こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP追悼・ありがとうございました ≫ 松方弘樹さん

松方弘樹さん

俳優の松方弘樹さんが21日、お亡くなりになりました。
74歳。
ああああ、お亡くなりになってしまいました。
心配していました。

最近容態が良くないという話は聞いていました。
復帰してくれるんじゃないか。
大丈夫じゃないか。
どこかでそう思っていたんですね。

「十三人の刺客」ではやはり、すごいと思いました。
殺陣の切れ味がすごかった。
他の俳優さんがダメというのではなくて、別次元でした。
この方の生まれ育ちを考えれば当たり前なのかもしれませんが、すごかった。

日曜夜「天才たけしの元気が出るテレビ」に、出ていました。
なぜ?と当時は不思議でした。
時代劇、やくざ映画の大スターでしたから。

聞いた話では、この枠は最初は松方さん主演のドラマが企画されていたとか。
結局「元気が出るテレビ」になってしまったが、松方さんのスケジュールは押さえてしまっていた。
だから「元気が出るテレビ」に出演してもらったと聞きました。
これが、おもしろかった!

たけしの話に、笑いすぎて声が裏返る。
独特な畳み方したハンカチで、額の汗をぬぐう。
嘘を楽しむ妖怪や超常現象を追ったコーナーでは、本気でビックリしていました。
わざとらしさを楽しむドラマでは、本気で笑ったり義憤に燃えたり。

意外なお茶目でかわいらしい「素」の部分が見えて、大ウケしたんでした。
CMも良かったな。
こういうことをしてくれる方でした。



私生活、その関連について何かと話題になりましたが、時代劇の未来、俳優の未来を考えている人でした。
池上季実子さんのインタビューでは、男気があって面倒見が良い人だと思いました。
大スターだし、魅力的な男性だと思います。
裏方さんにも、好かれていたんじゃないかな。

時代劇に出る松方さんを、また見たかった。
寂しいな…。
残念ですよ…。
時代劇が似合う俳優さんでした。

つらかったでしょうね。
きつかったと思います。
安らかにお休みください。

楽しいドラマを、思い出をありがとうございました。
インタビューを読むと、泣けてしまう。
ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

Comment

編集
お邪魔します。

私も「十三人の刺客」の殺陣には、ほれぼれしました。動きのメリハリと間の良さ……見ていて胸のすく想いがしました。本当にかっこよかった!

もっともっと後進に、役者としての心得や演技を伝授してほしかったです。

ご冥福をお祈りします。
合掌
2017年01月24日(Tue) 22:07
一つの時台が又…
編集
こんにちは。

昨年末の江端さんの記事にコメントしようと思っていたところ、突然の訃報、松方氏。

又一人、時代劇スターがリアルお星様になってしまった…。

私の丁髷中毒は近衛十四郎氏の大ファンであった祖父の影響が強いのですが、土曜日に泊りに行き一緒に「十四郎ジュニア」主演の大江戸捜査網を見るのがとても楽しみでした。

遠山の金さん開始当初は祖父と共に「えぇ?大丈夫なのか?」でしたが、気付けば胸のすく啖呵やお白洲での気品と威厳漂う所作、気さくな笑顔とべらんめぇで情けを掛ける姿にすっかり嵌っていました。特に私は杉様版をリアルタイムで見ていないので、今やすっかり金さんと言えば松方氏。

祖父と私の杞憂、これにて一件落着ぁく!

ご本人のお人柄が存分に発揮されていたのでしょう。これぞ時代劇ヒーロー!な華は充分過ぎるのに、スターを鼻に掛ける事は無かった。

十三人の刺客はやはり印象深いですよね。眼差しも殺陣もグイグイ引き込まれる迫力。それでいて主演時とは異なる立ち位置をしっかり弁えている。根っからの職人だと感激致しました。

尤も私生活では女の敵!な一面もお有りだったようですが(苦笑)。さぞかしモテモテだったのでしょうしね。

実は以前、弟君の目黒氏に目黒で(笑)偶然お目に掛かった際、ちょこっと暴露して下さりました。「あらゆる意味で派手だけど、根が実直だから許されるんだよね(笑)」と。

任侠物は余り見ていないのですが、健さんや文太の作品とは一味違う、若い世代のファンを牽引した作品も多いとか。是非鑑賞したくなりました。

それにしても惜しい…。昨年ちゃーすけさんの記事で体調がお悪いと知り、心より復帰を願っていたのですが。一回り近く歳上の仲代御大があの通りバリバリなのを見ると余計に…。

誠に残念ですが、時代は着実に終わり、変わって行くものですね。若い役者さん達には何卒、松方氏の軌跡を踏襲し、これからの時代劇を守り続けて頂きたいです。

釣り仲間を亡くしてさぞや残念がっているであろう梅宮辰夫氏には、彼の分まで時代劇でも任侠でも後進を引っ張って頂きたし。

「死して屍拾う者無し」。それでも清さんこと左文寺右京の魂は画面に生き続けます。RIP.
2017年01月25日(Wed) 08:08
最近亡くなられた有名人
編集
2017年が始まって、まだそんなに経っていないのに松方弘樹さんの死去は驚きました。
少し前に神山(こうやま)繁さんも亡くなりました。
この人はテレビドラマ「ザ・ガードマン」で有名ですが映画「ブラック・レイン」にも出ていました。
「ブラック・レイン」は今は亡き、松田優作さん、高倉健さん、若山富三郎さん、安岡力也さんが出てましたが昨年暮れに亡くなった吉本の島木譲二さんも出ていました。
松方弘樹さん、神山繁さん、島木譲二さんのご冥福をお祈りいたします。
2017年01月28日(Sat) 11:43
お夕さん
編集
>お夕さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私も「十三人の刺客」の殺陣には、ほれぼれしました。動きのメリハリと間の良さ……見ていて胸のすく想いがしました。本当にかっこよかった!

本物というか、鍛えられてきた人はすごいなーって思いました。
周りは殺陣の経験がない人ばかりだというので当たり前なんですが、違うな~と思うしかなかった。
共演者さんたちにも勉強になったのではないかと思います。

>もっともっと後進に、役者としての心得や演技を伝授してほしかったです。

松方さんは彼ら、若い俳優さんたちが使い捨てにされることを憂いていました。
育ててあげないことを嘆いていました。
これからも必要とされる俳優さんだったと思います。
とても残念です。

自分が小さいころから知っている俳優さんが、こうしていなくなってしまうのですね。
切ないです。
コメントありがとうございました。
松方さんのご冥福をお祈りします…。
2017年01月28日(Sat) 23:20
丁髷中毒さん
編集
>丁髷中毒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>昨年末の江端さんの記事にコメントしようと思っていたところ、突然の訃報、松方氏。

ありがとうございます。
病気なのは報じられていましたので、心配はしていましたが…。

>又一人、時代劇スターがリアルお星様になってしまった…。

本当です。
映画の全盛期から活躍されている俳優さんですから、映画界もショックでしょうね。

>私の丁髷中毒は近衛十四郎氏の大ファンであった祖父の影響が強いのですが、土曜日に泊りに行き一緒に「十四郎ジュニア」主演の大江戸捜査網を見るのがとても楽しみでした。

私も見ていました、大江戸捜査網。

>遠山の金さん開始当初は祖父と共に「えぇ?大丈夫なのか?」でしたが、気付けば胸のすく啖呵やお白洲での気品と威厳漂う所作、気さくな笑顔とべらんめぇで情けを掛ける姿にすっかり嵌っていました。特に私は杉様版をリアルタイムで見ていないので、今やすっかり金さんと言えば松方氏。

この前、遠山の金さんと言えば誰?という話題が出て、世代が出るねえ~なんて言っていたんですよ。
当然、松方さんのお名前をあげる方も。
やっぱり、きっちりこなしますよね。

>祖父と私の杞憂、これにて一件落着ぁく!

あのお白州での威厳のある声。
遊び人とは全然違うんですよね。

>ご本人のお人柄が存分に発揮されていたのでしょう。これぞ時代劇ヒーロー!な華は充分過ぎるのに、スターを鼻に掛ける事は無かった。

バラエティの時を見ているせいか、楽しい人なんだなあと思いました。
でも時代劇に対する思いは強いため、そこで衝突することもあったのでしょうね。

>十三人の刺客はやはり印象深いですよね。眼差しも殺陣もグイグイ引き込まれる迫力。それでいて主演時とは異なる立ち位置をしっかり弁えている。根っからの職人だと感激致しました。

いてくれて良かった!と思いましたね。

>尤も私生活では女の敵!な一面もお有りだったようですが(苦笑)。さぞかしモテモテだったのでしょうしね。

ワイドショーを騒がせることもたびたび。
池上さんの話などでも出ていましたが、娘さんの受験があるから出演できないと言う池上さんに「待つ」と言ってくれたり。
俳優として慕われたし、モテたでしょうね。

>実は以前、弟君の目黒氏に目黒で(笑)偶然お目に掛かった際、ちょこっと暴露して下さりました。「あらゆる意味で派手だけど、根が実直だから許されるんだよね(笑)」と。

なんか、わかる気がします。
目黒さんは逆にとてもまじめな感じがします。

>任侠物は余り見ていないのですが、健さんや文太の作品とは一味違う、若い世代のファンを牽引した作品も多いとか。是非鑑賞したくなりました。

私も任侠映画はあまり見ていないんですが、評価高いですね。
見てみようかと思いましたよ。

>それにしても惜しい…。昨年ちゃーすけさんの記事で体調がお悪いと知り、心より復帰を願っていたのですが。一回り近く歳上の仲代御大があの通りバリバリなのを見ると余計に…。

どうなのかなあと思い出しては心配し、復帰を願っていました。
訃報は聞きたくなかったです…。

>誠に残念ですが、時代は着実に終わり、変わって行くものですね。若い役者さん達には何卒、松方氏の軌跡を踏襲し、これからの時代劇を守り続けて頂きたいです。

自分がずっと見てきた俳優さんたちがいなくなるというのは、こういうことなんだと思います。
それにしても残念です。

>釣り仲間を亡くしてさぞや残念がっているであろう梅宮辰夫氏には、彼の分まで時代劇でも任侠でも後進を引っ張って頂きたし。

梅宮さんのインタビューに答える様子もとても憔悴していて、痛々しいと思いました。
お元気でいてほしいです…。

>「死して屍拾う者無し」。それでも清さんこと左文寺右京の魂は画面に生き続けます。RIP.

松方さんのお仕事がずっと残っていくことは、素晴らしいことで、幸せな俳優人生でしたよね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
コメントありがとうございました。
2017年01月28日(Sat) 23:42
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>2017年が始まって、まだそんなに経っていないのに松方弘樹さんの死去は驚きました。

本当に残念です。
どなたもつらかったでしょうが、松方さん、つらかったでしょうね…。

>少し前に神山(こうやま)繁さんも亡くなりました。

神山さんの訃報に驚いていたら、松方さん。
神山さんは「雲霧仁左衛門」でも松屋さんだったり、いろんなドラマでお見掛けしていました。

>この人はテレビドラマ「ザ・ガードマン」で有名ですが映画「ブラック・レイン」にも出ていました。
>「ブラック・レイン」は今は亡き、松田優作さん、高倉健さん、若山富三郎さん、安岡力也さんが出てましたが昨年暮れに亡くなった吉本の島木譲二さんも出ていました。

「ブラック・レイン」に出演された方で鬼籍に入られた方が多いのに、改めて驚きました。
時が経つってこういうことなのですね…。
皆さん、いなくなってしまっていたなんて。

>松方弘樹さん、神山繁さん、島木譲二さんのご冥福をお祈りいたします。

仕方のないことと言えば仕方がないんですが、やはり寂しいです。
寂しくなりますね…。

コメントありがとうございました。
2017年01月29日(Sun) 02:37
また、いなくなる…。
編集
こんにちは…おじゃまします。
松方弘樹さん亡くなる「あぁ、来てしまったか…」という思いが、まずは去来しました。

静と動を巧みに魅せる殺陣。
所作事の基本を踏まえながら、自らのアイデアで、演じる人物にインパクトを与える役作り。
正に“役者”でしたね…つくづく。

菅原文太、金子信雄、成田三樹夫、加藤武、遠藤太津朗、山城新伍、室田日出男、川谷拓三…。
『仁義なき戦い』シリーズから幾年…松方さんだけではなく、出演されていた多くの得難い“役者”の皆さんがすでに亡い…。
流れる時(とき)は止められず、切なさばかりが募るけど、遺してくれた作品の記憶と感慨を忘れてしまうことはない…。

松方弘樹さん、お疲れさまでした…そして、ありがとうございました。

2017年01月29日(Sun) 08:32
編集
こんばんは
貴重な時代劇スターが逝ってしまわれましたね…
シャープで華やかな殺陣が大好きな方でした。13人の刺客の舞台挨拶で、共演の若手俳優の方が「間近で松方さんの殺陣を見せていただけて幸せだった」とご挨拶された時、すごく嬉しそうにニコニコされてたのを思い出します。
松方版の遠山の金さんで育った東山さんや松方さん主演の忠臣蔵で主税だった松岡さんがいま時代劇で頑張っているわけで、若手を育てて時代劇を演じてほしいと仰っていた夢が少しずつでもかなっているんだといいんですが…。
大江戸捜査網や柳生十兵衛のシリーズや遠山の金さんや、たくさん楽しませていただきました。
私が大好きな時代劇というジャンルで燦然と輝いていたお星様、ありがとうございました。合掌

2017年01月30日(Mon) 21:21
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>松方弘樹さん亡くなる「あぁ、来てしまったか…」という思いが、まずは去来しました。

まだ早いですよね。
ショックです。

>静と動を巧みに魅せる殺陣。

やっぱり、殺陣は素晴らしいと思います。
十三人の刺客で、認識しました。

>所作事の基本を踏まえながら、自らのアイデアで、演じる人物にインパクトを与える役作り。
>正に“役者”でしたね…つくづく。

弁慶を演じる時はこうする、など、自分で工夫をされている。
お客さんを楽しませてくれているんですね。
こういうことが時代劇を楽しくしてくれた。
こういう楽しい時代劇を見てきたんだ、と思います。

>菅原文太、金子信雄、成田三樹夫、加藤武、遠藤太津朗、山城新伍、室田日出男、川谷拓三…。


うわぁ~、良い俳優さんばっかりです。
皆さん、代わりがいない個性の持ち主ですね。
こういう方が話をおもしろくしてくれていたんですね。

>『仁義なき戦い』シリーズから幾年…松方さんだけではなく、出演されていた多くの得難い“役者”の皆さんがすでに亡い…。

「この方もいらっしゃらない」「もう、この方も」と、ほとんどいらっしゃらない俳優さんだと認識すると、何とも言えない気持ちになります。

>流れる時(とき)は止められず、切なさばかりが募るけど、遺してくれた作品の記憶と感慨を忘れてしまうことはない…。

色あせない作品が残っていて、見ればその魅力がわかる。
見た人が感動する作品が残っている。
そういう作品が残せたということは、幸せな俳優人生ではありますよね。

>松方弘樹さん、お疲れさまでした…そして、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りします…。
コメントありがとうございました。
2017年02月01日(Wed) 21:55
のりさん
編集
>のりさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>貴重な時代劇スターが逝ってしまわれましたね…

本当に、スターの輝きを持つ方でした。

>シャープで華やかな殺陣が大好きな方でした。13人の刺客の舞台挨拶で、共演の若手俳優の方が「間近で松方さんの殺陣を見せていただけて幸せだった」とご挨拶された時、すごく嬉しそうにニコニコされてたのを思い出します。

若手俳優さんは松方さんの殺陣を見に来たそうですから…。
松方さんも殺陣を教える人がいないと、相手がいないと殺陣は覚えられないとおっしゃってました。
感謝されて、うれしかったんでしょうね。

>松方版の遠山の金さんで育った東山さんや松方さん主演の忠臣蔵で主税だった松岡さんがいま時代劇で頑張っているわけで、若手を育てて時代劇を演じてほしいと仰っていた夢が少しずつでもかなっているんだといいんですが…。

若手俳優を使い捨てにしないでほしいと、おっしゃってました。
でも東山さんや松岡さんが頑張ってくれて、良かったと思っているのでは。
もっともっと、育成したかったでしょうね。

>大江戸捜査網や柳生十兵衛のシリーズや遠山の金さんや、たくさん楽しませていただきました。

楽しかったですねえ。

>私が大好きな時代劇というジャンルで燦然と輝いていたお星様、ありがとうございました。合掌

お若い頃の「水戸黄門」の映画を最近、見ました。
時の流れは残酷ですね。
松方さん、本当にありがとうございました。

のりさん、コメントありがとうございました。
2017年02月01日(Wed) 22:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL