こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕事人2009~ ≫ せめて切腹

せめて切腹

楽しみにしていた「必殺仕事人2016」が放送。
今回、すご~く期待していたのは、安田顕さん。
期待以上に良かった!
悪役、すごく良かった!

動かない視点が、人を人と思っていない感じを出している。
剣の腕も立つ!
選ばれた人間であるという傲慢さ。
プライドの高さがビシバシ伝わってくる。

最後に、勝負に勝った笑みが歪んでも、せめて切腹と口にするほどのプライドと勝手さ。
悪役は、こうでなくっちゃ。
仕事人って勝負してるんじゃないからね、暗殺だからね。

安田さんを、今度は仕事人サイドで見たい!
裏の顔と表の顔。
二面性があるキャラクター、ハマると思うんです。

あと、出番は少なかったですが、遠藤憲一さんの殺しのシーンは良かったです。
相手が言い訳するのに対して、「事情知らないし」「金少ないし」「早く帰りたい」。
このビジネスライクさ、標的への非情さ、常識はずれなところが、すごく無頼で裏稼業の人っぽかった。

寺島進さんも、良かった。
小五郎の同僚の、平和な日常に登場していたレギュラーが、非業の死を遂げる酷い展開。
容赦のなさが、必殺だなあと思いました。

被害者が、都合で登場した1回限りのキャラクターじゃなかったですから。
娘、いや、あの一家が無事で、まだ良かった。
尾美としのりさんも、やっぱりハマってました。

うさ忠…、お頭に怒られるよ…、と、つぶやいてしまいました、すみません。
酷い展開でしたが、楽しかったです。
魅力的なキャストで、また作って欲しいです。

スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけさん、こんばんは
編集
 初期必殺にハマって以来、年号仕事人はどこか冷めた目で見ていた私。(でもCDは買ってるんですよね・・・おっさんがジャニーズ物を・・・)
 今回はチームナックスのヤスケンですからね。「水曜どうでしょう」じゃないんだからって、見てたら凄い凄い。荒川良々さん以来の「まさかこんな演技するとは現象」でした。妻がチームナックスの大ファンなので、「真田丸」「水曜どうでしょう(再)」そして「2016」と阪神優勝の日本シリーズ三連発本塁打のごとく、ビール飲んで日曜の夜中に大騒ぎしてました。怖くなった私はエンケンの演技を見つつ「真田丸でもあんまり出てこないな~仮面ライダー殺されちゃったぞ」と地味にに楽しんでました。
2016年09月27日(Tue) 01:52
必殺スペシャル最高傑作
編集
「恐怖の大仕事」でしょう。西郷さんの矢島仙十郎は西郷さんの必殺での役柄では一番まともな役柄ではなかったでしょうか?与市も矢島も「仕業人」にでていれば伝説のキャラとして語り継がれてたと思います。剣之介との絡みがメインになりそうですね。このスペシャルは音楽が初期のものに抑えられてどことなく重たい雰囲気が裏か表かに似てる感じもするんですが。両作とも秀が刀で戦ってますし。工藤栄一監督作品でもあります。
2016年09月28日(Wed) 12:49
地味JAM尊さん
編集
>地味JAM尊さん

こんにちは。

>初期必殺にハマって以来、年号仕事人はどこか冷めた目で見ていた私。(でもCDは買ってるんですよね・・・おっさんがジャニーズ物を・・・)

初期必殺は本当に濃いです。
ハードな展開ですしね。
年号仕事人は、テーマ曲をアレンジした殺しのテーマがほしいところです。

>今回はチームナックスのヤスケンですからね。「水曜どうでしょう」じゃないんだからって、見てたら凄い凄い。

ここまでハマるとは思いませんでした。

>荒川良々さん以来の「まさかこんな演技するとは現象」でした。

荒川さんも実にうまかった。
こわかった。

>妻がチームナックスの大ファンなので、「真田丸」「水曜どうでしょう(再)」そして「2016」と阪神優勝の日本シリーズ三連発本塁打のごとく、ビール飲んで日曜の夜中に大騒ぎしてました。

これは楽しかったでしょうね!
ヤスケンさん、幅が広いなあ。

>怖くなった私はエンケンの演技を見つつ「真田丸でもあんまり出てこないな~仮面ライダー殺されちゃったぞ」と地味にに楽しんでました。

(笑)。
エンケンさん、良かったですね。
今回はほんと、楽しめました。

コメントありがとうございました。
2016年10月02日(Sun) 02:25
田舎の仕事人さん
編集
>田舎の仕事人さん。

こんにちは。
初めまして。

コメントありがとうございます。

>「恐怖の大仕事」でしょう。

あれは見応えありました。
映画みたいでした。

>西郷さんの矢島仙十郎は西郷さんの必殺での役柄では一番まともな役柄ではなかったでしょうか?

「まっしぐら!」でも、ちょっとひねった役でしたものね。
あれは最後に、ビックリ。

>与市も矢島も「仕業人」にでていれば伝説のキャラとして語り継がれてたと思います。剣之介との絡みがメインになりそうですね。

ああ、「仕業人」世界に溶け込みますね。

>このスペシャルは音楽が初期のものに抑えられてどことなく重たい雰囲気が裏か表かに似てる感じもするんですが。両作とも秀が刀で戦ってますし。

秀が刀を使うって、かなり追い詰められてるという印象です。

>工藤栄一監督作品でもあります。

工藤監督の「必殺」は容赦ない展開、でもすごく登場人物を魅力的に描くと思います。
今、工藤監督が作ったら、どういう話にするでしょうね。

コメントありがとうございます。
また来てくださいね。
2016年10月02日(Sun) 02:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL