こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドラマ ≫ 記憶にございません

記憶にございません

記憶にございません。
流行語になったんじゃないかな?
ロッキード事件で、追求された時に出てきた言葉。
子供はおもしろがっていたけど、成長すると「すごい事件だったんだな…」とわかる。

本日、NHKでシリーズ未解決事件のファイル5が放送されます。
このシリーズは、かなり見応えがあり、毎回必ず見ています。
今回のファイル5は、ロッキード事件!
しかも再現ドラマで、検察の鬼を演じるのは、松重豊さん!

すごい、すごい楽しみ!
放送は第1部と第2部が、7月23日の夜7時30分~10時まで。
第3部が、7月24日の夜9時~10時まで。
再現ドラマは1部と2部のようですが、全部楽しみです。



スポンサーサイト

Comment

「忘れた」と「記憶にない」の狭間
編集
ちゃーすけさん、おはようございます。

>>記憶にない
我々日本人の言語感覚だと「忘れた」と「記憶にない」との間にはそれほど意味の違いは
無い、と捉えると思います。

ですが、「記憶にない」というのは実に巧妙な「偽証」逃れである事を(私も)後から
知りました。

というのは、「忘れた」であれば、仮に「忘れた」と証言した後に、自身がその「忘れた」
内容に関わる事に関与していた記録が出てきた場合、「偽証」としてそれ自体が罰せられます。
ですが、「記憶にない」場合には「記憶にない」内容に自身が関与していた記録が出てきた場合でも、
それ自体では「偽証」に問うことは出来ない、と言うことです。
(山本七平著『洪思翊中将の処刑』より)

この事件(ロッキード事件)に関しては、実はRRが倒産の危機にあってそれへの支援策としての
側面があったり、とか、まだまだ表に出ていない部分が沢山あったりします。
2016年09月06日(Tue) 02:53
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんにちは。

>我々日本人の言語感覚だと「忘れた」と「記憶にない」との間にはそれほど意味の違いは
無い、と捉えると思います。
>ですが、「記憶にない」というのは実に巧妙な「偽証」逃れである事を(私も)後から
知りました。

そうですね。
違うという意識はあまりしていなかったです。

>というのは、「忘れた」であれば、仮に「忘れた」と証言した後に、自身がその「忘れた」
>内容に関わる事に関与していた記録が出てきた場合、「偽証」としてそれ自体が罰せられます。

あっ、と思いました。
そうですね。

>ですが、「記憶にない」場合には「記憶にない」内容に自身が関与していた記録が出てきた場合でも、
>それ自体では「偽証」に問うことは出来ない、と言うことです。
>(山本七平著『洪思翊中将の処刑』より)

自分がこの言葉を使う場合を考えたら、「知っていた」けれど忘れている時「忘れた」と言います。
でも自分がやっていたなら、「忘れた?」「本当に忘れていたの?」と怒られるだろうなと思います。

「記憶にない」と言ったなら。
本当にやったのか、そこは責めても「記憶にない」のだから責めようがないかもしれません…。

なるほど。
実はものすごく計算された言葉だったのですね。
さすがです。

>この事件(ロッキード事件)に関しては、実はRRが倒産の危機にあってそれへの支援策としての
側面があったり、とか、まだまだ表に出ていない部分が沢山あったりします。

この事件は知れば知るほど、闇が深いんですね。
とても追いきれない巨大な何かが潜んでいて…。

おもしろいお話をありがとうございます。
2016年09月10日(Sat) 12:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL