「新・必殺仕事人」を見ていますが、中条きよしさん演じる勇次。
ヴィジュアルにとても力を入れていると思います。
クールな色男で、最初は主水とことあるごとに衝突していました。
幼なじみを巡って、直接対決しかかったことも。

しかし、次第にお互いの力量と器を認め合うようになりました。
性格も魅力的に描かれています。
主水がある女性の声を奪ったんじゃないか。
秀が疑い、感情に走った時は、かつては対決で使った糸を勇次は制止に使いました。

うまく家の中に逃げた主水を見て、秀に「ホッとしたんじゃないか」と言う。
何故なら、秀のかんざしも主水の首筋に触れていましたが、秀の体には主水の刀が今にも突き刺さる状態だったからです。
「仕置屋稼業」の市松のような体勢ですね。

引くに引けない秀が引くための状況を、勇次が作ってやった感じです。
勇次と主水、大人の分別。
主水に対して不信感いっぱいの秀に対して、勇次は主水を信じています。
大人です。

仕事の最中に、子供が猫を探して表に出てきてしまうシーンがありました。
すると勇次は、ふわりと子供に着物をかぶせます。
その間に子供に見せないように仕事を遂行し、屋根の上にいる子猫を糸で捕らえます。

仕事を済ませ、子供から上着を取ってやると、猫を渡してやります。
「ありがとう!」という子供に勇次。
「ごめんな」。

もちろん、子供が来たのは予想外でどうにかなることではない。
でも何の罪もない子供が、猫を探しに来て、仕事に巻き込まれるところだった。
子供の命に関わる事態になったかもしれない。

だから勇次はそうならないようにしてやった上で、「ごめんな」と詫びた。
良い男ですよね。
優しい。
すごく魅力的に描いていると思います。

女性を騙して心中を持ちかけ、金を巻き上げる青年をぶん殴ったこともあります。
口では勇次に自分の正当性を訴えた青年ですが、やがて勇次を正統派色男の先輩として「アニキ」と呼ぶようになるんです。
勇次も本気で女性を好きになった彼を、守り切ります。

「必殺」としては2人とも犠牲になる危険性が大きかったんですが、さすがです。
勇次のところに逃げてきた青年の判断も、生死を分けたのでしょう。
頼れる男です。

勇次の母は、山田五十鈴さんが演じるおりくさん。
ところが、本当の親子ではありません。
仲間を裏切った勇次の父親を、おりくは手にかけているのです。
自分が殺した男の息子を、育てるおりく。

そして結局、勇次にも同じ道を歩ませてしまった。
だからおりくは、常に勇次にすまないという気持ちを持っている。
しかし勇次は育て、愛情を与えてくれたおりくを芯から母親だと思っている。

捕り方を自分に引きつけて逃げる、ギリギリの時におりくが主水に頼んだのは、勇次のことでした。
勇次をお願いします。
おりくの頭にあるのは、勇次の無事と幸せだけ。
この2人のお互いを思いやる気持ちは、特に親子関係が絡んだ話しに深みを持たせます。

勇次の殺しの技は、丁寧にコーティングし、強化した三味線の糸で標的を狙います。
三味線の糸を口でくわえ、ツーッと長さを調節します。
標的に向かって投げると、糸はクルリと首に絡みつきます。

するとどこかに支点を作って、標的を宙に吊り上げる。
勇次は吊された方に、しばらく宙づりの苦しみを味合わせます。
そして後に描写されますが、ピン、と糸を弾いて、息の根を止めます。

これが確認できると、プツッと指で糸を切って、相手を字面に落として終わります。
相手はしばらく、悶絶します。
秀や主水だって、刺さった瞬間は「ヒッ!」となるでしょう。
さらに刺された時の痛みと恐怖は、相当なものだと思います。

しかし勇次の殺しは、苦しみの時間が長い。
これを悪党とは言え、苦しみを長引かせて殺すのはどうか。
そう、思ってしまう人もいるかもしれません。

ただ、これは、頼み人には溜飲が下がる殺しだと思います。
「仕事人」の後半は、こうして作ったキャラクターの魅力に寄りかかったような作りになっているものもありました。
でもそれだけ、「新・仕事人」では魅力的に作り上げたんだなあと思って見ています。
やはり勇次は、「仕事人」シリーズを代表し、作った名キャラクターだと思います。


スポンサーサイト
2016.12.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3368-77c0d7ce