「必殺仕事人」、また作ってくれるんでしょうか。
惜しいな、と思ったのは、レンの降板です。
初めて見た時、意外な拾い物をした気分になりましたから。

あの悪たれぶり。
中身の純粋さ。
一途さ。

憎めない問題児。
放っておけない悪ガキ。
まさに若い仕事人にあってほしい要素が、レンにはあった。

勝手な印象ですが、演技ではない部分、本人の資質にこれに近いものがあった気がします。
問題は起こすが、男気もある。
そんな風に見えました。
勝手な印象ですよ。

こういうタイプは、良さをわかってやる大人が、うまく導くと光る。
そう思ってました。
昔の若手俳優なんかにいたタイプではないか。

だからレンは良いキャラクターになったのにな、と思うと降板はとても残念。
同時に、私生活はマジメなのに、あんなキャラクターがぴったりとハマる山崎努さんや、緒形拳さんって、すごい。
レンは、鉄が、いろんな意味でかわいがりそうだ。
いや、今なら正八がかわいがりそう。

しかし、レンは惜しいな。
あの世界に合ったキャラクターと、演者だった。
そんなキャラクターをまた、期待したいと思います。





スポンサーサイト
2016.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3263-3012ea82