小悪党世界一 江幡高志さん

チャンバラジオ、何だかんだで気がついたら、ぎゃあー!
始まっているー!
あわててラジオをつけると、中尾彬さんのインタビューでした。

さすが、長く活躍している中尾さん。
時代劇についても、なるほど…とうなづけるようなお話。
俳優についても、深い話が聞けました。
時代劇、継承していってほしいですね。

そして11時5分からは、いよいよ、江幡高志さんの登場です。
小悪党と言えば、江幡さんは世界一。
江幡さん大好きという方多し。
春日さんの紹介で、江幡さん登場。

江幡さん、衣装は勝手に選んで良いと言われるとこれ、幸いと選びに行ったそうです。
派手なのを選んだり、それがピッタリだったりする時もあれば、監督には「うーん」と言う感じの時もあったそう。
ですが、自分で選べと言った手間、文句が言えないようだった。

春日太一さんが「江幡さんの悪役と言えば、途中で仲間に殺されたり、主人公やヒロインと逆襲されたりすることが多い」と言いました。
「自分はなぜなのかなと思いました。どうしてなのかな」と江幡さん。
江幡さんは、悪役さんの中で一番小さいそうです。
そういうのも、影響しているのかな。

悪役をやっていて切なかったこと。
天保水滸伝というドラマがありました。
江幡さん「大竹しのぶさんが、肥やしを頭からぶっかけるわけです」。

「あの頃、フィルムが敏感で、曇りになると撮れないんです」。
「この肥やしが、リアルなんですよね。においがないだけ、誰が見ても肥に見える」。
「小道具さんはえらい!作るんです、リアルなんです」。

「ぶっかけたら曇ってきちゃって、休憩になった。それで中止」。
「何回やっても雲が出てきちゃって」。
「それでお昼になって、弁当食べるんだけど、それが髪にくっついちゃって」。
「小道具なんだけど、臭いはないんだけど、誰も寄ってこないんです」。

「その時だけは、みんな向こう、行っちゃって。(リアルで)食欲わきませんもんね」。
「その日、終わらないんです。ついに今日は中止でございますって」。
「次にまたその衣装着て。嫌な色なんですね。それでまた、ダメなんです」。
「何遍も何遍もやって。ずっと大竹さんにかけられっぱなし」。

春日さん「うわー。きついですね」。
江幡さん「悪役ってのは、こういうもんなのかなって。…切ない。汚い話で」。
「大立ち回りをやってみたいなと思うんですけど、京都の撮影所に行ってチャンバラってどんなもんなんかなって」。
「殺陣師は殺陣をつけてくれないんですよ。僕の顔を見て『あっちいけあっちいけ』みたいに」。

「実を申しますと、ほんとの話なんですけど『江幡さんあなたは日本一、チャンバラが下手な人です』って言われたんです」。
「(立ち回り)やらしてくれないから、興味もわかなくなりますよね」。
「どこ行っても、どこの殺陣師さんも殺陣つけてくれないんです。やって終わりなんです」。

「要するに誰が見たって慎重151センチで小柄で、こんなのができるわけないだろって、やってくれないんです」。
「そういう苦労があるわけですね。」。
「それでも使っていただいてるんですから、ダメはダメなりに…」。

「チャンバラのところはダメなんだなあって。だからって、ダメにやってやろうってことはないんですけど」。
わざと目立つようなことはしなかったそうです。
春日さん「悪役の仕事って重労働だと思うんですけど、ずっと続けてこられた要因とか秘訣みたいなものは?」
江幡さん「すいません、秘訣なんてございません」。

春日さん「役者を辞めようと思われたことは?」
江幡さん(ございません!」キッパリ。
「役者辞めようとか一度も」。

「絞られたことも、いじめられたこともあんまりないですし」
「そういう点で、ご迷惑をかけたことはないです」。
「あんまり深く考えない」。

春日さん、江幡さんとのインタビューのことを「振り返ってみればま、こういう…、切ない話が多かったけど」。
「一回だけ江幡さんのパアッと顔がすごく、輝いたことがありました」。
「やりがいがあったのは、印象に残ったのは誰ですか?って聞いたんですね」。
すると江幡さん「勝新太郎さんですね」。

勝さんの撮影って、台本がない。
台本がなくて、その場でやっていく。
役者はアドリブで作っていく。
台本があると、パターンになってしまうわけです。

そうじゃなくて勝さんは「お前、じゃあ、好きにやってみろ、と」。
「演じがいがある」。
「勝さんはそれを、受け止めてくれる」。
「楽しかったなあ、と」。

やっぱり勝新太郎さんって、すごい俳優さんだったんですね。
本田博太郎さんも直次郎の殺陣は、勝さんに憧れての殺陣なんですって言っていたし。
俳優として、プロデューサーとしての勝さんの功績って、関わった人には忘れられないものなんだと思いました。

俳優になったきっかけっていうのは、「子供が好きだった」。
「幼稚園とか、児童劇団が回って行く。それで自分もやりたいな、となっていった」。
ラジオドラマで、クイズで犯人を当てるというのがあった。

江幡さんがやると、投票でみんな、江幡さんが犯人だという。
だから、悪役でいけるんじゃないかと思った。
江幡さんが犯人じゃない時も、江幡さんが犯人だという人が多かった。

時代劇に江幡さんが出てくると、不穏な雰囲気になる。
これから何かが起きるぞ、という江幡さんは合図のようなものなんですね。
春日さんは江幡さんのことを「凶悪犯じゃないんだけど」。

「競馬場とかにいそうな小悪党」。
「強い相手には下手に出て、弱い者には強く出る小悪党」。
「自分の中にもこういう面があるんじゃないかって、思わせるような悪党なんです」。

そうなんですね。
山形勲さんなんかだと、巨悪って感じです。
江幡さんの悪は、とても身近。

でもお会いした江幡さんは、恐縮しきり。
小さくなっているのが、印象的でしたね。
ラジオを聞いている人のお便りは、悪役と言えば江幡さんという声があった。
「『あの!』という感じでしたね」。

リスナーさんから好きな、悪役さんの名前で寄せられたメールでは、菅貫太郎さんの名前が多かったそうです。
管貫太郎さん、神田隆さんなどが出た。
中にはどんな悪役俳優さんが出るかで、今度の話はどんなだろうって楽しみに想像するリスナーも。

確かにそうです。
この悪役さんなら、こういう役かな。
だとすると、こんな話かも。
こういう楽しみもありますね。

江幡さんは、俺はこんな人間だって、視聴者に見せる。
名優です。
悪役俳優がわかってくると、時代劇は相当おもしろい。

切ない目にあって、殺陣師は殺陣をつけてくれなくて。
それで下手な人だと言われる。
だけどそれでも辞めようと思ったことがない、とキッパリ言える江幡さん。

いじめられなかったし、良かったと言えるポジティブさ。
心の強さ、穏やかさ。
好きだな~。

そして、名優・江幡さんが出てくる時代劇は、おもしろいはずです!
ありがとう江幡さん。
ばんざーい、江幡高志さん!
今年は自分にとって激動の年だったけど、最後に良いものが聞けました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ちゃーすけさん、明けましておめでとうございます。

>>江幡さん
「必殺仕置屋稼業」で、江幡さんは実は影のMVPの一人と
呼んで良いのでは、と思います。

と言うのも、印玄の屋根落としで
「止めてやめて」
をセリフとして最初に言ったのは江幡さんだからです。
(「一筆啓上 紐が見えた」)

江幡さんの演じられる悪役はどちらかと言うと
「小悪党」のタイプが多いですが、それ故に逆に
印象に残るものが多いかな、と言う気がします。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

別スレ6124さん

>別スレ6124さん

明けましておめでとうございます。
昨年はこちらに訪問していただき、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

>「必殺仕置屋稼業」で、江幡さんは実は影のMVPの一人と呼んで良いのでは、と思います。

>と言うのも、印玄の屋根落としで 「止めてやめて」 をセリフとして最初に言ったのは江幡さんだからです。
>(「一筆啓上 紐が見えた」)

「チャンバラジオ」ゲストの中尾彬さんと2人で、いたいけな少女を騙した話ですね!
確かに、あの江幡さんのやられっぷりが印玄の見せ場の方向を決めました。
江幡さんじゃなかったら、あれはなかったかもしれませんね。

>江幡さんの演じられる悪役はどちらかと言うと
>「小悪党」のタイプが多いですが、それ故に逆に
>印象に残るものが多いかな、と言う気がします。

「新・仕置人」の13話の「休診無用」の、ぎっくり腰の主水に一撃されて立てこもる凶悪犯も印象的でした。
ボスだったので体は小さいけど、頭が回って、残酷な奴なんだろうなあって思いました。

コメントありがとうございました!
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード