時代劇専門チャンネルで「桃太郎侍」を見ていました。
終わって、次は「長七郎江戸日記」。
ところが終わった「桃太郎侍」が、なぜか続いているような錯覚を起こしました。

「あれ?桃太郎侍、さっき終わったよね?」って。
どうしてつながっているような気持ちになったんだろう?
そう思ったら、どちらにも野川由美子さんが出てたんですねー!

「桃太郎侍」では高橋英樹さんに「もーもさーん!」って叫んでいる。
「長七郎江戸日記」でも「長さん!」って叫んでいる。
この後、「必殺」アワーなんです。

前期のシリーズだったら、野川さんをまた見られたかもしれない。
すごいな、野川由美子さん。
主人公のことが好きで、キップが良くて、ちょっと早とちり。

スリだったり泥棒だったり、ちょっと裏の顔がある。
それを生かして、主人公をサポートする。
基本的に善人であり、世話好き、人が良い。
おきゃん、という言葉がピッタリ。

野川さんが演じるのは、こんなキャラクターです。
じゃあ、全部同じ人物に見えるかというと、そうじゃない。
つばめは、鉄砲玉のおきんじゃない。

おきんがするであろうことを、つばめはやらないってわかるんです。
つばめは裏街道を行く女性じゃない。
演じ分けてますねえ。

それで、野川さんがいるとやっぱり賑やかなんですよ。
すごいアクセントになっている。
主人公に絡んでほしい。
コメディ部分の担当だったりしますが、美貌は相当なもの。

「仕留人」で最後、雪降る中、江戸を離れていき、これでおきんの出番は終わりです。
この後、おきんはどうしたんでしょうね。
野川さんは、インタビューでおきんのことを「あの気性ですからね~」とおっしゃってます。
私も思いますが、おきんは元締になってるかも。

野川さん、演じてみたいそうです。
楚々とお茶なんかたてたりして、それでもたまにあの啖呵が飛び出す。
周りを屈強な用心棒に囲まれ、若い衆に慕われている。
男性も女性も。

壮絶な仕置人、鉄と錠を見て、哀しい恋を経たおきんの元締姿。
それはそこらの駆け出しでは対抗できない存在感でしょう。
どうです、想像ができるじゃないですか。
野川さんも演じたいとおっしゃってますが、私も見たいです。

長七郎で火野さんと絡んでいるのを見た時は、「必殺」シリーズ見ている気分になりました。
そういえば、「必殺」シリーズでは野川さんと火野さんは共演してませんでしたね?
おきんと正八のコンビ、有能にして楽しい。

誰が主人公でも野川さんは、近くにいる。
主人公が誰であっても、野川さんは合う。
あの頃の時代劇に、野川さんは欠かせない存在です。
野川さんのインタビュー記事があったと思うので、探してみようと思います。


スポンサーサイト
2016.12.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3364-98b0cf08