火曜日夜10時、TBSで放送している「重版出来!」
主演の心ちゃんを演じる黒木華さん。
地味な女優さんなのかもしれませんが、とってもうまくて良い女優さんだと思います。

このドラマ、出ている俳優さんが自分の好みの方ばかり。
実際、実力ある俳優さんが、のびのび楽しく演じているように見えます。
その中に黒木さんがうまく溶け込んで、誰が誰の邪魔にもならず、気持ちよく見ています。
特に今回、第5話は良かった。

編集部の五百旗頭は、最近、常に誰かの視線を感じている。
ストーカー?
真相は、五百旗頭の優秀さ、人柄に魅了された心が、手本にするべく観察しているせいだった。
その五百旗頭は、社長の久慈を人生の目標としているのだった。

社長の久慈勝の家は賃貸で、電車で通勤している。
酒も飲まず、ギャンブルもせず、タバコも吸わず、遊びらしい遊びはしない。
久慈は時代に取り残されたような、炭鉱の町で育った。

物心ついたときにはもう、父親はいなかった。
肺を壊して死んだらしい。
中学の担任は、家に来て母親を説得した。

久慈は頭が良い。
クラスで一番成績が良い。
進学して医者を目指したい。
それに対して母親は「はあっ!?」と聞き返した。

担任は、せめて高校に進学させてやってほしいと頼んだ。
だが母親は「あたしに体売れと言うのか」と怒った。
「中学を出ればたくさん。貧乏人には貧乏人の生き方がある」と言った。
担任はそれ以上、何も言えなかった。

「卒業したよ!」
久慈が中学の卒業証書を持って声を弾ませて入った部屋には、誰もいなかった。
ちゃぶ台の上には灰皿があり、口紅のついたタバコが残っていた。
母親は、久慈を置いて男と逃げていた。

それから久慈は、炭鉱で働いた。
朝から真っ黒になって働いた。
道で高校生に出会うと、うらやましさから顔を背けてやりすごした。

きっと自分は羨望のまなざしだっただろう。
卑しい顔をしていたに違いない。
久慈の心は荒れた。
貧乏人には貧乏人の生き方がある、とつぶやくしかなかった。

久慈は荒れた。
「はよ金出しい!」
恐喝をした。
酒を飲みながら、花札をした。

炭鉱で働く年上の男たちと、博打に興じた。
ケンカに明け暮れた。
久慈は、どんどん荒んでいった。

ある夜、仲間と帰る時、川のほとりで1人の初老の男が釣り糸を垂れていた。
「おい、あのジジイ、相当貯めとるいう噂や」。
「まかしい」。

久慈はそう言うと、男の首に鎌を押し付けた。
「貯めというっち?出しい」
だが、その男は少しも動じなかった。

男は口を開いた。
「おいを殺したら、わいの運は尽きるぞ」。
男の口調は平然としていた。

虫の声が辺りに響いていた。
「あ?」
久慈は歪んだ笑いを浮かべた。

男の喉下には、鎌の刃が当てられたままだった。
だがそんなことには全く気にならないように、男は言った。
「ええこと、教えちゃる」。
「運ば、貯められるぞ」。

「世の中はな、足して、引いて。ゼロになるごと、できとう」。
「生まれた時に持っているもんに差があっても、札はおんなじ数だけ、配られよる」。
久慈は、黙って聞いていた。
男の声と、様子は久慈の動きを止めるのに、十分な何かがあった。

まるで自分のことを言われているようだった。
この言葉は、自分の境遇を恨んで、荒んで、開き直っている自分に向けられている。
久慈は震えた。

「ええことしたら、運は貯まる。悪いことしたら、すぐに運は減りよる」。
「人殺しげな、一巻の終わりたい」。
「運ば、味方にすりゃ、何十倍も幸せは膨れ上がりよる」。

久慈の目が動揺した。
男の手が動いて、鎌の刃をまともにつかんだ。
振り向いて、久慈を見る。

虫の声が響いている。
川が流れる音がしている。
男は振り向いて、久慈の眼を見た。
「問題は、どこで勝ちたいか、や」。

久慈は息を呑んで、男を見ている。
「自分が、どがんなりたかか。自分の頭で考えろ」。
男は鎌の刃を素手で持ったまま、前を見て言った。
「考えて、考えて、吐くほど考えて見極めろ」。

男は再び、久慈を見た。
「運は、使いこなせ…」。
久慈は、息を吐いた。

ほとんど、恐怖にとらわれた者が、やっと吐き出すような呼吸だった。
男はつかんでいた鎌から、手を離した。
鎌は音を立てて、落ちた。

久慈は後ずさりしていく。
「そがん、こと…」。
「おいの言うことが、信じられんか?」
男は横を向きながら言った。

声には、かすかに笑いが含まれていた。
「信じられんなら、それが、わいの運たい」。
それだけ言うと男は再び、川に向かって、釣り糸に集中した。
久慈はよろよろと、後ろに下がっていく。

帰り道、久慈たちが殴り伏せた男が、仲間を連れて来ていた。
「こいつか?」
久慈は叩きのめされた。

だがもう、久慈にはそんなことはどうでも良かった。
久慈はその夜、街を出た。
今までの付き合いも、すべて捨てた。

上京して、町工場でまじめに働いた。
ただ、生きるために。
ただ、飯を食うために。

そして仲間に一冊の本を勧められた。
元々、勉強が好きだった久慈は最初はそれを拒否した。
未練がましかった。

「長いこつ、本なんて」。
だがその同僚は「俺の田舎の詩人だ。やる」と言って、久慈に向かって本を差し出した。
宮沢賢治の詩集だった。
だがその「宮沢賢治」の本が、久慈の一生を決めた。

ただ、文字が並んでいるだけだった。
なのに、どうして、そんなに泣けたのか。
「雨にも負けず」。
「風にも負けず」。

久慈はその詩を読んで、泣いた。
子供のように泣いた。
この時、久慈の一生は決まった。

久慈はそれから、たくさんの本を読んだ。
まじめに働きながら、大検を受けた。
子供が転んで泣いていたら、助け起こした。
宮沢賢治の詩集には、興都館とあった。

10年が、経った。
久慈は興都館に、勤めていた。
彼の話を聞いた作家が言う。

「それは聖なる預言者ですよ」。
運命の神はいて、人が間違った方向へ行かないように、人間の振りをして辻に立っているのだ、と。
それを聞く、聞かないも人の選択。

作家とはおかしなことを言うものだと、久慈は思った。
だが。
その日、久慈はマージャンをしていた。
すごい手が回ってきた。

周りは「初めて見た」「すごいな」と声を上げた。
仲間の1人が言った。
「これで上がると、近いうち死ぬって」。
「ばか、迷信だよ」。

久慈の顔が、こわばる。
あの男の声が蘇る。
「問題は、どこで勝ちたいか」。
「運ば、使いこなせ」。

その時、電話が入った。
久慈の自宅が火事だった。
真っ青になって駆けつけた。

幸い、妻も子供も無事だった。
だがアパートは全焼、家財一式を焼失した。
それから久慈は、ギャンブルをやめた。
酒もタバコもやめた。

趣味は散歩、そして掃除。
家は賃貸、車も持たず、電車で通勤。
必要最低限の生活をした。

その1年後、出版した無名の海外ミステリーが、モンスター級の大ヒットになった。
怪物級の大ヒットだった。
重版出来!
さらに重版出来!

久慈は言う。
もし、運が貯められるのなら、私は仕事で勝ちたい。
すべての運をヒットにつぎ込みたい。
そのために私は、運を貯め続けるのです。


久慈が出会った男は、運命の神だと言う。
私もあれは、神であったと思います。
神だから何を考えているか、人間にはわからない。

どうして、荒れた青年・久慈の前に降臨したのかもわからない。
なぜ、久慈なのかもわからない。
だが神は辻に立っていて、人を見ているのだと。
それを感じるか、言うことを聞いてみるか、それもその人の運なのだと。

この名前もない男を演じたのが、火野正平さん。
言葉と、最小限の表情と動きだけ。
それだけで荒れた久慈の動きを、止めなくてはならない。

震え上がらせなければならない。
一瞬に近い時間で、久慈がそれまでの人生を捨てる力がなければならない。
見ているこちらにその存在が神であったと、納得させなければならない。

火野さんの存在そのものが、説得力でした。
これまでに火野さんが送ってきた人生、俳優としての役。
それがすべて、火野さんの血となり肉となっている。

良いことも悪いことも、すべて栄養にする俳優としての途方もない力。
魅力。
火野さんはそれを持っている、ごく少数の人間なんだ。

彼が既婚者でありながら、たくさんの女性と付き合ったこと。
わかっていても、女性たちにモテたこと。
恨まれなかったこと。

彼が仕事を干されなかったこと。
共演者に嫌われなかったこと。
その理由がわかる気がしました。

経験して、それに打ち勝って乗り越えていない者には出せない力。
太刀打ちできない迫力。
火野さんを見て、そう思いました。

そして、「必殺」好きのおバカな自分は、ちょっと思った。
正八がこの年齢になったら、こんな爺さんになっているかもしれない。
非道、外道を見て、それを仕置きして。
仕置きした仲間の末路を見て。

正八は、ここに行き着いたのではないか。
そんなおバカなことも思った、「重版出来!」。
この5話は、映画並みの1時間でしたよ。

編集長の松重さんにも、その言葉にも人生があった。
久慈役は、高田純次さん。
この俳優さんたちに、この役をやらせる。
「重版出来!」のこの、センスが私は好きです。

スポンサーサイト
2016.05.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3265-b41f9dc4