19歳、いや、20歳になる家の猫が、昨夜というか、日付が変わった12時28分にこちらの世界から旅立ちました。
4月、5月と5日ほどの入院を繰り返していました。
今回の入院は9泊10日目でした。

獣医さんが、入院費をサービスするから、しばらく預からせて欲しいとまで言って治療してくれました。
それで、今日は親戚の法事。
獣医さんにそれは伝えていました。

法事が終わり、帰宅した5時近くに獣医さんからの電話が来ました。
猫がついに動かなくなった。
帰します。
これは「看取る」ことを意味しています。

今回の入院では猫は、非常に検査の数が悪く、治療しても改善しないと言うことでした。
さらに食べない。
1日中、うつらうつら寝ている。
しかし、苦しまない。

これを聞いた時、「あっ、寿命だな」と思いました。
これは聞いた話ですが、自然死に向かっている者は、食べなくなる。
食べない内臓は、栄養が来ないため、活動をやめていく。

次に水も飲まなくなる。
すると、排泄をしなくなる。
栄養もなく、排泄もしない体は、急激に衰えて行く。

意識がなくなり、寝てばかりになる。
そして最後の臓器の心臓が、すうっと鼓動を止める。
苦しまない穏やかな死。
これを自然死と言うそうです。

医療の発達は自然に死に行こうとする体を生かすことも、できるようになった。
家にも帰れず、ひたすら耐えることもある。
苦痛を伴わないなら、看取る覚悟をすることも大切なのではないか。
この話を、思い浮かべました。

それまではもう、はた迷惑なうろたえ方、落ち込み方をしていましたが。
7時近くに猫は帰宅し、その約6時間後に息を引き取りました。
最期は、私の腕の中でした。
やはり最期は苦しかったようでしたが、私の腕の中で猫は落ち着いて、安心していたようでした。

たくさん、たくさん、大好きと言えました。
思い出をありがとう。
愛情をありがとう。
信頼をありがとう。

あなたのおかげで、私の人生は楽しいものになった。
あなたと会えなかったら、私の毎日はどれだけつまらないものになったか。
ありがとうと、感謝できました。

最期、瞳孔が開き、目が濁るまで、猫の瞳には私が映っていました。
いつものように、額にキッスすると、うれしそうでした。
もうおぼつかない手を、私の顔に向かって伸ばして来ました。
最期まで、私をじっと見つめていました。

目を閉じ、体を清めて、いつも寝ている私の隣に寝かせました。
割りと悔いはない看取りが、できました。
前の時、この猫の兄弟の猫にはかなり悔いが残りました。
2010年の秋、草なぎ剛さんが日系移民を演じたドラマの放送中でした。

あまりにつらくて、後にこの時の記事を削除してしまったほどです。
この猫のつらさがあったから、今度は悔いが残らないようにできたと思います。
あの子の経験を生かせた。
だとしたら、あの子はちゃんと生き続けていると、こちらもまた、勝手な考えですが、そうして納得しています。

ペットは天上からのお預りものだから、やがて送り返す時が来ると聞きましたが、そうなのだと思います。
神様にお返しする時が来たのだと思います。
こんなこと言って、喪失感はすごいでしょうし、寂しいでしょうし、明日なんか、いや、しばらくは号泣することでありましょうが。

でも、ありがとうありがとう。
獣医さんありがとう。
良い話を教えてくれた方、ありがとう。
不安とパニックに付き合ってくれた友達ありがとう。

猫ありがとう。
いろんなことに、ありがとう。


追伸:「自然死」「ペットはお預り」のお話の出典は、ハート出版、塩田妙玄さん「ペットがあなたを選んだ理由」の「第6章 祈り」より
さすが、お坊様!


スポンサーサイト
2016.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3280-6f56d549