9月28日の夜のこと。
家の廊下には、センサーつきのライトを置いています。
人が通ると灯りがついて、何十秒かすると消えるものです。

9月28日の深夜26時近く。
寝ているベッドからふと、ドアの方を見ました。
すると、廊下でセンサーライトがついている。

でも、誰もいない。
誰かが廊下に出て、おトイレに行って帰ってきてまだライトだけがついているのか。
でも今、他の部屋には誰もいない。
廊下に出てみたが、やっぱり誰もいない。

こんなこと初めてでした。
誰もいないはずの廊下でセンサーライトがついたら怖いな、なんて思うことはありました。
それが今、現実に起きてる。

センサーライトがついている。
誰もいない廊下で、ついている。
部屋にいるはずの子猫が、廊下に出てしまっているのかも。

そう思って子猫を探そうとしたら、自分がいた部屋から子猫が飛び出してきた。
やっぱり、子猫も廊下にいなかったんだ。
じゃあ、どうしてセンサーライトは反応したんだろう?

虫か何かなんでしょうね。
朝、家族に話したら、虫じゃ反応しないよって言われましたけど。
合理的な理由があるんでしょう。

でも自分が、ほんとに思ったことを言えば…。
3ヶ月前に旅立った、19歳の猫のような気がしました。
廊下に、あの子が来ていた。
あの子に反応して、ライトがついた。

そんな気がしました。
違うって、ハッキリとした証明がされないなら。
誰にも迷惑がかからず、そう考えて気持ちが穏やかになるなら。
そう思って良いんじゃないか。

こんな風に思ったので、そうだということにしました。
猫だよ。
猫がいたんだ。

でも…。
そこまで来たら、いつもしてたように枕の上に来てくれていたなら良いな。
あれから、誰もいない廊下のセンサーライトがついていることはない。


スポンサーサイト
2016.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3338-1bd60a78