こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕舞人 ≫ 美しい

美しい

今、「必殺仕舞人」を見ていて、惚れ惚れするのは京マチ子さんの美しさです。
初めて見た時は、何といっても子供というか、あまりに未熟者だっただけにわからなかった。
遥か年上のため、その魅力は良くわからなかった。
しかしこの人は、若い頃、誰もが振り向くものすごい美女だっただろうということはわかった。

今見ると、この年齢でこの美しさを保つこと自体が、脅威であることが良くわかる。
加えて踊りの美しさ。
踊っている一座の娘たちもはつらつと踊っているが、群を抜いて踊りが綺麗。
京マチ子さんが中心にいると、本当に花が咲いたようになる。

あの山田五十鈴さんの仕草も美しいが、京マチ子さんも美しい。
山田さんがのれんをちらりとめくる時の、指先が艶めかしい。
京マチ子さんもまた、階段を上がる時、お座敷に呼ばれて手を揃えて挨拶する時。
指先がとても艶めかしい。

立ち姿、少し体を斜めに立つ姿が美しい。
肩先がとても華奢。
着物の裾に添えた手にまで、神経が行き届いている。

そう言えば、草笛光子さんも美しかった。
品格があった。
加えて彼女たちは厳しく、芯が強いが、人に対する優しさがある。
人生にいろんなことがあったことを思わせる。

それが糧になり、人に対する優しさになっていることを思わせる。
だから厳しくても、彼女たちは慕われる。
男性から見ても、女性から見ても魅力的。
どちらから見ても、「いい女」だなあという言葉がピッタリ。

「必殺」の殺し屋の女性たちの仕草の美しさ。
妖艶さ。
素敵な女っぷり。

市原悦子さんが「うらごろし」で「おばさん」と呼ばれる役を演じていますが、彼女だってたおやか。
決して、女性を捨てているわけじゃないということがわかる。
それらを的確にとらえ、表している撮影スタッフの力もすごい。

昔読んだマンガ「ガラスの仮面」で、なぜ、日舞を習うかと説明しているシーンがありました。
踊るわけじゃないんだ。
指先まで神経が行き届いた美しい姿、着物の時の動きを習う、と、そんなことを言っていたと思います。
まさにそれだと思います。

あまりに未熟な時はわからなかった、彼女たちの美しさ。
やっぱり、基礎がしっかりしているということは強いことなんだな。
こういうのが残っていて、本当に良かった。
彼女たちもまた、まさに日本の美だと、「必殺」を見て思ってしまうのでした。


スポンサーサイト

Comment

所作を魅せる
編集
ちゃーすけさん、こんばんわ。

草笛光子さん、山田五十鈴さん、京マチ子さん、高峰美枝子さん。
芸歴も芸風も路線も異なるベテラン女優たちが、「必殺」に出演し続けたこと。
「必殺」はいわばキワモノ、下手味の低予算テレビ映画だったのに。
それだけ、芝居を美しく魅力的に撮ってくれるということなのでしょう。

着物の艶やかさは二の次にして、大女優たちをアップで追う魅力。
目の芝居、表情の語り、手先指先、裾捌きの芝居。
それらに大胆に寄って撮る。素早いカットでつないでいく。
劇場版時代劇の明るくフラットな照明に基づくロングショットじゃない。
不鮮明なブラウン管で魅せるために、極端な照明とトリミングのモンタージュ。
それらが描き出す美に、大女優自身も価値を置いたはず。

草笛さんがやや若かったでしょうが、皆さん妙齢での出演だった訳です。
若い女性ならではの容姿美ではなく、成熟した女性の所作の美、仕草の美。
自分の美をフィルムに収めてくれることに信頼を置いていたのでしょう。

それら撮り重ねた画は、必殺シリーズが長く楽しめる価値のひとつです。
2016年11月12日(Sat) 18:07
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>草笛光子さん、山田五十鈴さん、京マチ子さん、高峰美枝子さん。

そうそうたるメンバーですよね。
名監督の名作に出演した大女優さんたちです。

>芸歴も芸風も路線も異なるベテラン女優たちが、「必殺」に出演し続けたこと。
>「必殺」はいわばキワモノ、下手味の低予算テレビ映画だったのに。

彼女たちを映画のスクリーンで見ていたファンは、最初、仰天したんじゃないでしょうか。
しかも彼女たちが凄腕の殺し屋で、悪党を葬り去るとは。
当時のファンはそんなことをするようになるとは、夢にも思っていなかったに違いありません。

女優さんたちだって、思いもしなかった。
でも出演をOKするだけのことがあった。
自分たちを美しく撮ってくれると確信したんですね。

>それだけ、芝居を美しく魅力的に撮ってくれるということなのでしょう。

確かにこの女優さんたちを見たら、出演するのも納得できます。
美しい、そしてかっこいい。
こんな姿を残してくれるなんて。
実際、彼女たちが登場すると、画面がぱあっと明るくなります。
花が咲いたようです。

>着物の艶やかさは二の次にして、大女優たちをアップで追う魅力。

また、女優さんたちに、それに耐えるほどの力がありますよね。
本当の芸がある。

>目の芝居、表情の語り、手先指先、裾捌きの芝居。
>それらに大胆に寄って撮る。素早いカットでつないでいく。

そうです、本当にそうです。
アクションの時でさえ、動きが流れるようにたおやかで美しい。

>劇場版時代劇の明るくフラットな照明に基づくロングショットじゃない。
>不鮮明なブラウン管で魅せるために、極端な照明とトリミングのモンタージュ。

すばらしい分析ですね!
本当にそうだと思います。

当時は画期的だったでしょうね。
奥行きの出し方、光と影の演出。
「仕事屋」のDVDを見た友人があとで違う時代劇を見た時、「画面が違う!」と思ったそうです。
画面が美しい!と。

>それらが描き出す美に、大女優自身も価値を置いたはず。

これで撮ってもらいたいと思わせる画面だったんでしょうね。

>草笛さんがやや若かったでしょうが、皆さん妙齢での出演だった訳です。

ここですね。
ヒロインを若い女優にしないで、もう少し歳が上の大女優を中心に据えたドラマが作れた。
大人の作り方だと思います。
作り手が大人なんです。
だから大人が楽しめる。

>若い女性ならではの容姿美ではなく、成熟した女性の所作の美、仕草の美。
>自分の美をフィルムに収めてくれることに信頼を置いていたのでしょう。

これはいろんな意味で、成熟した目がなかったらできないことですねえ…。
大女優たちの信頼が厚いわけです。

>それら撮り重ねた画は、必殺シリーズが長く楽しめる価値のひとつです。

今見ると初めて見た時より、彼女たちの魅力がよくわかるんです。
大人になったらなったなりの楽しみができる作品なんですね。

コメントありがとうございました!
2016年11月19日(Sat) 01:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL