時代劇専門チャンネルで村上弘明さん主演の「腕におぼえあり」を見ています。
ちょうど第1シリーズが終了し、第2シリーズに入ったところです。
この第1シリーズは、平成4年の放送。

見ていると、主人公・青江又八郎の許嫁・由亀の弟・平沼麟之丞に見覚えがある。
あっ、香取慎吾さん!
今から24年前の香取慎吾さんです。

姉の許嫁の又八郎を、父の仇として討たねばならない。
又八郎は藩主毒殺の陰謀を知ったため、由亀の父に襲いかかられる。
そのため由亀をやむなく斬ってしまい、由亀とは仇同士となってしまう。

脱藩し江戸で「腕におぼえあり」と用心棒稼業をして暮らす又八郎。
その任務遂行と同時に、藩からの追っ手も、かわさねばならない。
やがて又八郎は赤穂の浪人たちと知り合い、仇討ちに関わっていく。
そしてついに赤穂浪士の仇討ちを見届けた又八郎は、自らの事件にも決着をつける決心をする。

香取さんの麟之丞は内面では悩んでいるが、青年らしいまっすぐさで又八郎に向かってくる。
しかし元々は又八郎を慕っていた麟之丞。
真相がわかり、又八郎の人柄を改めて知り、仇ではないと認識し行動を共にする。

香取さんは「沙粧妙子・最後の事件」の犯人、谷口役よりも前ですね。
やっぱり光ってます。
まだ子供の面影があるけれど、しっかりした演技している。
こうして見ると、本当にすごいキャリア長いんですね。

いや~、思わぬものを見せてもらいました。
意外な人を見た気持ち。
「腕におぼえあり」もかなり、良いドラマ。
「用心棒日月抄」を原作とするドラマの中では、自分は一番好きです。


スポンサーサイト
2016.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3352-f67a49c9