こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP新・必殺仕置人 ≫ 鉄 謎のファムファタール

鉄 謎のファムファタール

「必殺」を代表するキャラクターの1人、念仏の鉄。
しかし鉄の過去話って、意外にもないんですね。
「仕置人」での、佐渡で兄弟分だった男との話はありますが。

ドラマの中で出た具体的な鉄の過去といえば、佐渡送りとなっていたこと。
佐渡で傷を負ったり、具合が悪くなった囚人たちを助けるため、独学で按摩の技を覚えたこと。
その佐渡で、主水と知り合ったこと。
立場は囚人と役人だったらしい。

なぜ僧侶だった鉄が佐渡に送られたかというと、檀家のお内儀と密通したから。
だがこれについて鉄は奉行所に捕らえられた時、「俺たちゃ、惚れあった仲だ」と猛抗議している。
さらには「密通のお咎め以外、相違ありません!」と言い放っている。

拷問されながらこれだけは、キッパリ言い切っている。
冷笑気味に「女は信用ならない」と言う鉄が、言い張っている。
よほどの仲だったらしい。
鉄のファムファタールと言って良い存在なのではないでしょうか。

しかし、これについての話はない。
すごいドラマがありそうだけど、ない。
肝心な話が謎だから、鉄の過去話がないというイメージになってるのかもしれない。
また、具体的にないから、良いのかもしれない。

鉄と惚れあった檀家のお内儀は、どうなったんでしょうね。
なかったように日常に戻っていったのか。
戻らざるを得なかったのか。
あるいは鉄よりももっと、手酷い破滅をしたのか。

「仕置人」では、鉄はかなりの教養を見せていた。
佐渡に送られたとはいえ、「仕置人」になるぐらいだから、家族はなかったように思います。
自分としては「暗闇仕留人」の大吉の過去が、鉄の過去に近いような気がしています。

大吉は幼くして孤児となって、親戚中をたらい回し。
食うには困らないということで、石屋に見習いで預けられた。
つらい毎日の中、僧侶にかわいがってもらい、やがてその寺で働くようになる。

だがそこの僧侶が借金のかたにもらってきた、若い女性と密通してしまう。
それを知った僧侶は激怒し、頭を下げていた大吉は、はずみで僧侶を死なせてしまう。
大吉は島送りになり、その後は裏稼業への道を歩む。
それでも外道仕事には背を向けて、生きてきた。

ちょっと違うところはあるけど、鉄はこんな感じの過去なのかなあと思いました。
鉄にかぶせたかった話を、大吉でやった。
そんな気もします。

大吉のファムファタールは魔性の悪女でしたが、鉄の相手の女性って、どんな人なんでしょうね。
想像ですけど、鉄は「仕置人」「新・仕置人」の劇中で、登場した女性を追い掛け回すことはあっても、そのために裏稼業をやめることはなかったと思います。
「新・仕置人」の「良縁無用」で、もし、あのお店の女性と一緒になっても、裏稼業はやめなかったと思う。

鉄が裏稼業をやめようとするなら、佐渡送りになった原因の女性、ただ1人だった。
そんな風に思います。
鉄のファムファタールは、永遠の謎。

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
なるほど。
ちゃーすけさん、深い分析です。

具体的な描写がなかった分、鉄のミステリアスな幅がありましたね。
垣間見せる素直な教養人の断片からも、女と佐渡が与えた影響がなかったら、全く違う男性像になっていたかもしれません。
大吉に重ねたとの推察もお見事。
男の人生を大転換させるほどの女性、出会いたくもあり出会いたくもなし、ですね(笑)。

そう考えると、やっぱり印玄のファムファタールが別格ですね。
鉄の佐渡暮らしと拮抗する悲惨かもしれないです。
2016年05月21日(Sat) 08:51
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんにちは。
コメントありがとうございます!

>なるほど。
>ちゃーすけさん、深い分析です。

いえいえ、私なんか感情のままに書いているので…。

>具体的な描写がなかった分、鉄のミステリアスな幅がありましたね。

絵が描かれなかったから、想像しちゃうんですよね。

>垣間見せる素直な教養人の断片からも、女と佐渡が与えた影響がなかったら、全く違う男性像になっていたかもしれません。

「仕置人」では漢文も読んでいましたしね。
錠は字も読めなかったから、鉄はこれ、相当教養あるんだなと思いました。
そのまま僧侶でいたら、どんなだったんでしょう。

>大吉に重ねたとの推察もお見事。

鉄から、家族とか親兄弟の匂いが全くしないんですよね。
それでああいう稼業になっているから、やっぱり家はないのかなあと思ったり。

>男の人生を大転換させるほどの女性、出会いたくもあり出会いたくもなし、ですね(笑)。

幸せなんだか、不運なんだかわからないですよね。

>そう考えると、やっぱり印玄のファムファタールが別格ですね。
>鉄の佐渡暮らしと拮抗する悲惨かもしれないです。

これは、ですね…、印玄まではないだろうと思いました。
あれは全ての人間、世の中を憎悪する可能性もあったと思います。
印玄が躁鬱っぽいのも、当たり前。
「仏を殺すかも知れぬ」と言って、主水の足を止めたのも当たり前。
生い立ちが悲惨すぎます。

「佐渡は…、地獄だ」と言って遠い目をした鉄と印玄。
どちらも生きているのが不思議なほどの地獄を見た男ですね。

いつも考えさせられるコメント、ありがとうございます!
2016年05月21日(Sat) 11:15
編集
こんばんは…おじゃまします。
鉄っつぁんのファムファタール…うーん、ほとんど考えたことも無かっただけに新鮮でした。

魔性の女か?運命の女か?
果たしてその女(ひと)は、鉄っつぁんの“あの指(ゆび)”に惚れたのかな…?

荒々しくて優しくて、まだ純(じゅん)な?若き日の鉄っつぁんにも、忘れてしまうには寂しくて、思い出すには切なすぎる。そんな過去があった…なんて妄想をしてしまうのも悪くないですね。

「皆様、長らくお待たせいたしました。江戸一番の人気男、念仏の鉄と申します。巷々に女あり、あぁ念仏の鉄、華の鉄」
そうそう、鉄っつぁん『男狩無用』では、そんな戯れ言を言ってましたっけ(笑)。




2016年05月21日(Sat) 22:49
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは。
またお越しくださってありがとうございます。

>鉄っつぁんのファムファタール…うーん、ほとんど考えたことも無かっただけに新鮮でした。

ちょろちょろと、他の女性は出て来るんですが、佐渡送りの原因になったこの女性については何も出てこないんですよね。
いつか出るのかと思っていたのですが、出ませんでした。

>魔性の女か?運命の女か?
>果たしてその女(ひと)は、鉄っつぁんの“あの指(ゆび)”に惚れたのかな…?

おしんさんに言ってましたね。
「女に惚れられたことはない。惚れるのはこの指」って。
あのシニカルさ、いろんなことがあったんだろうなと思いながら。

>荒々しくて優しくて、まだ純(じゅん)な?若き日の鉄っつぁんにも、忘れてしまうには寂しくて、思い出すには切なすぎる。そんな過去があった…なんて妄想をしてしまうのも悪くないですね。

ねえ?、鉄っつぁんってどんな青年僧侶だったんでしょうね。

>「皆様、長らくお待たせいたしました。江戸一番の人気男、念仏の鉄と申します。巷々に女あり、あぁ念仏の鉄、華の鉄」
>そうそう、鉄っつぁん『男狩無用』では、そんな戯れ言を言ってましたっけ(笑)。

あれは「人の気も知らないで!」って感じでしたね。
言ってる鉄っつぁんも、ちょっと笑っている。
あの話なんか、鉄にしかできないスゴイお話でした。
最後に「鉄っつぁん、いらっしゃい!」で終わるたくましさというか、懲りなさがまた良いです。

コメントありがとうございました。
2016年05月22日(Sun) 20:01
信用と信頼
編集
こんばんは。

内容的にどちらにポストするか迷いましたが、鉄が主題のコメントになると思うので
こちらにポストさせて頂きます。

鉄は自称とは別に、かなりモテますよねw
それも女性のみならず、男性にもモテる。

主水のエントリにも書きましたが、深い絶望に打ちひしがれていた主水を裏稼業に
引き戻したのは間違いなく鉄でした。

それも、主水が他人に決して見せる事の無い、深い胸のうちまで語って躊躇している
気分を語っている。
これは他の「仲間」「元締」相手には決して無かった事でした。
それに対して鉄は懐の深い眼差しで、決して結論は急がず主水の翻意を待っている。

また、別の話では裏稼業とは全く関わりの無い件でも態々鉄を自宅に呼んでいます。
主水はあれで案外裏稼業の人間が自宅を訪れる事を嫌いますが、鉄に関しては
(身体的に火急の用事という事もありましたが)態々自宅まで呼んでいる
(其処での鉄と主水の会話がアレだったのはご愛嬌ですけどねw)。

主水自身の言によるなら「かかあ始め他人様は信用しない」主水ですが、鉄に対しては
徹頭徹尾深い信頼を寄せています(だからちゃーすけさんご指摘のとおり、簡単に
大小を鉄たちに奪われたのでしょう)。

錠・巳代松に関しては言わずもがなです。
主水にとって、鉄は身分や立場を越えた「親友」に近いものだったのかも知れません。

また、無印仕置人で少しだけ描写がありましたが、白文を正確に理解して、文盲の
錠に簡潔で端的に内容を説明できるだけの教養と知性も持ち合わせています。

其処から見るに、推測ですがそれなり以上の学績も積んだ学僧崩れだったような気がします。
2016年05月31日(Tue) 23:02
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>内容的にどちらにポストするか迷いましたが、鉄が主題のコメントになると思うので
>こちらにポストさせて頂きます。

ありがとうございます。

>鉄は自称とは別に、かなりモテますよねw
>それも女性のみならず、男性にもモテる。

正八だって、鉄を慕っていましたよね。
商売人で足マッサージ屋になりましたが、あれは鉄の影響だと思います。

>主水のエントリにも書きましたが、深い絶望に打ちひしがれていた主水を裏稼業に
>引き戻したのは間違いなく鉄でした。
>それも、主水が他人に決して見せる事の無い、深い胸のうちまで語って躊躇している
>気分を語っている。
>これは他の「仲間」「元締」相手には決して無かった事でした。

年齢とキャリアが重なったんですから当たり前と言えば当たり前なんですが、後の主水には、こうして対等に話ができて打ち解けられる存在がいないんですよね。
鉄のような主水と対等な存在が主水の内面を掘り下げるのに、どれだけ重要か。
「仕事人」以前の作品を見ると、わかります。

>それに対して鉄は懐の深い眼差しで、決して結論は急がず主水の翻意を待っている。

こういう主水と仲間が、なかなか見られなくなりました。

>また、別の話では裏稼業とは全く関わりの無い件でも態々鉄を自宅に呼んでいます。
>主水はあれで案外裏稼業の人間が自宅を訪れる事を嫌いますが、鉄に関しては
>(身体的に火急の用事という事もありましたが)態々自宅まで呼んでいる
>(其処での鉄と主水の会話がアレだったのはご愛嬌ですけどねw)。

鉄の表稼業に対しても、主水はかなり信頼を寄せているんですね。
あのシーンは良かった。
どこ行ってもマイペースな鉄。

「いないのお?」
「あんた、お袋さん?」
「手桶!水!」

>主水自身の言によるなら「かかあ始め他人様は信用しない」主水ですが、鉄に対しては
>徹頭徹尾深い信頼を寄せています(だからちゃーすけさんご指摘のとおり、簡単に
>大小を鉄たちに奪われたのでしょう)。

あれが勇次だったら、絶対、刀は取られません。
鉄も主水に誰も触れさせません。
巳代松にも触れさせません。
殺さなければならないなら、自分しかいない。

3人目の殺し屋の正体は、右手を焼かれても言わない。
主水は命に替えても守る。
鉄にとっても主水は唯一無二の存在です。

>錠・巳代松に関しては言わずもがなです。
>主水にとって、鉄は身分や立場を越えた「親友」に近いものだったのかも知れません。

壮絶な日露戦争を描いた映画や太平洋戦争を描いた映画なんか見ると、生死を共に越えた者同士の絆って、それは深いだろうと思います。
戦友にしかわからない絆ってある。
鉄と主水は、そんな関係ではないかと。

>また、無印仕置人で少しだけ描写がありましたが、白文を正確に理解して、文盲の
>錠に簡潔で端的に内容を説明できるだけの教養と知性も持ち合わせています。

あれは鉄の奥深さを見ました。

>其処から見るに、推測ですがそれなり以上の学績も積んだ学僧崩れだったような気がします。

ですよね。
一体、鉄の仕置人前の人生はどういうものだったのか。
興味はつきません。

コメントありがとうございました。
良ければまた来てくださいね。
2016年06月05日(Sun) 17:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL