こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPウルトラシリーズ・特撮 ≫ ジャミラの可能性

ジャミラの可能性

子供の頃見ていた番組なのに、大人になって、いろいろなことがわかるようになって見たらすごく切なかった。
そういう話は結構ありますが、これが「ウルトラマン」にあるから驚きです。
当時の製作者は子供の心に残って、考えてくれるきっかけになればいいと思って作ったんでしょうか。
子供と一緒に見ている大人に対して、作っていたんでしょうか。

以前にも書きましたが、「ジャミラ」という怪獣。
あれはほんと、大人になって、働くようになって見るとすごく切ない。
国際平和会議のために集まってきた世界のVIPが乗った飛行機が、次々襲われる。

見えない円盤による攻撃とわかった科学特捜隊によって、円盤が可視化される。
するとそこから現れたのは、ジャミラだった。
名は、国際平和会議にやってきたVIPの一人が、円盤から現れた怪獣を見て叫んだことからわかった。

ジャミラは怪獣ではなかった。
元は宇宙飛行士だったが事故により、水も空気もない惑星に放り出されたのだ。
各国による宇宙開発競争。

ジャミラは見捨てられた。
だがジャミラは生き延びた。
そのため、怪物化した。

自分を見捨てた国家に復讐するため、自分の宇宙船を改造し、地球にやってきたのだ。
ジャミラにとって、「故郷は地球」なのだ。
それを知った科学特捜隊のイデ隊員は叫ぶ。
「ジャミラは俺たちの仲間じゃないか」。

しかし「ジャミラの正体が知られないよう、怪獣として始末する」決定が下される。
ジャミラのやっていることは正当な復讐でも、巻き込まれるのは何も知らない、罪もない市民。
その市民生活が破壊され、犠牲が出る限り、ジャミラは排除されなければならない。

一般市民、それさえにも罪があると、ジャミラは言いたいかもしれない。
何も知らずに平穏に生活していることが、罪だと。
だがそれは現代の社会では、テロリストの論理に近い。

イデ隊員は叫ぶ。
人間の心を忘れたのかと。
それに反応したか、ジャミラは一度は去る。

しかし再び、国際平和会議の会場を襲う。
ウルトラマンがやって来る。
スペシウム光線ではなく、ジャミラはウルトラマンが放つ水流により倒れる。

命を育むための水は、怪物化したジャミラを溶かすものでしかなくなっていた。
水の惑星・地球。
故郷は地球なのに。
ジャミラはもう、水の惑星に住めない。

泥の中、溶けていくジャミラは泣き叫ぶ。
大地を叩き、足をばたつかせながら泣き叫ぶ。
そしてジャミラは溶けていく。
大地に拳を叩きつけ、足をバタバタさせて、溶けながら嘆き叫ぶジャミラ。

どこにも彼の行く場所はない。
ウルトラマンにも、科学特捜隊にも怪獣を倒した笑顔はなかった。
ジャミラの墓が建てられた。
墓碑には「人類の夢と科学の発展のために死んだ英雄ジャミラ」とあった。

イデ隊員は言う。
「いつでもそうだ」。
「文句だけは美しい」。

これはきつい話ですねえ…。
組織が個人を守らず、見捨てる時。
人はジャミラの気持ちがわかる。

会社のために、組織のために、やってきたのに。
いろんなものを犠牲にしてきたのに。
会社は、組織は、自分をあっさり捨てるのかと。

ジャミラは個人と国家の象徴でしたが。
誰かが泣き寝入りしなくてはならない時、それをどううまく収めるか。
納得させるか。
それが政治力だと聞きました。

自分を見捨てた国家に対する復讐、怨念でジャミラは生き延び、帰ってきた。
そして復讐を実行した。
結果、ジャミラは泥の中、泣き叫びながら溶けていった。
最期に、自分の国の国旗に手を伸ばそうとしながら。

逆らったら自分は怪獣で、ウルトラマンがやっつけに来る。
これを仕方のないことと、自分がジャミラになっても言えるだろうか。
納得できるだろうか。

自分は科学特捜隊じゃないし、ウルトラマンでもない。
ジャミラになる可能性は、誰にもある。
そう気づいた時、かつての子供はどうしたらいいか。
「子連れ狼」の拝一刀みたいに強くて、立ち向かって生き抜いていけたら良いんですけどね。


スポンサーサイト

Comment

ウルトラシリーズは考えさせられる話が多いですよね
編集
初代マンなら、ウ―やヒドラ、考えようによってはゴモラやシーボーズも・・・
この手の話だと膨大にすそ野が広がりそうなので止めておきますが、ウルトラ水流で溶かされるジャミラの声は赤ん坊の泣き声をサンプリングしたとかしないとか・・・。

セーターに首突っ込んで「ジャミラ!」とかやってた、頭の悪い小学生の自分をひっぱたいてやりたくなりました。(MXで毎週やってますね)
2016年10月25日(Tue) 02:10
地味JAM尊さん
編集
>地味JAM尊さん

こんばんは。

>初代マンなら、ウ―やヒドラ、考えようによってはゴモラやシーボーズも・・・


ウーも悲しいです。
これもウルトラマンが正義に見えなくなるかもしれない。
シーボーズもかわいそうだし。

>この手の話だと膨大にすそ野が広がりそうなので止めておきますが、ウルトラ水流で溶かされるジャミラの声は赤ん坊の泣き声をサンプリングしたとかしないとか・・・。

話が広がるってすごいことですね。
あの胸に迫る声は、赤ちゃんの声だとしたら納得です。
当時のスタッフのセンスはやはり、すごい。

コメントありがとうございました。

セーターに首突っ込んで「ジャミラ!」とかやってた、頭の悪い小学生の自分をひっぱたいてやりたくなりました。(MXで毎週やってますね)
2016年10月28日(Fri) 00:18
「子供向け」と「子供だまし」
編集
ちゃーすけさん、こんばんは。

実相寺監督が、のちに「ウルトラセブン」について以下のように語っています。
「子供向け番組は作ったが、子供だましの番組を作った覚えはない」
と。

例えば「ウルトラマン」「ウルトラセブン」のOP主題歌は合唱と合奏の組み合わせで
作られています。
これは、
「主題歌を歌う時に皆で仲良く歌って楽しんで欲しいし合唱の良さを知ってほしい」
「合奏音楽の良さを知ってほしい」
という思いからこのような構成になっています。
(ウルトラセブンのOPで色々なパートの歌唱者が居る(その中にはウルトラセブンの
人間体である森次晃司さんも含まれる)のはその為です)

ですので、当然脚本も「子供向け」には書かれていますが、作った側は「子供だまし」
なものは作っていないと考えて良いと思います
(ウルトラセブンで言えば、市川森一氏なども脚本に参加しています)。

ウルトラマンやウルトラセブンで必ずしもウルトラマンやセブンが活躍する訳ではない
回が結構あるのも、その為です。
2016年10月30日(Sun) 03:17
普段と違う顔を見せている
編集
このジャミラの回はウルトラマンの中でも印象に残る回だと思います。
行方不明になった宇宙飛行士ジャミラが水のない星に行って怪獣になって暴れて、最後はウルトラマンに水をかけられて絶命するシーンは忘れられません。
あと、普段はドジばかり踏んでいるイデ隊員がいつもと違う顔を見せていました。
ウルトラマンの作品の中で一番悲しい作品だと私は思いますが。

あと、ウルトラマンに出てきた怪獣でジラースと言う怪獣がいました。
ちゃーすけさんはご存知だと思いますが、ゴジラに襟巻きをつけた怪獣でした。
ウルトラマンと戦ったときに襟巻きが取れてゴジラになりましたが最後はどこかにとどめを差した後に口から血を出して倒れてしまいますが、ウルトラマンが倒れたジラースに取れた襟巻きを付けました。
これ見たとき、武士の情けだと思ってしまいました。
2016年11月01日(Tue) 18:47
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>実相寺監督が、のちに「ウルトラセブン」について以下のように語っています。
>「子供向け番組は作ったが、子供だましの番組を作った覚えはない」
>と。

納得!
これってすごく大切なことですね。
子供の心に残る番組になっている。

>これは、
>「主題歌を歌う時に皆で仲良く歌って楽しんで欲しいし合唱の良さを知ってほしい」
>「合奏音楽の良さを知ってほしい」
> という思いからこのような構成になっています。

えー!
そこまで考えていたんですか!
これ見て育った人には、この当時の大人の愛情ある番組でできている部分があると思います…。
そう言いたいぐらい、ちゃんと向き合って作っている。

>(ウルトラセブンのOPで色々なパートの歌唱者が居る(その中にはウルトラセブンの
>人間体である森次晃司さんも含まれる)のはその為です)

森次さんがいらっしゃるんですか。
あと、有名人もちらほらいると聞きましたが。

>ですので、当然脚本も「子供向け」には書かれていますが、作った側は「子供だまし」
>なものは作っていないと考えて良いと思います
>(ウルトラセブンで言えば、市川森一氏なども脚本に参加しています)。

メトロン星人とか、深いこと言ってます。
今でも通じる。
メフィラス星人もですね。
大人になってからです、メフィラス星人ってメフィストフェレスから来ているのかと思ったのは。
すごいなと。

>ウルトラマンやウルトラセブンで必ずしもウルトラマンやセブンが活躍する訳ではない
>回が結構あるのも、その為です。

子供の頃は、今日はウルトラマン、またはセブンの出番があんまりなかったなあと思っていましたが、実はこれこそが大人の鑑賞に堪える作りなのだとわかったのは、またまた大人になってからです。

興味深いお話をありがとうございました。
2016年11月04日(Fri) 02:09
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんばんは。

>このジャミラの回はウルトラマンの中でも印象に残る回だと思います。

これ、相当残りますよね。

>行方不明になった宇宙飛行士ジャミラが水のない星に行って怪獣になって暴れて、最後はウルトラマンに水をかけられて絶命するシーンは忘れられません。

実に悲しそうで、無念そうで。
スペシウム光線じゃないです、水です。
悲劇でした。

>あと、普段はドジばかり踏んでいるイデ隊員がいつもと違う顔を見せていました。

そうなんです、普段はコミカル担当みたいなイデ隊員の言葉が重い。
コミカルなイデ隊員だから重い。
あれをイデさんに言わせて、いつものように明るく楽しく振る舞わせなかったところも鋭い。

>ウルトラマンの作品の中で一番悲しい作品だと私は思いますが。

私もそう思います。
自分の周りも「あれは悲しかったねえ…」と、覚えている人が多いです。

>あと、ウルトラマンに出てきた怪獣でジラースと言う怪獣がいました。
>ちゃーすけさんはご存知だと思いますが、ゴジラに襟巻きをつけた怪獣でした。

いっ、いました。

>ウルトラマンと戦ったときに襟巻きが取れてゴジラになりましたが最後はどこかにとどめを差した後に口から血を出して倒れてしまいますが、ウルトラマンが倒れたジラースに取れた襟巻きを付けました。
>これ見たとき、武士の情けだと思ってしまいました。

おお、そうですね。
改めて子供の頃、本当に良い番組を見ていたんだなあと思います。

コメントありがとうございました。
2016年11月04日(Fri) 02:21
「ジャリ番」
編集
ちゃーすけさん、こんばんは。
お返事ありがとうございます。

>>えー!
>>そこまで考えていたんですか!
>>これ見て育った人には、この当時の大人の愛情ある番組でできている部分があると思います…。
>>そう言いたいぐらい、ちゃんと向き合って作っている。
歌のイントロ部分が各種パートの複合の掛け声、
歌の本題が老若男女による合唱、
曲はトロンボーンとホルンによるスコアを中心に書いている、というのは、
沢山の人間による集合での合唱、曲についてはフル編成の楽団による演奏を基本として
作られています。
歌については実は歌詞を二組作って、子供たちに評判の良かった方が我々の良く知る
歌詞として採用されています。

沢山の人間による集合での合唱、というのは、実は児童による集団合唱を考慮して
作られており、それは制作陣の「仲間はずれを出さないでみんなで歌ってほしい」
という思いの現れです。

>>森次さんがいらっしゃるんですか。
>>あと、有名人もちらほらいると聞きましたが。
森次晃司さんは実はシャンソンを歌わせるとプロはだしの実力の持ち主です。

>>メトロン星人とか、深いこと言ってます。
>>今でも通じる。
>>メフィラス星人もですね。
>>大人になってからです、メフィラス星人ってメフィストフェレスから来ているのかと思ったのは。
>>すごいなと。
最初にタイトルにしましたが、「子供だまし」と「子供向け」との間には深い溝が
有るとも思います。
子供向けといえども「子供だまし」に堕しては良いものは出来ない、と言う事でも
有りましょう。

「ウルトラマン」「ウルトラセブン」とは直接の関わりは有りませんが、
「円谷プロに育てられた」と堂々述べておられた方の一人に岸田森さんがおります。
(「帰ってきたウルトラマン」などで脚本も書いておられる)
後に岸田森さんが亡くなられた際に、実相寺監督が当時寄稿していたゲーム雑誌に
追悼文を上梓しており、その中で「岸田森さん自身は特撮に出るのも大好きで、
『太陽戦隊サンバルカン』の長官役(嵐山長官)の話をする時には本当に楽しそうだったが、
今となればそれ以外でも面白い映画に主演で使ってみたかった」というような事を
書いておられました。
(因みにサンバルカンのラスボスを倒したのは嵐山長官だったり(必殺技のシャウト付き))
2016年11月09日(Wed) 23:45
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ちゃーすけさん、こんばんは。
お返事ありがとうございます。

>沢山の人間による集合での合唱、というのは、実は児童による集団合唱を考慮して
>作られており、それは制作陣の「仲間はずれを出さないでみんなで歌ってほしい」
>という思いの現れです。

ああ、良い、本当の大人ですね…。

>森次晃司さんは実はシャンソンを歌わせるとプロはだしの実力の持ち主です。

おお、そうだったんですか!

>最初にタイトルにしましたが、「子供だまし」と「子供向け」との間には深い溝が
>有るとも思います。
>子供向けといえども「子供だまし」に堕しては良いものは出来ない、と言う事でも
>有りましょう。

子供なんだから、怪獣出して、ヒーローがやっつければ満足するだろう。
子供だから、こんな特撮見せれば満足するだろう。
そんな気持ちは欠片もありませんね。
プロの仕事をしています。

>「ウルトラマン」「ウルトラセブン」とは直接の関わりは有りませんが、
>「円谷プロに育てられた」と堂々述べておられた方の一人に岸田森さんがおります。
>(「帰ってきたウルトラマン」などで脚本も書いておられる)

岸田さん、「怪奇大作戦」では本当に素晴らしい主演俳優だと思いました。
子供番組じゃないかなんて思っている人がいたら、それは大きな間違い。

>後に岸田森さんが亡くなられた際に、実相寺監督が当時寄稿していたゲーム雑誌に
>追悼文を上梓しており、その中で「岸田森さん自身は特撮に出るのも大好きで、
>『太陽戦隊サンバルカン』の長官役(嵐山長官)の話をする時には本当に楽しそうだったが、
>今となればそれ以外でも面白い映画に主演で使ってみたかった」というような事を
>書いておられました。

別番組で、実相寺監督とこの番組とどっちが大事なの!って聞かれた岸田さん、「実相寺さん!」って即答したそうですから。
そう言いながら、ちゃんとやってはくれたそうですが。
特撮番組に出ている岸田さんを見ると、本当に自由な人だったんだなと思います。
「京都売ります」なんて見ると、岸田さんの映画がもっと見たかったなと思わずにいられません。

>(因みにサンバルカンのラスボスを倒したのは嵐山長官だったり(必殺技のシャウト付き))

え…。
見たい。
本当に岸田さんは惜しい。
岸田森さん、成田三樹夫さん、菅貫太郎さんはいつ思い出しても、早過ぎる…と言いたくなってしまう俳優さんです。

興味深いコメント、ありがとうございました!
2016年11月12日(Sat) 01:11
シン・ゴジラと岸田さん
編集
ちゃーすけさん、お久しぶりです。

ジャミラの監督は実相寺監督なのですが、監督は実はあまりウルトラマンに
思い入れが無かったようで、その分怪獣への思い入れが強かった、という
話がありまして、その思いの現れの一つの形として本話が撮られた、
という一面が有ります。

テレビや映画の現場では「ジャリ番」などと呼ばれて、低い扱いをされる
傾向が有る特撮系番組ですが、最初に出たのが特撮系だったお陰で丁寧に
訛りを矯正して貰ったり(岸田さんと誠直也さんのお話(「シルバー仮面」
にて))、滑舌の悪さを窘められたりして直したり(小林昭二さんと
宮内洋さんのお話)、その後の俳優人生を大きく左右する出会いが有ったりも
します。

さて、タイトルにしている岸田さんとシン・ゴジラの関係ですが、
前のコメントで岸田さんが「帰ってきたウルトラマン」で脚本を書いていた、
という事に触れたと思います。

岸田さんの書いた脚本(朱川審名義)が本編になったものの一つに、
「残酷・光怪獣プリズ魔」
が有ります。
これを見て強い影響を受けた一人が、誰あろう庵野秀明監督だったりします
(エヴァンゲリオンのTV版第五使徒、映画版第6の使徒登場時の効果音は
「プリズ魔」の効果音をそのまま使用しています。これはヤマトスキー
で帰りマンスキーの庵野監督の趣味全開の起用だったりします)。
2016年12月18日(Sun) 01:57
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。

>ジャミラの監督は実相寺監督なのですが、監督は実はあまりウルトラマンに
>思い入れが無かったようで、その分怪獣への思い入れが強かった、という
>話がありまして、その思いの現れの一つの形として本話が撮られた、
>という一面が有ります。

ああ、そうだったんですね。
確かに怪獣側の事情に重点が置かれていますね。

>テレビや映画の現場では「ジャリ番」などと呼ばれて、低い扱いをされる
>傾向が有る特撮系番組ですが、最初に出たのが特撮系だったお陰で丁寧に
>訛りを矯正して貰ったり(岸田さんと誠直也さんのお話(「シルバー仮面」
>にて))、滑舌の悪さを窘められたりして直したり(小林昭二さんと
>宮内洋さんのお話)、その後の俳優人生を大きく左右する出会いが有ったりも
>します。

皆さん、その後、活躍されていますもんね。
森次さんだって、かなりしごかれたんですよね。
だから良いお仕事されています。

子供が見る番組だから、レベルが低いなんて思っているとしたら、それは失礼な話です。
いい加減に作っている、この程度で良いだろうなんて思って作っていたらそれはわかると思います。
余計な知識や配慮がない分、評価はまっすぐなんじゃないでしょうか。

>岸田さんの書いた脚本(朱川審名義)が本編になったものの一つに、
>「残酷・光怪獣プリズ魔」
>が有ります。
>これを見て強い影響を受けた一人が、誰あろう庵野秀明監督だったりします

ええええーっ!
そうだったんですか!
だからああなったんですね!

>(エヴァンゲリオンのTV版第五使徒、映画版第6の使徒登場時の効果音は
>「プリズ魔」の効果音をそのまま使用しています。これはヤマトスキー
>で帰りマンスキーの庵野監督の趣味全開の起用だったりします)

ひえー!
ビックリ!
あのゴジラは岸田さんあってのゴジラだったとは。
いやー、感動しました。

ああ、岸田さんに見ていただきたかった…。

非常に貴重なお話ありがとうございました。
2016年12月18日(Sun) 02:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL