猫がいたんだ

9月28日の夜のこと。
家の廊下には、センサーつきのライトを置いています。
人が通ると灯りがついて、何十秒かすると消えるものです。

9月28日の深夜26時近く。
寝ているベッドからふと、ドアの方を見ました。
すると、廊下でセンサーライトがついている。

でも、誰もいない。
誰かが廊下に出て、おトイレに行って帰ってきてまだライトだけがついているのか。
でも今、他の部屋には誰もいない。
廊下に出てみたが、やっぱり誰もいない。

こんなこと初めてでした。
誰もいないはずの廊下でセンサーライトがついたら怖いな、なんて思うことはありました。
それが今、現実に起きてる。

センサーライトがついている。
誰もいない廊下で、ついている。
部屋にいるはずの子猫が、廊下に出てしまっているのかも。

そう思って子猫を探そうとしたら、自分がいた部屋から子猫が飛び出してきた。
やっぱり、子猫も廊下にいなかったんだ。
じゃあ、どうしてセンサーライトは反応したんだろう?

虫か何かなんでしょうね。
朝、家族に話したら、虫じゃ反応しないよって言われましたけど。
合理的な理由があるんでしょう。

でも自分が、ほんとに思ったことを言えば…。
3ヶ月前に旅立った、19歳の猫のような気がしました。
廊下に、あの子が来ていた。
あの子に反応して、ライトがついた。

そんな気がしました。
違うって、ハッキリとした証明がされないなら。
誰にも迷惑がかからず、そう考えて気持ちが穏やかになるなら。
そう思って良いんじゃないか。

こんな風に思ったので、そうだということにしました。
猫だよ。
猫がいたんだ。

でも…。
そこまで来たら、いつもしてたように枕の上に来てくれていたなら良いな。
あれから、誰もいない廊下のセンサーライトがついていることはない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

あの子は気まぐれ?

こんにちは。
誰もいない、何も無い…だけど、何かが来てくれた。
きっと、その“何か”は今も忘れない、逢いたいあの子…。
そう思えることで、まだ繋がりを感じられる…想いが残る。
ふとした気まぐれで来てくれたのかも知れませんよ?
だってほら、あの子たちはいつでも自由だから(笑)。

僕の所にあの子はまだ来てくれません。
小さな思い過ごしもたまにはしてみたいけど、気まぐれでワガママで忘れっぽい質(たち)でしたから、今後も期待は薄いかな(笑)。

キラさん

>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>誰もいない、何も無い…だけど、何かが来てくれた。
>きっと、その“何か”は今も忘れない、逢いたいあの子…。
>そう思えることで、まだ繋がりを感じられる…想いが残る。

合理的な理由がちゃんとあるのかもしれませんが、不思議な気持ちでした。
会いたい気持ちがあるから、そう感じてしまうんでしょうが。

>ふとした気まぐれで来てくれたのかも知れませんよ?
>だってほら、あの子たちはいつでも自由だから(笑)。

ですよね。
そう思ってもいいですよね。
こちらには計れない気まぐれな行動を取る、自由な子たちなので、どうしたら来てくれるのかわかりませんが。

>僕の所にあの子はまだ来てくれません。

来ているかもしれませんよ。
前に書きましたが、私は寝言で名前を呼んでいたそうです。
優しい声で。
あんな優しい声で語りかけるのは、あの子だろうと言われました。
でも自分は全然覚えていないんです。
夢で逢っているのかもしれません。

>小さな思い過ごしもたまにはしてみたいけど、気まぐれでワガママで忘れっぽい質(たち)でしたから、今後も期待は薄いかな(笑)。

幸せで、思い残すことが何もないのかも。
それでもたまに来てほしいですね。
忘れることはできませんから。
「そんな思い出をくれて、ありがとう」ですが、また会いたい。

コメントありがとうございました。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード