マタンゴとゴケミドロ

初めて見ました、「吸血鬼ゴケミドロ」。
1968年の作品だそうです。
これは「マタンゴ」と並ぶ子供が見たらトラウマになる昭和特撮映画では。
同時に「宇宙人東京に現わる」も見ましたが、こちらは和んだ…。

そして、私の携帯の調子が明らかにおかしい。
買い換えになるかなあ。
いろんな設定がやり直しになるのが、つらいっ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

トラウマ

映画「吸血鬼ゴケミドロ」と「マタンゴ」は見たら、トラウマになると同時に一生忘れられないと思います。
「吸血鬼ゴケミドロ」はテロリストの男が割れた額からスライム状のゴケミドロが入り込むシーンが怖いです。
この映画は見た事はありませんが最後はバットエンドで終わってしまう映画だったと思います。
「マタンゴ」ですが、これはテレビで放送されて何度か見ました。
7人の乗ったヨットが嵐で遭難してある島に漂着して、そこに生えているキノコを食べて怪物になってしまう映画でしたが、ただ一人キノコを食べなかった男が助かりましたが顔の半分がキノコの怪物になりかけていたのを覚えています。
この映画を見てキノコが食べられなくなった人もいたそうです。
この映画に出ていた水野久美さんは美人で綺麗な女性でしたがキノコを食べて段々、変になっていくのはちょっと怖かったです。
最後は身体の一部がキノコになりかけていましたが。
この映画は、ある場所に行くと人間の本性とかが変わっていくのがよく出ている映画でもあると思いました。

だめおやじさん

>だめおやじさん

>映画「吸血鬼ゴケミドロ」と「マタンゴ」は見たら、トラウマになると同時に一生忘れられないと思います。

「マタンゴ」は、大人になって見ると、いろんなことを考えさせる映画でした。

>「吸血鬼ゴケミドロ」はテロリストの男が割れた額からスライム状のゴケミドロが入り込むシーンが怖いです。

これは、グロテスクでした~!

>この映画は見た事はありませんが最後はバットエンドで終わってしまう映画だったと思います。

そうなんです!
どうするのかと思っていたら、時すでに遅し。
大量のゴケミドロがやってきていて、外の世界も滅亡していた。

>「マタンゴ」ですが、これはテレビで放送されて何度か見ました。

私もテレビで見た記憶がありますが、怖くて目を覆いながら見ていたと思います。

>7人の乗ったヨットが嵐で遭難してある島に漂着して、そこに生えているキノコを食べて怪物になってしまう映画でしたが、ただ一人キノコを食べなかった男が助かりましたが顔の半分がキノコの怪物になりかけていたのを覚えています。

そうなんです、精神病院で自分が経験したことを語る。
彼はおかしくなっていると、みんな思っているんです。
こんなことなら、自分もキノコを食べれば良かったと彼は言う。

>この映画を見てキノコが食べられなくなった人もいたそうです。

確かにグロテスクですから。

>この映画に出ていた水野久美さんは美人で綺麗な女性でしたがキノコを食べて段々、変になっていくのはちょっと怖かったです。

コケティッシュで、妖艶で水野久美さん、まるで峰不二子でした。
「助けてくれ」とすがる男に嫣然と微笑み、キノコを勧める。
迫力ありましたね。

>最後は身体の一部がキノコになりかけていましたが。

恋人を残してきてしまったが、一緒にあの島でキノコになれば良かった!
だってここ(大都会)も、あの島も同じじゃないか!
そう言って振り向いた顔には、キノコが。

>この映画は、ある場所に行くと人間の本性とかが変わっていくのがよく出ている映画でもあると思いました。

エゴをむき出しにしていく人たち。
人間ドラマとして成功していると思います。

コメントありがとうございました。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード