄は声をあげた。
「ちきしょう!ぞくぞくしてきやがった!」
そう言うと、鉄は首をすくめる。

桜の宴に、おきんが京都から呼ばれた芸者を装い、潜入する。
宴の中、用心棒に向かって主水は、越後屋の殺しについて、あれはおしんの仕業ではないことをほのめかす。

ばっさり袈裟懸けに斬られていた越後屋。
おしんに協力していた、元・おしんの店にいた使用人を、用心棒が斬った。
彼を斬った時の斬り口と、越後屋の斬り口は似ていた。

花札の勝負を挑んだおきん。
おきんがめくった花札は、桜だった。
これで桐が出たら、おきんの勝ちだ。

めくった花札は桐だった。
大豆の買占めと値上げを仕掛けていた商人4人は、花札の桜、桐、月、鶴に例えられていた。
おきんは、そのことを言っているのだ。

山城屋が叫ぶ。
「誰だお前は!」
おきんが山城屋の手をふりほどく。
「てやんでえ!」

「おうっ、山城屋!今夜は桐が消える番。おまえさん、死ぬ番だよ」。
「あばよっ!」
「誰だ、あれは!」
他の芸者は「あら、旦那が京都から呼んだんじゃないんですか!」と驚く。

棺桶を担ぎ、闇の中、半次が走っていた。
半次を鉄と錠が追い越して走る。
逃げるおきん。

走る錠。
走る鉄。
用心棒たちとともに、おきんを追う主水。

錠が先頭に出る。
用心棒の刃が、おきんの帯を切り裂く。
おきんが振り向きざま、桐の花札を投げる。
それが合図だった。

満開の桜の花びらが、雪のように降り注ぐ。
その闇と桜の中、錠が宙に舞う。
同時に用心棒の首を、錠の手槍が貫く。
鉄の指が、もう1人の用心棒にめり込む。

振り向いたままの、おきんが止まっている。
桜が狂ったように散り、降り注ぐ。
それ以外のすべてが、止まっている。
用心棒2人が、バタバタと倒れる。

やってきた山城屋が、鉄と錠を見て目を細める。
鉄が口を開く。
「おしんの恨み、晴らす」。

闇の中、浮かび上がった鉄の顔が笑っている。
こちらをにらんでいる錠がギリギリと、手槍を締め直して鳴らす。
「山城屋。おめえは抜け荷の罪を和泉屋に着せただけじゃねえ」。

「おしんが元締めたちを狙っているのを良いことに、残る越後屋源八を殺し、そいつをおしんの罪になすりつけた」。
「やることがちょっと、悪どすぎるようだな」。
「俺たちも頼まれなければ見逃したかもしれねえが、頼まれちまった以上、こっちも商売なんでね」。

「捕まえろ!」
山城屋が主水に、命令する。
主水は。おもしろそうな顔をしている。

ニヤニヤと笑い、頭をかいているが、動かない。
「捕まえんか!」
山城屋が苛立った声を出す。

「うわはははあ」。
鉄の哄笑が、闇に響く。
桜の花だけが、闇に白い。

「ははははは」。
主水も笑う。
鉄と主水の笑い声が響く。
主水が笑いながら言った。

「おめえを、な」。
「何い?!」
うわはははは。
鉄が笑う。

用心棒が動く。
おしんを陵辱した男だ。
主水が一太刀で斬り捨てる。

錠がジャンプし、残りの用心棒を相手に立ち回る。
手槍を突き刺され、用心棒が絶命する。
その怖ろしい光景を前に、棺桶を担いだ半次とおきんが身を寄せ合っている。
2人の顔は、やや、不安そうだった。

一仕事終えた主水が、息を吐きながら刀を収める。
山城屋が悲鳴を上げながら、逃げようとする。
笑い顔の鉄が、近づいてくる。

逃げる山城屋の背中に乗った鉄が、山城屋を膝まつかせる。
倒れた山城屋の背中を、鉄の革袋の指がなぞっていく。
ボキリ。
山城屋の背骨が、曲がった。


この一連の仕置きの場面の、桜の美しいこと。
鉄と主水の笑いの怖ろしいこと。
黒い笑いというが、まさにこの笑いが黒い。

笑い声に色がある。
黒い。
鉄と主水の笑い顔が、闇に浮かび上がる。

邪悪な笑顔。
後の「仕事人」シリーズでは見られない、主水の笑い。
怖さ。
不気味さ。

光と影の陰影のすばらしさ。
とても正義側の人間の描写では、ないです。
その中で、怒りの錠の清廉さが際立つ。

おきんが宴にすんなりと、潜入している。
これは、主水の手引きあればこそでしょう。
そのおきんの啖呵の勇ましいこと。
野川さんのおきんが大好きなのは、この啖呵です。

おきんが元締めになるシリーズって、見たかったな。
野川さん自身も言ってましたが、きっと周りを屈強な用心棒に守られ、本人は済ました顔でお茶なんか立ててる。
しかしいざとなると啖呵を切って、理不尽なことには怒りを露わにする。
見たかったな、おきんの元締め。


さて、不自由な体にされた山城屋は、飯を食べられない。
飢えた状態で放置され、目の前で飯をこぼされる。
耐え切れなくなった山城屋は、すべてを白状し、磔にされる。

ただ殺すより、エグイ復讐。
初期の「必殺」の、「仕置人」の中でもさらに初期の話。
荒削りで、洗練はされていない。
しかしパワーに満ちている。

桜の美しさと共に、この季節、必ず見たくなる。
白い桜と黒い笑い。
桜の嵐が彩る凄惨な仕置き。
永遠の名作。

スポンサーサイト
2016.04.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3254-734a3399