こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPアニメ・コミック ≫ 立派なホラーだわ 「デビルマン」6話

立派なホラーだわ 「デビルマン」6話

アニメの「デビルマン」を見ています。
子供のころ見ていた、アニメのデビルマンですね。
街並みとか、家とか、公害とか、70年代らしさも楽しめます。

6話に「ロクフェルの首」という話があります。
これ、怖かったんですよ~。
デビルマンへの刺客で、妖獣ロクフェルがやってくる。

牧村博士は考古学者で、古代の美女の顔を復元する作業にかかっている。
頭蓋骨に、蝋で肉付けしていくのだと言う。
取材記者の中に、見慣れない背の高い男がいる。

だが取材が終わった時、その男はいなくなっている。
いつもの記者に聞くと、いつものメンバーだけだと言う。
牧村博士は、奇妙な思いにとらわれる。

この後、助手と電話をしている牧村博士の背後から、誰かが近づく。
肩をポンと叩かれ、驚く博士だが、それは娘の美樹だった。
このあたりから何だか、怖い。

古代の頭蓋骨から顔を復元するのに最初は博士の指示通り、助手が髪を作った。
時代的に桃割れだろうと言われ、日本髪が頭蓋骨の上に乗る。
「目を忘れたな」。
助手はそう言うと、目玉を取りに行く。

ボーンボーン。
12時を知らせる時計の音。
開いた窓から風邪が入り、カーテンが翻る。

部屋の壁に、影が映る。
外にいる犬たちが怯えている。
頭蓋骨のポッカリ空いた目に、眼球が出現し、目が開く。
首が伸び、蝋の鍋に入っていく。

目を持ってきた助手は、頭蓋骨がないことに気が付く。
「おかしいな」。
そういった助手の背後でドアが閉まる。

助手は首を探し始める。
蝋にまみれた手が伸びて、スイッチを切る。
暗闇。

助手が暗闇の中、冷や汗をかいてくる、。
ドアが開く。
入ってきたのは、猫だった。

怯えていた助手は「うるさい」と猫に当たって追い出す。
ぴた、ぴた。
廊下を蝋をたらしながら、何かの影が近づいてくる。

ここ、音楽も怖いんです。
腕を伸ばしたまま、動けない助手。
その背後に立ったものは、湯気が出ている鍋を持っている。
蝋を溶かした鍋。

子供はもう、ここで怖くてたまらないですよ。
今見てもこれ、怖いと思います。
「化け物ーっ!」
助手が悲鳴をあげる。

壁に影が映る。
影が持っている鍋を、助手に向かって傾ける。
悲鳴。

車で移動中の牧村博士に、首が逃げましたという電話が入る。
電話をしている助手さん、蝋で真っ白。
がくり、と倒れて、電話が切れる。

この時代、牧村博士の車にはもう、電話があるんです。
それもすごいですね。
牧村家って、この時代の洋館みたいな感じです。

アニメのデビルマン、根源に訴えかけるような怖いシーンがあります。
女性シリーズだと、鏡に女性が映ってそれを見ると事故を起こすとか。
夢に怖くて綺麗な女性が出て来る夢を、流星を観察していたみんなが見ているとか。
うまいところを突いてくるな、って思います。


スポンサーサイト

Comment

編集
「デビルマン」で怖いのは、いくつかありますが「ロクフェルの首」が一番怖いですね。
もしこれが実写版だったら余計怖く感じるでしょう。
この回は美樹とタレちゃんが野球の試合を見に行っているときにロクフェルが暴れて2人に襲いかかろうとしたときにデビルマンに助けられ、最後はデビルマンがロクフェルに捕まって地中に引き込まれそうになりますがデビルマンがデビルウィングを開いてロクフェルを掴んで空に飛んでデビルビームで退治しましたね。
「デビルマン」で他に怖いと思ったのは「幼獣アダル人形作戦」でタレちゃんが駅のホームの屋根でマネキン人形が化けているミヨちゃんと一緒にいてミヨちゃんの影を見て「ミヨちゃんじゃない」と言った後に正体を現して、タレちゃんに襲いかかるシーンと「幼獣アルロン恐怖のマキシ」でアルロンがトラックの男の首を絞めて「こっちにおいで」と言うシーンが怖かったです。
その後のトラックの男は出ていませんが出てたら、どういう状態だったのでしょう。
想像しただけでも怖いです。
2017年02月02日(Thu) 16:28
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>「デビルマン」で怖いのは、いくつかありますが「ロクフェルの首」が一番怖いですね。

これ、怖いですよね。

>もしこれが実写版だったら余計怖く感じるでしょう。

実写でデビルマンの映画をやりましたが、これを映像化したらホラー映画になったと思います。

>この回は美樹とタレちゃんが野球の試合を見に行っているときにロクフェルが暴れて2人に襲いかかろうとしたときにデビルマンに助けられ、最後はデビルマンがロクフェルに捕まって地中に引き込まれそうになりますがデビルマンがデビルウィングを開いてロクフェルを掴んで空に飛んでデビルビームで退治しましたね。

はい、地面の中に引き込もうとしながら、「ロクフェルの世界に来い」って言ってました。
デビルマンも「二度と美樹に会えない」って思って、必死に抵抗しました。

>「デビルマン」で他に怖いと思ったのは「幼獣アダル人形作戦」でタレちゃんが駅のホームの屋根でマネキン人形が化けているミヨちゃんと一緒にいてミヨちゃんの影を見て「ミヨちゃんじゃない」と言った後に正体を現して、タレちゃんに襲いかかるシーンと「幼獣アルロン恐怖のマキシ」でアルロンがトラックの男の首を絞めて「こっちにおいで」と言うシーンが怖かったです。

アダルの人形は怖かったですよ~!
バラバラになるところまで怖かった。

アルロンは綺麗な女性がいると思って、運転手はニヤニヤするんですよね。
すると…。
口調がとっても優雅。
ものすごく怖いシチュエーションです。

>その後のトラックの男は出ていませんが出てたら、どういう状態だったのでしょう。
>想像しただけでも怖いです。

明が美樹に「見るんじゃねえ」って言ってますよね。
ねじ切られてるんだって。
さすがに絵にできなかったんだと思いました…。

デビルマン怖いんですよ。
今見ても、これは怖いなって思います。
この記事にコメントありがとうございました!
2017年02月03日(Fri) 22:37
♪今日もどこかで猫が鳴く、明日もどこかで…
編集
こんにちは。

おお、今回はデビルマンですか!懐かしい!いえ、今も色褪せぬインパクトですよね。

子供の頃テーマソングの「♪悪魔の力身につけた」を「ああ熊の力」と空耳しました。道理で怪力なのだなと。当時既に英語で生活していたのでdevilは充分理解していた筈なのですが(笑)。

原作とアニメでは余りにも違うのに、どちらも甲乙つけ難い名作に仕上がったという意味では天下一品ですよね。

永井先生のダイレクトな描写とは別に、人間の醜さや悍ましさを内側からこれでもかと描いた原作、全体のタッチは明るいのに、一変して夜やデーモン出現シーンはダークで背筋がぞっとする恐怖。どちらも大好きです。

原作のもう一人の主人公とも言うべく飛鳥了=サタン(本来はルシフェルだと思いますが)が登場しないアニメでは、先生の他作品からスピンオフ?な校長やアルフォンヌ先生など、コミカル要素が大幅に増えた分、恐怖シーンとのコントラストが際立っていました。

コミカルと言えば何と言ってもララ!今でこそ自己中でおつむがちょっと…な若い女性キャラだらけですが、あの超絶パワーは平成のおbaカちゃんが束になっても適わない!鉛筆削りをマシンガンにするし(笑)。

でも変身前は「明くん」でうっかりデビルマンの正体バレにならないのは流石でした。

原作で惨死した美樹ちゃんの代りに悲しい散り方でしたね、まさかララで泣かされるとは思わなかったですよ。

他にも東大寺入郎君とチャコちゃんのカップル、原作と違い人間界は壊滅しないので、数年後にはラブラブもといお尻に敷かれて幸せな結婚をしたのでしょうね。健作=タレちゃんも首が胴体に繋がったままミヨちゃんと仲良し(ホッ)。

飛鳥了の代替品?らしき氷室巌ことヒムラーだけはちょっとショボかったような。共に破れた「ザンニンの馬鹿ー!」の方が存在感有りでしたし。
因みに名前でドイツでは放送禁止或いはネーミング変更が必要になったとか。

私がちゃーすけさんや他のコメンテイターの方々とは違う意味で怖かったのは第30話「妖獣ファイゼル 影に狂う」です。

最後の将軍レイコックはサイコ系作戦が多かった記憶ですが、ファイゼルも人間の理性を奪い自滅させるのが目的でした。

ついさっきまでおべんちゃらオホホ会話していた既婚女性や子連れの母親が、ファイゼルの妖力で形相を豹変し憎しみ合う。露骨な残酷描写こそ殆ど無いものの、原作終盤の悪魔狩りを彷彿とさせる人間の内なる醜さがコミカルながらじわじわと迫って来たエピソードです。

昨今の怪談サイトでも「実は人間が一番怖い」のカテゴリは余程気持ちに余裕が無いと読めない、後味と胸糞が悪くなる話ばかりですしね。

さてファイゼルの不運はアルフォンヌ先生をターゲットにした事。「何だこいつは?理性がまるで無い!」でモタモタ手間取っている間にデビルマンに退治される。まあ笑う所ですが、やはり人間のドロドロを描いた前半はビジュアルではなくメンタルに足跡を残す、違う意味での恐怖でした。

2004年の実写版は相当不評だったようですね。私も永井作品を実写で見る気は致しません。

何故に明と了を双子に演じさせたのか?その情報だけで見なくてもいいや、でした。当然ながらCGだらけなのでしょうが、永井先生の描写は例えばどれだけフォント機能が進化しても、書道家の肉筆には到底及ばずな迫力こそが命です。その意味でもアニメ版の大成功は素晴らしいのですが。

シレーヌの冨永愛さん、パリやミラノで大活躍なされたトップモデルで漫画ばりの体型は素晴らしいですが、永井先生特有の曲線美とは対極な印象でした。(キューティーハニーを演じた方も同様)
アニメ版の北浜晴子さん(サマンサ!)の声の方が永井ワールドを具現化していましたよ。

私より年上の永井世代は「体型はともかく、江波杏子さんや梶芽衣子さんが遥かにシレーヌとしてピンと来る」でした。何となく分かります。目力ですか。

本田博太郎さんなら、何かしら永井ワールドを演じられるかもしれませんが。お顔立ちもちょっとですが先生の描く雰囲気に似ています。

時に、OVAでしょうか、デビルマン誕生とシレーヌ編の2作が存在するのはご存じですか?原作に忠実かつアニメの影響であろうアクションのキレもある秀作でしたが、残念ながら続編の製作が無いようです。

お手に入る機会があれば是非ご鑑賞下さい。原作・アニメそれぞれの良さが楽しめます!

あらら、いつの間にダラダラと。デビルマンの話になると、お酒と煙草を携え夜通し話し込んでしまうもので。失礼致しました。

更新を楽しみにしております。ごきげんよう。

2017年02月04日(Sat) 18:55
丁髷中毒さん
編集
>丁髷中毒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>おお、今回はデビルマンですか!懐かしい!いえ、今も色褪せぬインパクトですよね。

デビルマンはですねえ、書いていいのか悪いのか、結構何度か悩んだんですよ~。
以前書いたトラウマ最終回の本では、最強最恐最凶のトラウマ最終回になってました(笑)。

>子供の頃テーマソングの「♪悪魔の力身につけた」を「ああ熊の力」と空耳しました。道理で怪力なのだなと。当時既に英語で生活していたのでdevilは充分理解していた筈なのですが(笑)。

おおっ、私も結構空耳あります。
熊ですか、そう言われるとそれもあり(笑)。

>原作とアニメでは余りにも違うのに、どちらも甲乙つけ難い名作に仕上がったという意味では天下一品ですよね。

原作通りにアニメにするわけには行かなかったにしろ、良くこんなヒーローアニメにできましたよね。

>永井先生のダイレクトな描写とは別に、人間の醜さや悍ましさを内側からこれでもかと描いた原作、全体のタッチは明るいのに、一変して夜やデーモン出現シーンはダークで背筋がぞっとする恐怖。どちらも大好きです。

永井先生、雑誌の対談かなんかで前世が見える外国の人に、魔女狩りやってましたねって言われたそうです。
ぎえー。

>原作のもう一人の主人公とも言うべく飛鳥了=サタン(本来はルシフェルだと思いますが)が登場しないアニメでは、先生の他作品からスピンオフ?な校長やアルフォンヌ先生など、コミカル要素が大幅に増えた分、恐怖シーンとのコントラストが際立っていました。

あの、まるで「ハレンチ学園」みたいな先生たちがいるので油断していると、結構怖いシーンになるんです…。

>コミカルと言えば何と言ってもララ!今でこそ自己中でおつむがちょっと…な若い女性キャラだらけですが、あの超絶パワーは平成のおbaカちゃんが束になっても適わない!鉛筆削りをマシンガンにするし(笑)。

ララが出てきて、美樹の明くんに対する態度がちょっと変わりますね。
アルロンやレイコック、ララは結構、デビルマンを助けますし。

>でも変身前は「明くん」でうっかりデビルマンの正体バレにならないのは流石でした。

あの辺はやっぱり、同じデーモン族だからでしょうかね。

>原作で惨死した美樹ちゃんの代りに悲しい散り方でしたね、まさかララで泣かされるとは思わなかったですよ。

あのヒロインのむごさは、やっぱり最強トラウマですよね。
ララが消えた回からはデーモンの攻撃が世界規模の災害になってきませんか?
終盤に向け、すさまじい展開に。

>他にも東大寺入郎君とチャコちゃんのカップル、原作と違い人間界は壊滅しないので、数年後にはラブラブもといお尻に敷かれて幸せな結婚をしたのでしょうね。健作=タレちゃんも首が胴体に繋がったままミヨちゃんと仲良し(ホッ)。

タレちゃんも無残なんですよね…、牧村家みんな。
牧村家も人類も、無事で良かった。

>飛鳥了の代替品?らしき氷室巌ことヒムラーだけはちょっとショボかったような。共に破れた「ザンニンの馬鹿ー!」の方が存在感有りでしたし。

容貌が飛鳥了でしたもんね。
人間の時はさすがにデーモン族らしい超人ぶりでしたが、正体を現してからは完全にデビルマンとは勝負にならなかった。
ザンニン様の胸が目で、ムザン様の胸が口っておもしろかったです。

>因みに名前でドイツでは放送禁止或いはネーミング変更が必要になったとか。

これ、キリスト教圏で放送できるのかなってちょっと思いました。

>私がちゃーすけさんや他のコメンテイターの方々とは違う意味で怖かったのは第30話「妖獣ファイゼル 影に狂う」です。
>最後の将軍レイコックはサイコ系作戦が多かった記憶ですが、ファイゼルも人間の理性を奪い自滅させるのが目的でした。

レイコックは原作デビルマンの敵役らしい攻撃というか、人間を狂わせるような作戦多かったですね。
丁寧な口調で宝石店を襲わせたり。

>ついさっきまでおべんちゃらオホホ会話していた既婚女性や子連れの母親が、ファイゼルの妖力で形相を豹変し憎しみ合う。露骨な残酷描写こそ殆ど無いものの、原作終盤の悪魔狩りを彷彿とさせる人間の内なる醜さがコミカルながらじわじわと迫って来たエピソードです。

デビルマン、1話1話見ていくと、どれも怖いところあるんですよ。
実にうまい。
ムザンの時のジャコンも「腹が立ったか殺したいか、いいとも、お前の望みをかなえてやろう」って人の奥底の欲望を引き出しましたし。

>昨今の怪談サイトでも「実は人間が一番怖い」のカテゴリは余程気持ちに余裕が無いと読めない、後味と胸糞が悪くなる話ばかりですしね。

わかります、人間の怖さって嫌な気持ちになるものばっかりです。

>さてファイゼルの不運はアルフォンヌ先生をターゲットにした事。「何だこいつは?理性がまるで無い!」でモタモタ手間取っている間にデビルマンに退治される。まあ笑う所ですが、やはり人間のドロドロを描いた前半はビジュアルではなくメンタルに足跡を残す、違う意味での恐怖でした。

アルフォンヌ先生って、奥さんいましたよね。
でも後半は一人暮らししているような感じで…。

>2004年の実写版は相当不評だったようですね。私も永井作品を実写で見る気は致しません。

あれは…、ひどかった(笑)。

>何故に明と了を双子に演じさせたのか?その情報だけで見なくてもいいや、でした。当然ながらCGだらけなのでしょうが、永井先生の描写は例えばどれだけフォント機能が進化しても、書道家の肉筆には到底及ばずな迫力こそが命です。その意味でもアニメ版の大成功は素晴らしいのですが。

でもここを変えたら、それは台無しって箇所がありますよね。
ここを変えるなら、それはこの原作で作る意味がないという部分。
そこを変えちゃってるんですよね、あの実写化は。
アニメは子供が見られるようにはしているけど、そこはちゃんと守ったと思うんです。

>シレーヌの冨永愛さん、パリやミラノで大活躍なされたトップモデルで漫画ばりの体型は素晴らしいですが、永井先生特有の曲線美とは対極な印象でした。(キューティーハニーを演じた方も同様)

当たり前なんですけど、肉食!って感じの肉体を持った方に演じてほしかった。
シレーヌの造形って、素晴らしいですしね。
あの女性の肉体で残酷さ、能力の高さだからデーモン族のすごさ、怖ろしさ、魅力があるわけですし。

>アニメ版の北浜晴子さん(サマンサ!)の声の方が永井ワールドを具現化していましたよ。

ハニーも増山江威子さん、良かったですよね!
こちらも後にテレビアニメになってしましたが、「あれはハニーじゃない!」て力説する人が…(笑)。
私はテーマソングの最後には「変わるわよ」って言ってほしい。

>私より年上の永井世代は「体型はともかく、江波杏子さんや梶芽衣子さんが遥かにシレーヌとしてピンと来る」でした。何となく分かります。目力ですか。

あー、私、范文雀さんならいいなあと思いました。
杉本彩さんをあげている人がいました。
今だったら、若村麻由美さんなら怖くて綺麗なシレーヌができたなって思いました。
はい、目力、すごみが必要ですよね。

>本田博太郎さんなら、何かしら永井ワールドを演じられるかもしれませんが。お顔立ちもちょっとですが先生の描く雰囲気に似ています。

映画では飛鳥了の父親を演じていましたが、映画自体が残念…。

>時に、OVAでしょうか、デビルマン誕生とシレーヌ編の2作が存在するのはご存じですか?

実は!見ているんです!
すごい良くできていましたね。
次が楽しみでした!

>原作に忠実かつアニメの影響であろうアクションのキレもある秀作でしたが、残念ながら続編の製作が無いようです。

シレーヌ編のラストが次を期待させるものだったんですが…、作れなかったんですね。

>お手に入る機会があれば是非ご鑑賞下さい。原作・アニメそれぞれの良さが楽しめます!

ありがとうございます。
いやー、OVAのお話ができるとは。
夜の街を羽ばたいて対決するシレーヌとデビルマン、良かったです。

>あらら、いつの間にダラダラと。デビルマンの話になると、お酒と煙草を携え夜通し話し込んでしまうもので。失礼致しました。

デビルマンって、今も永井先生は描くことがあるようですね。
ライフワークなのでしょうか。

>更新を楽しみにしております。ごきげんよう。

いつもありがとうございます。
こちらこそ、また来てくださいね。
コメントありがとうございました。

今日もどこかで猫が鳴く…(笑)♪良いですね。
2017年02月05日(Sun) 02:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL