「深イイ話」という番組で、猫の特集をしたことがあります。
この中でアナウンサーの吉川美代子さんと、愛猫ゲンさんを取り上げていました。
ゲンさんは22歳!
でも愛情注がれてかわいがられている動物が持つ目をした、かわいい賢そうな猫でした。

吉川さんは、ご両親を相次いで亡くした時、ゲンさんにとても救われたそうです。
猫に救われた。
これをすぐに自分に置き換えました。

家の19歳の猫が段々、年齢による衰えを見せていた時でした。
ゲンさんの更なる長生きを願いました。
この後、他の番組を見たのか、友人が、吉川さんはゲンさんが夏を越すかと言っていた話をしました。

たぶん、ゲンさんとの時間はあまり残っていない。
だから吉川さんは、ゲンさん最優先。
電話の最中でもゲンさんが甘えて来たら、ゲンさんに構うとのことでした。
幸せなゲンさん。

そのゲンさんが、5月に亡くなったことを知りました。
吉川さん、最期は3日3晩、仕事をキャンセルして付き添ったそうです。
そしてゲンさんは、僕はもう準備ができたから先に行くね、という感じで旅立った。

ゲンさん、きちんと生きて、旅立った見事な最期だったんだなと思います。
吉川さんとゲンさんの絆は、別の段階に行っただけで切れることはない。
でも今まで当たり前のように、そこに存在していたものの姿、感触、声、暖かさ、重さがない寂しさと喪失感は例えるものがありません。

愛情が深ければ深いほど、別れはつらく、喪失感と悲しみは深い。
でもゲンさんは、吉川さんに幸せでいてほしいはず。
自分を幸せにしてくれた人ですから、大好きですから。
書いてて、自分が泣いてるけど。

吉川さん、お疲れさまでした。
お体に気をつけて。
ゲンさんのご冥福をお祈りします。
ゲンさん、おやすみなさい。

スポンサーサイト
2016.08.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3313-38770c9b