こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPシン・ゴジラ ≫ プロジェクト 「シン・ゴジラ」

プロジェクト 「シン・ゴジラ」

まだうまくまとめられませんが「シン・ゴジラ」。
しつこく書きます。
おそらく、まだ何度か書きます。
さて、賛否両論あるのは当たり前と思える「シン・ゴジラ」ですが、自分としてはこの映画、否定したくないんです。


60年以上前の作品であり、今見れば拙い特撮であったとしても1954年のゴジラは色褪せない。
今回、映画館でこの「シン・ゴジラ」を観た時、思いました。
1954年のゴジラを観た人たちって、こんな感じだったんじゃないかと。
映画を観て、こんな気分だったのではないかって。

1954年の「ゴジラ」は、まだ戦争の傷が生々しい時に生まれている。
実際に戦争の災禍を経験している人たちが、作っている。
観ている人たちにもまだ、強烈な戦争体験があった。
ゴジラによる破壊は、おそらく、かなり生々しかったのではないか。

「シン・ゴジラ」ではゴジラが上陸し、川を昇り、自動車が弾き飛ばされ、建物が崩れる。
街を焼き尽くす。
この光景は、日本を襲った災害を想像する。

瓦礫の下から見える足、靴。
逃げ遅れる家族。
電気が消えた地下鉄にいて悲鳴を上げた人。
地下に逃げた人。

そして、ゴジラが下を向いて壮大に吐き出した炎…。
これが映っているだけだが、これ以上は想像したくない。
これで充分。
目を背けたくなるリアル、生々しさ、無力感と絶望感があった。


1954年の「ゴジラ」は怪獣映画ではあるけど、怪獣を使ってメッセージを放った映画だった。
まず感じるのは、一般市民を巻き込んだ戦争への強烈な怒り。
反戦。

このゴジラで感じる反戦は、綺麗事でもなければ、理想論でも政治的に利用される反戦でもなかった。
どの政治にも思想にも属しない。
経験した者がもつ本当の怒りと哀しみ、強烈なメッセージがあった。

「シン・ゴジラ」にも何の政治的、思想的、イデオロギーは入っていない。
想定外の大災害が日本に起きた時、この国はどうするのか。
政府は、官僚は、国民はどうするのか、どうなるのか。

日本を取り巻く現実を浮かび上がらせた。
そして日本という国、日本人が持っている問題点、美点、底力を描いた。
強烈なメッセージがあると感じた。

こういう感情とメッセージが入った作品は、色あせないと思う。
1954年のゴジラは、色褪せない。
今度のゴジラも、そうであると思う。

どちらも「スクラップ・アンド・ビルド」の日本が作るゴジラ。
日本と日本人を、必要以上に否定も賞賛もしていないと思う。
「スクラップ・アンド・ビルド」の日本だからできた作品。


1954年のゴジラは製作者の人たちがこれを見せたい、伝えたい、感じてほしいと強烈に思ったものを作っている。
他の作品もスタッフさんが言っていたが、「俺はこれを見せたいんだ!」ってものを作ることが大切であると。
それに対しての正誤、善悪、異論は出る。
出るだろうけど、とにかく自分が見せたい・作りたい・伝えたいものを作る。

「シン・ゴジラ」も、これだと思う。
ウケやセオリーから外れても、描きたいものを描いた。
だからこの「シン・ゴジラ」を、嫌いと言う人は、当然いると思う。

いても良いと思う。
でも、これを作ったということは否定したくない。
全て否定するということは、今後の邦画の芽を摘んでしまうことになるんじゃないか。


また、「シン・ゴジラ」はゴジラが東京を破壊する意味も描かず、登場人物の背景も描かない。
今回の災害の中で起きている人間ドラマも描かない。
これは本当に、かなり思い切ったことをしていると思った。

描かないけど、あの、ゴジラという想像したこともない災害に立ち向かう人たちの姿で充分なのがすごい。
ゴジラを題材にした災害・戦闘シュミレーションのようだが、まるでドキュメンタリーを見ているようだった。
「プロジェクトX・ゴジラに立ち向かった日本」というか。
「シン・ゴジラ」で感じる思いは、ドキュメンタリーを見た時の思いと似ているかもしれない。

非難されるかもしれないが、思い切って今の日本に自分が見せたいものを作って見せた「シン・ゴジラ」。
プロジェクトX・ゴジラ。
これを承知した東宝さんも偉い。
応援します、また観ます、買います、書きます。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ちゃーすけさん、連日の更新ありがとうございます。
キーを叩く指の力を感じます。

1954年は「ゴジラ」「二十四の瞳」「七人の侍」が公開された年。
仰る通り敗戦という災禍の記憶がこれら創作に影響を与えました。
(「七人…」はちょっと違うか…)

「シン・ゴジラ」は3.11の災禍を記憶に刻んだ日本人による創作。
日常の常識や想定を遙かに超える現実に、圧倒された経験の影響。
それを描写の底に据えて、過去のパターンを超えようとした作品。
そう思います。

ちゃーすけさんの仰る通り、従来のパターンやステロタイプを離れた邦画の傑作を沢山味わえるようになるきっかけになれば良いですね。
2016年08月18日(Thu) 22:52
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんは。

>キーを叩く指の力を感じます。

ありがとうございます。
こちらこそ、コメントありがとうございます。

>1954年は「ゴジラ」「二十四の瞳」「七人の侍」が公開された年。
>仰る通り敗戦という災禍の記憶がこれら創作に影響を与えました。
>(「七人…」はちょっと違うか…)

いろんな意味で、映画が作れるようになったんでしょうか。
しかしこれらの映画が公開されたなんて、すごい。

>「シン・ゴジラ」は3.11の災禍を記憶に刻んだ日本人による創作。

負傷したり、死ぬところの描写がなかったですよね。
これをリアルに描かれたら、きつかったかもしれません。
そういうところも含めて、観られるようにできていたんだなあと思いました。

>日常の常識や想定を遙かに超える現実に、圧倒された経験の影響。
>それを描写の底に据えて、過去のパターンを超えようとした作品。
>そう思います。

まさに、おっしゃる通りですね。
私もそう思います。

>ちゃーすけさんの仰る通り、従来のパターンやステロタイプを離れた邦画の傑作を沢山味わえるようになるきっかけになれば良いですね。

今までの邦画の傾向を壊しましたからね~。
このヒットをきっかけに、良い映画がたくさん出ると良いですよね。

コメントありがとうございました!
2016年08月20日(Sat) 01:32
「まずは、君が落ち着け」
編集
こんばんは…お久しぶりです。
しばらくご無沙汰している間に、前々から気になっていた『シン・ゴジラ』遅ればせながら観に行ってきました。

思えば“怪獣映画”を映画館でちゃんと観るのは『ガメラ3』以来になります。
あの時は、ガメラがイリスとのラストバトルで“燃え焼けた手”をイリスに突き入れるシーンを観て「おっ、鉄っつぁん!解散無用?」と思ってしまい…まぁ、それはいいか(笑)。

さて『シン・ゴジラ』ですが…うん、とても面白かったです。
巨大な虚構(ゴジラ)と現実(日本)への照射…。
膨大な情報量(台詞)と描かれる想定外の数々…。
観客を心地良い余韻には浸らせてくれない代わりに“物語の余白”へ様々な思いを抱かせる…。
数多の人々がこの映画について賛否を問わず“語りたく”なってしまうのがよく分かった気がします。

ちなみに今回のタイトルは、劇中で僕が妙に気に入ってしまった泉ちゃんの台詞です。
ペットボトル胸ドン(笑)。








2016年09月14日(Wed) 02:00
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは!

>前々から気になっていた『シン・ゴジラ』遅ればせながら観に行ってきました。

ご覧になりましたか!

>思えば“怪獣映画”を映画館でちゃんと観るのは『ガメラ3』以来になります。

リアルタイムでご覧になったんですね。
うらやましいです。

>あの時は、ガメラがイリスとのラストバトルで“燃え焼けた手”をイリスに突き入れるシーンを観て「おっ、鉄っつぁん!解散無用?」と思ってしまい…まぁ、それはいいか(笑)。

そういえば…、鉄っつぁん状態。
あれ、劇場でご覧になった時は、衝撃じゃなかったですか。
終わった、ここで終わった!って。
ガメラも新作が見たいなあ。

>さて『シン・ゴジラ』ですが…うん、とても面白かったです。
>巨大な虚構(ゴジラ)と現実(日本)への照射…。

虚構のゴジラと現実の日本、なるほど、と思いました。

>膨大な情報量(台詞)と描かれる想定外の数々…。

セリフは、はっきり言って追いつかなかったです。
でもおもしろかった。

>観客を心地良い余韻には浸らせてくれない代わりに“物語の余白”へ様々な思いを抱かせる…。

いろんな想像をさせる、大人が楽しめるうまい作りだと思います。

>数多の人々がこの映画について賛否を問わず“語りたく”なってしまうのがよく分かった気がします。

日経ビジネスが特集組んだり。
それぞれの立場で語りたくなる映画でした。
解釈はお好きに、という映画でしたね。

>ちなみに今回のタイトルは、劇中で僕が妙に気に入ってしまった泉ちゃんの台詞です。
>ペットボトル胸ドン(笑)。

話題になってますね、あのシーン。
私も泉政調副会長、好きです。
出世は男の本懐だと言ってましたね。
あの人がいて良かった!
ドラマで見た時「政調副会長!」って言ってしまいました。
まだ語れる映画です。

コメントありがとうございました。
2016年09月14日(Wed) 23:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL