こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP仕置屋稼業 ≫ 「生きるも地獄死ぬも地獄」 印玄

「生きるも地獄死ぬも地獄」 印玄

「生きるも地獄。死ぬも地獄。どこかで仏に会ったなら、俺は仏を殺すかも知れぬ」。
これは印玄が、第1話で主水に言った言葉。
印玄を殺そうとしていた主水はこの言葉の異様さと、それを口にした印玄の様子に抜きかけた刀を収める。
この印玄こそが仕置屋を救い、市松を変えた。

印玄を演じたのは、新克利さん。
ユーモラスで、何気ない会話もつい笑わせてしまううまさ。
明るさと闇を、印玄そのものという感じで演じています。
この印玄、女好きで笑える坊主かと思ったら、「仕置屋」で非常に大切な人物。


印玄とは、どういう男だったのか。
これが相当に悲惨な生い立ちを持った男だった。
印玄の母は、印玄の父親と5歳の印玄を捨てた。
父親が死んだ後、印玄は1人、母親を探す。

自分を捨てた母親だが、会いたかった。
旅の途中で印玄は、たぶん、死んだ旅の僧侶から衣を得る。
この格好なら、喰いっぱぐれはなかった。
印玄はそう言った。

やっと母親を探し当てた時、印玄は子供から青年になっていた。
14年という月日が経っていた。
母親はある宿場町で、しどけない格好をして三味線を弾いていた。
すっかり大人になった印玄を、母親は妙な目つきで見た。

母親に会えたうれしさで頬を紅潮させている印玄に、母親はあろうことか「女」として接した。
印玄は絶望した。
これが俺の母親か。
畜生にも劣るではないか。

印玄は思わず、母親を払いのけた。
痛い痛いと母親は怒った。
そこに、母親の情夫が入ってきた。
すると印玄の母親は、痛いと言って、男に甘え出した。

印玄が、旅の果てにやっと会いに来た息子の前で母親は情夫といちゃつきだした。
そこにいる息子など、いないも同然だった。
印玄は部屋を飛び出した。

しかし母親の醜い矯声は、印玄の耳に入って来る。
赤い唇から、あられもない声があがる。
もう、耐えられなかった。
印玄は怪力で母親と情夫をつまみ出し、屋根の上から外に放り投げた。

この時、母親の情夫の娘は印玄を恨み、後に印玄の殺しを仕置屋に依頼することになる。
そしてそれがきっかけで印玄の生い立ちが明らかになり、印玄は仕置屋の仲間に絶対的な信頼を置くようになる。
市松の生い立ちも悲惨だが、印玄の生い立ちは壮絶だ。

なぜ、これで、世の中を恨まない。
人を憎まない。
心を閉ざして自分を守って来た市松には、印玄の精神力は脅威に映ったに違いない。

市松は仕置屋の仲間と仕置きを通じて信頼関係を築き、人間性を取り戻して行った。
だが印玄もまた、仕置きを通じて仕置屋の仲間に心を癒されていったのだと思う。
だから印玄は、全 覚との勝負に死を覚悟して向かう主水についていく。
主水が出て来るまで、境内で眠って待っている。


この印玄の過去が明らかになる13話は、三隅研二監督の傑作。
遠藤太津朗さんの、非情な楼主ぶりもハマっている。
印玄の殺しがメインで、主水はそれを助ける展開がまた、物足りないどころかすごく良い。


「生きるも地獄。死ぬも地獄。どこかで仏に会ったなら、俺は仏を殺すかも知れぬ」。
この言葉は、印玄がどれほど、人生に絶望したか。
人間に絶望したかが、良く出ていると思う。

どこもかしこも、地獄がある。
仏は誰も、何も救っていない。
そんな仏に会ったら、俺は殺してやりたい。

印玄を殺しに来た主水が、この言葉と様子で印玄を仲間として認めたのだ。
それほど、この時の印玄には凄みと迫力があった。
印玄の抱えた闇の深さがわかる。


最終回、自分が裏切ることを怖れているのだろうと思った市松に印玄は「おめえはそんな男じゃねえ!」と言う。
「何故だ」と驚く市松に、印玄はちゃんと説明する言葉を持たない。
しかし、はっきり言う。
「とにかく、おめえはそんな奴じゃねえんだ!」

そして印玄は、仲間を救うために死ぬ。
印玄の死は、殺し屋として生きていた市松に「見事だ」と言わせた。
自分を一切守ることなく、仲間を守った印玄の行動は離れかけた仕置屋の絆を結び直す。

主水は自分の社会的な地位を捨てて、市松を逃がす。
捨三は市松を護送中の同心に体当たりするという、この上ない危険を冒した。
印玄が主水と捨三に、そうさせたのだ。
これによって市松の心は再び凍ることなく、完全に溶けた。


「仕置屋稼業」のキャラクター解説で、印玄について見事な解説がされています。
母親を屋根から投げ落として殺すことで、印玄は殺し屋としての道を歩み始めた。
その印玄が女であるおこうを助け、人を落としていた屋根から自分が落ちて死ぬ。
「これ以上、印玄にふさわしい死はあるまい」と。

印玄は「仕置屋を再び結束させ、主水と捨三に保身を考えない勇気を与えた。彼は仏に会えたのだろうか」。
私は印玄は仏に会い、救われたと思っている。
印玄が仏を憎んだ仕置屋だったとしても。


スポンサーサイト

Comment

バイプレーヤーの鏡
編集
ちゃーすけさん、止まらないですね。
ゾクゾクしてきました。

印玄を演じた新克利さんの人間味が魅力を増幅していました。
仕留人「惚れて候」で彼が演じた弥太の愚かさ、悲しさ、純粋さ。
あの好演が、仕置屋レギュラーにつながったのでしょうね。

当時の新さんはホームドラマの常連。
人情に厚く頼りがいのある兄貴というポジションが多かった。
そもそも必殺は、そういう俳優さんを意識的に起用してました。

仕置屋は主水の主人公化が企画の柱。
そこを市松の完成度が場をさらっていくせめぎあい。
その分、印玄押しのエピソードが少なかったのは切ないです。
それでも13話での存在感は圧倒的でした。

新さんのバイプレーヤーとしての愛すべき存在感は、そのまま仕置屋チーム内での存在感に重なり合って、まさに虚実皮膜。
少ない登場場面でも、記憶に残る仕置人でした。
2016年05月31日(Tue) 22:10
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>印玄を演じた新克利さんの人間味が魅力を増幅していました。
>仕留人「惚れて候」で彼が演じた弥太の愚かさ、悲しさ、純粋さ。
>あの好演が、仕置屋レギュラーにつながったのでしょうね。

新克利さんの演じる弥太は愚直で人が良くて、悲しかった。
最後まで誰の言葉にも耳を傾けず、愛する妻の悲劇も知らず。
あの好演がレギュラー化に繋がったのなら納得です。

>当時の新さんはホームドラマの常連。
>人情に厚く頼りがいのある兄貴というポジションが多かった。
>そもそも必殺は、そういう俳優さんを意識的に起用してました。

あまりにハマった姿から知った者には、そちらの方が意外なんですが、「必殺」とは常に意外なキャスティングをする作品だったんですね。
ホームドラマの常連が殺し屋になる。
日常に潜む殺し屋という感じがすごくします。
自分たちの隣にいる殺し屋。

>仕置屋は主水の主人公化が企画の柱。
>そこを市松の完成度が場をさらっていくせめぎあい。

「仕留人」もバランスが良いんですが、仕置屋もバランスが良いんですよね。
印玄と捨三が雰囲気をあげる。
「仕留人」は貢の行き場のなさを大吉の明るさが救っていたと思います。
大吉がいて良かった。
でも印玄にも大吉くらい、主役話が欲しかった。

>その分、印玄押しのエピソードが少なかったのは切ないです。

これ、もっと印玄の話が欲しかったです。
印玄の人の良さから、良いエピソードができたと思います。

>それでも13話での存在感は圧倒的でした。

印玄の良さ、悲しさが出てる話でした。
これ1本で印玄はバッチリ、名キャラクターになってますね。

>新さんのバイプレーヤーとしての愛すべき存在感は、そのまま仕置屋チーム内での存在感に重なり合って、まさに虚実皮膜。
>少ない登場場面でも、記憶に残る仕置人でした。

主水と全覚の対決について行く、疾風の竜を助けるなど、主役エピソードではないんですが、印玄はなくてはならない存在です。
印玄が最後に仕置屋を救うなんて、考えたら最高の展開でした。

いつもコメントありがとうございます。
2016年06月05日(Sun) 16:51
No title
編集
こんばんは。

当時の新さんはちょうど同時期に被ってしまった「長崎犯科帳」のレギュラーとの
掛け持ちで大変多忙だった故に、印玄役も加田宇太郎役も少し悔いが有ったような話を
聞いたことがありますが(仕置屋は京都、犯科帳は東京制作だった為毎週京都~東京間
の往復で大変だったらしい)、印玄役は「主水よりの捨三」と「孤立する市松」の間の
接着剤のような立場でもあったと思います。

仕置屋全体のエピソードの中でも、比較的歳の近い三人が主水に協同して楯突く描写も
ありましたが、それへの伏線となるような細かい描写に良く印玄が絡んでいたと思います。

例えば、捨三が「市松が屋根裏での調査が苦手な理由」を主水に愚痴ったりしますが、
(因みに蜘蛛が苦手、というのが理由だった筈)そのフォローに回ったのが印玄で、
印玄が虫が平気な理由として「落ち込んでいる時にはゴキブリを相手に話をしている
から平気」とか。

「崩壊」で印玄が主水に言われて市松を監視していた際に咎められた時、印玄は或る意味
とても印玄らしく、あっさりと主水に言われて市松を監視している事、しかし印玄自身
は市松が裏切るだろうとは露ほども考えていない事を明かして、ちゃーすけさんが
記載した場面の描写になりました。

この際の市松の驚き方は、「殺人を見られたと思った際の驚き」とも「自分の真似を
年端の行かぬ子供が真似をした時の驚き」とも全く違う驚き方でした
(虚を突かれて本当の意味で「驚いた」芝居でした。余談ですが、沖氏はこういう
細かい違いを描写する演技が上手だったと思います)。

ちゃーすけさんの書かれている通り、市松の生い立ちは壮絶ですが、印玄の生い立ちは
凄惨なものでしたが、印玄がそれでも自分の周辺をそれなりに信じたのは、恐らく
僧体で放浪した際に、一見の人に親切にされた事が一再ならずあった事が市松との
違いだったのかもしれません。

「崩壊」中盤で敵と相討ちとなって印玄は果てましたが、その後印玄はどうなった
でしょうか?

私は印玄は「成仏」して、彼の力の及ぶところで誰かを助けているような気がします。
2016年06月11日(Sat) 03:27
16/06/11さん
編集
>16/06/11のコメントさん

はじめまして。
お名前がないので、日付でお返事させていただきますね。

>当時の新さんはちょうど同時期に被ってしまった「長崎犯科帳」のレギュラーとの
>掛け持ちで大変多忙だった故に、印玄役も加田宇太郎役も少し悔いが有ったような話を
>聞いたことがありますが(仕置屋は京都、犯科帳は東京制作だった為毎週京都~東京間
>の往復で大変だったらしい)、印玄役は「主水よりの捨三」と「孤立する市松」の間の
>接着剤のような立場でもあったと思います。

私もそう思います!

そして、ああ~、「長崎犯科帳」の新さんも大好きですよ!
「お奉行~!」と、マイペースな萬屋さんの長崎奉行に振り回されながらも、しっかり公務は仕切る。
印玄と同じ、あの口調が楽しいんです。
何気ないセリフもおかしくて。
大変だったんですね。

>仕置屋全体のエピソードの中でも、比較的歳の近い三人が主水に協同して楯突く描写も
>ありましたが、それへの伏線となるような細かい描写に良く印玄が絡んでいたと思います。

印玄は確かに、捨三を「まあまあ」となだめる。
捨三をぶっとばす主水も「まあまあ」となだめる。
印玄がいることで、仕置屋はうまく行ったと思います。

>例えば、捨三が「市松が屋根裏での調査が苦手な理由」を主水に愚痴ったりしますが、
>因みに蜘蛛が苦手、というのが理由だった筈)そのフォローに回ったのが印玄で、
>印玄が虫が平気な理由として「落ち込んでいる時にはゴキブリを相手に話をしている
>から平気」とか。

捨三に踏まれて、泣いてましたっけ。

>「崩壊」で印玄が主水に言われて市松を監視していた際に咎められた時、印玄は或る意味
>とても印玄らしく、あっさりと主水に言われて市松を監視している事、しかし印玄自身
>>は市松が裏切るだろうとは露ほども考えていない事を明かして、ちゃーすけさんが
記載した場面の描写になりました。

あれは実に、印玄らしいと私も思います。
市松が裏切りそうなら殺せと言われて行っているのに、全然そうだと思っていない。
印玄って、仕置屋のメンバー全員をすごく信頼している。

>この際の市松の驚き方は、「殺人を見られたと思った際の驚き」とも「自分の真似を
>年端の行かぬ子供が真似をした時の驚き」とも全く違う驚き方でした
>(虚を突かれて本当の意味で「驚いた」芝居でした。余談ですが、沖氏はこういう
>細かい違いを描写する演技が上手だったと思います)。

こんな対応されたことがない。
人に信頼され、それをはっきり表に出されたことがないというのが、よくわかりました。
沖さんは本当に市松そのものになりきってましたね。

>ちゃーすけさんの書かれている通り、市松の生い立ちは壮絶ですが、印玄の生い立ちは
>凄惨なものでしたが、印玄がそれでも自分の周辺をそれなりに信じたのは、恐らく
>僧体で放浪した際に、一見の人に親切にされた事が一再ならずあった事が市松との
>いだったのかもしれません。

ああ、そうかもしれません。
印玄があれでよく、女性を憎まなかったと思いましたが、旅の間に女性たちの親切に触れていたんでしょうね。
納得しました。
その点では、殺し屋として自分の素顔を封印していかなければならなかった市松はつらかったです。

>「崩壊」中盤で敵と相討ちとなって印玄は果てましたが、その後印玄はどうなった
>でしょうか?

私も印玄はきっと救われたと思うんです。
印玄は仏は誰も救わないと憤っていましたが、印玄を受け入れることができるから、仏は仏なんだろうなと。

>私は印玄は「成仏」して、彼の力の及ぶところで誰かを助けているような気がします。

素敵な考えですね。
そう思うと、あの絶体絶命の市松の逃亡劇に、仏になった印玄が力を貸していたのかもしれません。

素敵なコメントありがとうございます。
また来てくださいね。
その時はお名前をいただけると助かります。
2016年06月12日(Sun) 11:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL