主水は竹の湯に行き、そこで捨三にこの前会った坊主、印玄を仲間に入れてほしいと言われる。
裏稼業のことを話した捨三をぶっ飛ばした主水は、釜場の前にいる印玄を斬るつもりで中に入る。
そこで主水は印玄が丸太を素手で、真っ二つにするのを見る。
怪力に主水が目を見張る。

「生きるも地獄。死ぬも地獄」。
「どこかで仏に会ったなら、俺は仏を殺すかも知れぬ」。
後ろを向けたまま、印玄が地の底から響くような声で言う。

「ふ、ふはははは、ははは」。
印玄が笑う。
こうして印玄が仕置屋に参加することになる。

主水はおこうに、約束の4両を受け取りに行った。
おこうは喜び、おいとの手紙を読んでくれと言った。
しかし主水は「金だけで良いんだ」と言って、読まなかった。

主水たちは、市松を待っていた。
「本当に信用できるのか、あの男…」。
「心配するな、必ず来る」。

「近江屋の奴、気がついてるんじゃねえのか?」
印玄が疑い始めた。
近江屋は突然、長崎に行くことになった。

市松が自分たちが命を狙っていることを、話してしまったのではないか。
早くしないと、仕置きできなくなってしまう。
船に乗ったらお仕舞だ。

その時、市松が姿を現した。
「船出は潮の加減で四つに早まった」。
市松は、そう言った。
「へい」と言って、捨三が動く。

印玄も行った。
主水は市松の分の小判を指差した。
市松がかすかに、だが確かにうなづいた。
しかしその目は、少しも気を許してはいない。

近江屋が船に乗るためにいる船宿に、主水も印玄も捨三もいる。
そして、どこかに市松も。
主水は賄賂を渡しに来た番頭を、密かに刺し殺す。
人が通る。

だがそれは酔っ払いが友人に支えられて、海を見ているようにしか見えない。
人が去ると、主水は手を離す。
番頭は水に落ちた。

捨三が仕込んだ薬で、近江屋は厠に駆け込んでいた。
船頭が風の具合を見て、船を出すことに決めた。
人々が船に乗るため、船宿から出て行く。
近江屋は誰もいなくなった宿の厠から、出て来る。

すっ、と目の前に扇子に乗せた手拭いが差し出される。
誰かわからないが、粋なことをする。
近江屋は手拭いを取ると、手を拭いた。
捨三が見ている。

ぱちん、と、扇子が畳まれる。
市松だ。
扇子の下には、竹串があった。

市松は扇子を畳み、竹串だけを手に取る。
手にかざす。
「どうも…」と言いかけて振り向いた近江屋が、ぎょっとする。
恐怖で叫び声も上げられない。

息を呑んだ瞬間、市松が近江屋を後ろに向かせ、顔を壁に押し付ける。
容赦なく、竹串が首筋に突き刺さる。
声一つ立てることなく、近江屋は白目をむいた。
市松は厠の中に、近江屋を突き飛ばす。

だがその背後、誰もいないと思った庭に1人の小さい女の子が立っていた。
こちらを見ている。
市松の目が、子供を捉える。

ためらいなく、市松が一直線に子供の所へ飛んでくる。
見ていた主水が、仰天する。
迷いもなく、市松は少女の正面に向かって、ムチのように竹串を振り下ろす。

主水が駆け寄ろうとする。
血に染まった竹串の先端が、少女の目の前に突き出された。
だが少女は、微動だにしない。

主水の目が不思議そうになり、市松を見る。
市松もまた、少女に向かって突き出した竹串を裏返す。
少女は動かない。
その視点もまったく、動かない。

波の音が響く。
少女が市松の帯に向かって、手を伸ばした。
市松の手を、少女が手探りで探し当て、触れた。
その手を市松が見る。

主水が大きく、息を吐く。
自分の前に血に染まった竹串があるのに、少女は気づかない。
「おじちゃん、船まで連れてって」。

市松が座り、少女の目を見据える。
そうか。
だから、気配がしなかったのか。
視線を感じなかったのだ。

少女には、何も見えないのだ。
市松の頬に、笑みが浮かぶ。
「おめえ…、1人旅か?」
「うん」。

少女が、あどけない声で答える。
市松が微笑み、ピキンと竹串を折る。
「旦那様!」と店の者が声をかける。
「急いでください。船を出しますよ」。

その声に振り向いた市松は、懐から草鞋を出す。
草鞋を履き、市松は少女を抱きかかえる。
優しい手つきで少女を抱きかかえると、市松は船まで連れて行く。

その優しい仕草、微笑。
これは先ほどまで、本気で少女を殺そうとしていた青年だろうか。
市松という青年、一体どういう青年だ。

しかし見ていた主水に、限りない安堵の表情が浮かぶ。
ホッとしたように、大きいため息が出る。
やっと、微笑む。
主水は歩き出す。

もし、あの少女の目が見えていたら…。
市松は、どうしたのだろう。
自分は、どうしただろう。
そんな考えを振り切るように、主水は歩き出す。


主水のためらいと、裏稼業への復帰。
市松という青年。
これをこの時間で完璧に描ききった、まったく無駄のない話。

市松について、これ以上の紹介の方法はないと言える。
完璧。
1話を見て市松に興味を持つな、なんてことは難しい。
一体この青年、どういう人間なのだ。

主水を殺そうとするのは、殺し屋としてわかる。
その標的から殺しの依頼をされて、市松は理由を問わない。
何故、その男を殺したいのか。

その男が何をしたのか、問わない。
市松にとって、殺しの理由、是非は問わないのか。
そういう流儀で仕事を請けてきたのか。

市松は対決するまで、主水を侮っている。
自分の殺しの腕に、自信と確信を持っている。
主水の依頼を受けたのは、自分が殺す男の最後の頼みを聞いてやるつもりだったのか。
余裕だったのだろうか。

だがその余裕は、見事にひっくり返されることになる。
そもそも、市松の殺しを看破したこと自体が異様なことだったのだ。
市松の美しい顔が驚愕する。
恐怖する。

主水の力量を認めた市松は、主水との仕事を請けることにする。
まだ、主水を殺すことを諦めたわけではないが。
そこは生粋の殺し屋。
近江屋の出発の時間まで、ちゃんと調べてやってきた。

市松という青年を、ものすごい力を入れて作ってるのがわかります。
演じる沖雅也さんが、これに見事に応えている。
ひとつひとつの映し方。

それにしてもなんて、映しがいのある青年だろう。
登場する時に流れる音楽までが、市松を彩っている。
市松が出るだけで、画面から冷気が立ち上る。
氷の微笑。

だがこの話はこれだけでは終わらない。
最後にもう一つ、市松にクライマックスがある。
美しい市松の、優雅な殺し。

だが今回、またしても市松は殺しを目撃される。
なぜ、気が付かなかったのか。
その理由は、少女に気配がなかったのだ。
見ていなかったから。

目撃者に向かってためらいなく、市松は飛んでくる。
血のついた竹串を振り下ろす。
主水が息を呑む。

この時、主水はどうするつもりだったのか。
少女が見ていないことを知ると、市松の表情は一変する。
最後の、温かい微笑。

この青年の本質は、ここにあるのではないか。
しかしそれを引き出すには、どうしたら良いのだろう。
市松にためらいはなかったのか。
どういう青年なのか。

後に市松は、自分は長いことないと覚悟しているということがわかる。
自分のやっていることを、市松は認識している。
子供には限りなく優しく接することも。

市松の少女を前にした、一瞬の表情の移り変わり。
あっという間に、優しい目になるあの演技!
沖雅也、天才だ。
自分はこの一瞬の演技に、目を奪われました。

すばらしいです。
ものすごいものを、見せてくれました。
「必殺」シリーズの第1回は、わりといろんなことが起きるのですが、このオープニングは完璧です。


スポンサーサイト
2016.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3272-67330b11