こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP俳優さん ≫ 元締おきん

元締おきん

時代劇専門チャンネルで「桃太郎侍」を見ていました。
終わって、次は「長七郎江戸日記」。
ところが終わった「桃太郎侍」が、なぜか続いているような錯覚を起こしました。

「あれ?桃太郎侍、さっき終わったよね?」って。
どうしてつながっているような気持ちになったんだろう?
そう思ったら、どちらにも野川由美子さんが出てたんですねー!

「桃太郎侍」では高橋英樹さんに「もーもさーん!」って叫んでいる。
「長七郎江戸日記」でも「長さん!」って叫んでいる。
この後、「必殺」アワーなんです。

前期のシリーズだったら、野川さんをまた見られたかもしれない。
すごいな、野川由美子さん。
主人公のことが好きで、キップが良くて、ちょっと早とちり。

スリだったり泥棒だったり、ちょっと裏の顔がある。
それを生かして、主人公をサポートする。
基本的に善人であり、世話好き、人が良い。
おきゃん、という言葉がピッタリ。

野川さんが演じるのは、こんなキャラクターです。
じゃあ、全部同じ人物に見えるかというと、そうじゃない。
つばめは、鉄砲玉のおきんじゃない。

おきんがするであろうことを、つばめはやらないってわかるんです。
つばめは裏街道を行く女性じゃない。
演じ分けてますねえ。

それで、野川さんがいるとやっぱり賑やかなんですよ。
すごいアクセントになっている。
主人公に絡んでほしい。
コメディ部分の担当だったりしますが、美貌は相当なもの。

「仕留人」で最後、雪降る中、江戸を離れていき、これでおきんの出番は終わりです。
この後、おきんはどうしたんでしょうね。
野川さんは、インタビューでおきんのことを「あの気性ですからね~」とおっしゃってます。
私も思いますが、おきんは元締になってるかも。

野川さん、演じてみたいそうです。
楚々とお茶なんかたてたりして、それでもたまにあの啖呵が飛び出す。
周りを屈強な用心棒に囲まれ、若い衆に慕われている。
男性も女性も。

壮絶な仕置人、鉄と錠を見て、哀しい恋を経たおきんの元締姿。
それはそこらの駆け出しでは対抗できない存在感でしょう。
どうです、想像ができるじゃないですか。
野川さんも演じたいとおっしゃってますが、私も見たいです。

長七郎で火野さんと絡んでいるのを見た時は、「必殺」シリーズ見ている気分になりました。
そういえば、「必殺」シリーズでは野川さんと火野さんは共演してませんでしたね?
おきんと正八のコンビ、有能にして楽しい。

誰が主人公でも野川さんは、近くにいる。
主人公が誰であっても、野川さんは合う。
あの頃の時代劇に、野川さんは欠かせない存在です。
野川さんのインタビュー記事があったと思うので、探してみようと思います。


スポンサーサイト

Comment

おきんはいい女だからねぇ~。
編集
こんばんは、おじゃまします。
鉄砲玉のおきん…明るくて、気風がよくて、そして可愛げがある…いいキャラクターでした。
猥雑な中にあっても華があって、でも決して下品にならない個性は、おきんの…演じた野川由美子さんの魅力ですよね。

おきん&正八…うん、見たかったですね。
正八に「アタシのことは“姐(あね)さん”って呼びな!」なんて、威勢のよさをみせたりして(笑)。
それに『新仕置人』で再会した鉄と主水の間に、もし、おきんがいたら…キャラクターの関係性もまた違ったものになったでしょうしね。
まぁ、巳代松と唐突に恋仲…って線はないかな(笑)。

それでは、また…。
2016年12月22日(Thu) 09:48
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>鉄砲玉のおきん…明るくて、気風がよくて、そして可愛げがある…いいキャラクターでした。

そうそう、かわいげがあるんですよね。
憎めない。

>猥雑な中にあっても華があって、でも決して下品にならない個性は、おきんの…演じた野川由美子さんの魅力ですよね。

ですねえ、おきんって下品にならなかったですもんね。
奉行の下半身を見て「ああ、案外ろくでなしだねえ」と言ってもおかしい。
「裸踊りだよ~」って言っても楽しい。

>おきん&正八…うん、見たかったですね。

見たかったですよねえ!

>正八に「アタシのことは“姐(あね)さん”って呼びな!」なんて、威勢のよさをみせたりして(笑)。

正八をこき使いながらも、かわいがりそう。
おていより得意げにスリをやってみせそうです。

>それに『新仕置人』で再会した鉄と主水の間に、もし、おきんがいたら…キャラクターの関係性もまた違ったものになったでしょうしね。

それは思いますね。
鉄以外に旧知の仲の人間がいたら、主水とのファーストコンタクトもかなり違ったものになりそう。
虎や死神とも違ってきそうです。
主水が裏切ったのでは?という疑惑も、おきんならああなる前にしっかりかばうと思いますし。

>まぁ、巳代松と唐突に恋仲…って線はないかな(笑)。

ないと思います(笑)
半次みたいに、ちゃんと伏線があるでしょうし(?)、その前に同業者はもう、懲りてしまってるかも。
野川さんが出ていたら、だいぶ雰囲気が変わりましたね。
やっぱりかなり美しいし。
おきんメインの話があったら、どんな展開になったんでしょう。
もちろん、中尾さんはあの世界にピッタリはまってましたが。

コメントありがとうございました。。
2016年12月23日(Fri) 00:26
野川さん、火野さん
編集
必殺スタート時のペースメーカーは、野川さんと津坂さん。
初動は摩擦係数大ですので、個性の強いお二人は必要でした。

お二人のバトンを受け継いだのが火野さん、という構図でしょうか。
時代の空気を受けて、キビキビだけじゃなくユルユルが加わるように。

確かに、野川・火野コンビが作るペース、視たかったですね。

NHK・BSの「にっぽん縦断・こころ旅」。
火野さんのユルい雰囲気に、正八の姿がダブります。
あの頃と今をつないでくれます。
2016年12月23日(Fri) 15:30
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんは。

>必殺スタート時のペースメーカーは、野川さんと津坂さん。
>初動は摩擦係数大ですので、個性の強いお二人は必要でした。

「仕留人」の途中から津坂さんがいらっしゃらなくなって、「仕留人」以降は野川さんもいなくなりました。
なるほど。
「仕事屋」でしっとりした草笛光子さんが出演されるのは、主人公サイドには落ち着きがほしかったのでしょうか。

>お二人のバトンを受け継いだのが火野さん、という構図でしょうか。

確かに火野さん、1人で2人分の役を引き受けています。

>時代の空気を受けて、キビキビだけじゃなくユルユルが加わるように。

あ~、これはありますね。
「必殺」は特に時代の空気を取り入れるのが上手。
「仕留人」の時はオイルショックだったと思います。

>確かに、野川・火野コンビが作るペース、視たかったですね。

「長七郎江戸日記」を見ていると、野川さんも火野さんもうまいんです。
掛け合いがポンポンと軽快で、このコンビだったらどうなってたかなと想像が膨らみます。

>NHK・BSの「にっぽん縦断・こころ旅」。
>火野さんのユルい雰囲気に、正八の姿がダブります。

火野さんの魅力が出てますよね。
正八は火野さんの個性あっての役だったんだなと思います。

>あの頃と今をつないでくれます。

最近は癖の強い悪役などもこなしてますが、基本的にはとっても人懐こくて、人たらしだと感じます。
計算してやっているというよりも、本当に天然でそうなんだなと。
一生、変わらないんだなと。
火野さんの代わりって、できるようでいて、なかなか難しい。

コメントありがとうございました。
2016年12月25日(Sun) 01:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL