こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPご挨拶 ≫ あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

明けまして、おめでとうございます。

昨年はブログを読んでいただきまして、誠にありがとうございました。
2017年が良い年になりますよう。


スポンサーサイト

Comment

編集
すっかりあけましておめでとうございます。
様々な記事を読ませて頂く度に新たな“気づき”を感じています。
今年も唐突にこっそりと、底の浅いコメントをさせて頂こうかと思っております。
どうぞ、苦笑いで受けとめてやってくださいませ(笑)。
それでは、また…。
2017年01月01日(Sun) 19:31
キラさん
編集
>キラさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

>様々な記事を読ませて頂く度に新たな“気づき”を感じています。

いえいえ、それこそこちらがありがとうございます。

>今年も唐突にこっそりと、底の浅いコメントをさせて頂こうかと思っております。

こちらこそ、楽しいお話ができてありがとうございます。
よければまた、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

キラさんにとって2017年が良い年になりますように。
2017年01月03日(Tue) 02:02
明けましておめでとうございます
編集
ちゃーすけさん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年はコメント投稿で不備が何度か有り、お手数ご迷惑をお掛け致しました。相すみませぬ。
これに懲りず、ちゃーすけさんの記事を愛読致しつつ時に感想など共有できれば幸いです。
年末年始はそれに伴う翻訳通訳依頼に追われ、漸く一息つけたところです。町内イベントでは年を考えれば余りにもみっともなき吹輪(所謂姫髷)のコスプレで外国人に神社境内の案内がてらお神酒を配って参りました、あな恥ずかしや。
ご健勝をお祈り申し上げます。
2017年01月03日(Tue) 03:37
丁髷中毒さん
編集
>丁髷中毒さん

明けましておめでとうございます。
昨年は訪問していただき、誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年のコメントは本当に大変失礼いたしました。
本当にごめんなさい。
こちらこそこれに愛想を尽かされず、また訪問してコメントしていただき、ありがとうございます。

>年末年始はそれに伴う翻訳通訳依頼に追われ、漸く一息つけたところです。

丁髷中毒さん、すごいです。
こんなことが自分にもできればな、と思ってしまいます。

>町内イベントでは年を考えれば余りにもみっともなき吹輪(所謂姫髷)のコスプレで外国人に神社境内の案内がてらお神酒を配って参りました、あな恥ずかしや。

外国の人、喜んだのではないでしょうか!
私なら、うれしいです。
楽しそうですね~。

今年が丁髷中毒さんにとって良い年になりますよう。
2017年01月03日(Tue) 21:27
編集
2017年あけましておめでとうございます。
本年もいろいろとコメントさせていただきます。

さて、別スレでコメントしましたが、ガメラシリーズの「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」のDVDを見ました。
怪獣映画なんですが、それとは違う面を見せた映画でもありました。
小野寺と言う男がオパール(と言ってもバルゴンの卵ですが)やダイヤを独り占めにしようとしている人間の欲望が出ている映画でもありました。
最後のシーンで主人公の平田が「日本にとんでもない物を持ち込んでしまった」と言ってたのが印象に残っています。
また、この映画には今は亡き藤岡琢也氏が出ていましたね。
あと、疑問に残っているのがあります。
水に弱いバルゴンですが最後はガメラに咥えられて琵琶湖に沈められて絶命しますが最初に現れたときは海から出てきました。
淡水に弱く、塩水では平気なんでしょうか?
別のガメラシリーズのDVDを見たらコメントします。
それでは失礼します。
2017年01月04日(Wed) 18:42
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

明けましておめでとうございます。
昨年は訪問、コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

>さて、別スレでコメントしましたが、ガメラシリーズの「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」のDVDを見ました。
>怪獣映画なんですが、それとは違う面を見せた映画でもありました。
>小野寺と言う男がオパール(と言ってもバルゴンの卵ですが)やダイヤを独り占めにしようとしている人間の欲望が出ている映画でもありました。

これ、人間ドラマもちゃんと描けていますよね。
欲望に目がくらんだ男たちが、殺し合う。

>最後のシーンで主人公の平田が「日本にとんでもない物を持ち込んでしまった」と言ってたのが印象に残っています。

子供のころ、バルゴンが電気の熱で、孵化していく場面がすごく印象的でした。
欲に目がくらんだ男がダイヤを自分のものにしようとしたために、バルゴンを誘って水に溶かす作戦が失敗しますし。

>また、この映画には今は亡き藤岡琢也氏が出ていましたね。

みなさん、子供のための映画でも熱演してくれています。
そのために今でも見ておもしろいです。

>あと、疑問に残っているのがあります。
>水に弱いバルゴンですが最後はガメラに咥えられて琵琶湖に沈められて絶命しますが最初に現れたときは海から出てきました。
>淡水に弱く、塩水では平気なんでしょうか?

鋭いっ!
大人になってから見て、トカゲ型なのに水がダメなのか~と思いました。
熱帯出身で水がダメっていうのも大変そうだなとか。
スコールは大丈夫?とか、余計なこと考えてしまって大人って嫌ですねえ?!

>別のガメラシリーズのDVDを見たらコメントします。

よろしくお願いします!
今の技術で、バルゴンの殺人虹光線を撮ったら綺麗でしょうね?!
2017年01月04日(Wed) 20:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL