こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP90年代~それ以前の懐かしい番組 ≫ 「幡随院長兵衛 お待ちなせえ」で意外な人

「幡随院長兵衛 お待ちなせえ」で意外な人

時代劇専門チャンネルで放送している「幡随院長兵衛 お待ちなせえ」。
平幹二郎さん主演で、幡随院長兵衛が江戸一番の元締めになるまでを描いたドラマ。
沖雅也さん、小松政夫さんの出演を見ると、いけない「必殺」好きは「おっ、市松と亀吉!」なんて思ったりする。
第1話でビックリしたのは、出演者の中に「松平健」の名前があったこと。

どこ?
どこにいるの?
そう思って凝視した第1話。

旗本愚連隊、じゃないですが、旗本の無法者のグループが幡随院長兵衛に絡む。
リーダーになって長兵衛に無体を働いたのは、財津一郎さん。
「逃れの街」でヤクザを演じましたが、この方の悪役はなかなか迫力あるんですよね。

旗本愚連隊の中、無法を働く財津さんの背後にいる4人。
その中に見覚えのある顔。
あっ、松平さん!

「暴れん坊将軍」で言えば、街で町人相手に暴れて新さんに追い払われるような役です。
今や、時代劇専門チャンネルでも4ヶ月連続で特集するスター。
松平さんの貴重な出演が見られて、だから昔のドラマっておもしろい。


スポンサーサイト

Comment

勝新太郎
編集
ちゃーすけさん、こんにちは。

>>松平健さん
個人的に「踊るマツケン」と呼んでいる松平健さんですが、
事務所に所属してから「暴れん坊将軍」でブレイクするまで
それなりに時間が経っています。

これは下積み生活のため、と思っていたのですが、
実は「暴れん坊将軍」の主役が決まるまでの間に来た
カメラテスト系の脇役の仕事は、勝新さんが全て
「こいつは主役やらせてこそ映える役者なんだから、端役
なんかやらせるな」と全て断っていた、と言う事です
(当時マツケンさんは勝プロ所属で、勝新さんの付き人扱い)

其処に来たのが「暴れん坊将軍」の主役なんですが、
それまで重めの脇役の経験もあまりないマツケンさんだったので、
京都に撮影に行くに際しては緊張もしたし、覚悟も有ったとの事でしたが、
実際に撮影所に入ったら何処に行っても下にも置かない扱いをされて
拍子抜けしたのですが、後で勝新さんが裏方の隅から隅まで
手を回していて、マツケンさんに嫌がらせや意地悪などできないように
していたのを知った、との事です。
(「暴れん坊将軍」の抜擢も、どうやら勝新さんが手を回していたらしい
形跡もある)
2017年06月17日(Sat) 12:01
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>個人的に「踊るマツケン」と呼んでいる松平健さんですが、
>事務所に所属してから「暴れん坊将軍」でブレイクするまで
>それなりに時間が経っています。

すぐに売れたような印象がありますが、年齢を考えると結構あったんですね。

>これは下積み生活のため、と思っていたのですが、
>実は「暴れん坊将軍」の主役が決まるまでの間に来た
>カメラテスト系の脇役の仕事は、勝新さんが全て
>「こいつは主役やらせてこそ映える役者なんだから、端役
>なんかやらせるな」と全て断っていた、と言う事です
>(当時マツケンさんは勝プロ所属で、勝新さんの付き人扱い)

勝さん、松平さんを本当に大切に育てましたね。
これを読んで、すり減らないように守っていたんだと思いました。
松平さんを記者たちの前で「松平!」と怒った話もそうですね。
記者はこれで、松平さんの名前を覚えたぞ、と。
勝さんが人に慕われるのが、わかります。

>其処に来たのが「暴れん坊将軍」の主役なんですが、
>それまで重めの脇役の経験もあまりないマツケンさんだったので、
>京都に撮影に行くに際しては緊張もしたし、覚悟も有ったとの事でしたが、
>実際に撮影所に入ったら何処に行っても下にも置かない扱いをされて

売れっ子でも、京都の撮影所は別。
怖い、厳しいと言いますよね。

>拍子抜けしたのですが、後で勝新さんが裏方の隅から隅まで
>手を回していて、マツケンさんに嫌がらせや意地悪などできないように
>していたのを知った、との事です。

ナイトクラブではバンドの皆さんにビールをケースで持ってって!って言うような勝さんだから、かなりの気配りをしたんでしょうね。
圧力と言うより、人情で攻めたな、って気がします。

>(「暴れん坊将軍」の抜擢も、どうやら勝新さんが手を回していたらしい
>形跡もある)

新人が大抜擢!でしたもんね。
これは松平さんの一生の宝物になる、という確信があったのでしょうね。
最初の頃こそ、ゲストのベテランさんに貫録で押されていたような印象ですが、しばらくするとさすがの存在感になりました。
勝さんはりっぱに、後継者を育てたと思います。

「座頭市」で松平さんの相手役が浅丘ルリ子さんでしたもんね。
送り出してあげたんだなと思います。

高島礼子さんは松平さんに殺陣を教わったと言って、今の自分は松平さんのおかげだと言っていました。
松平さんもちゃんと、勝さんのように若手を育てたんだと思います。

良いお話をありがとうございました!
2017年06月18日(Sun) 22:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL