妖獣エバイン。
鏡に見知らぬ女性が、映る。
するとそれを見た人間の腕は、意志に関係なく動き出す。
それで運転手は事故を起こし、人々は殺し合う。

この、鏡にいないはずの綺麗な女性が映るっていうのが、怖い。
それを見た人たちが、次々、事故を起こすというのも怖い。
タレちゃんも鏡の中に、綺麗な女性を見る。
同時にタレちゃんのガールフレンドのミヨちゃんも、同じ女性を鏡の中に見る。

綺麗なお姉さんが鏡にいたと驚く2人は、お互いに首を絞め合って気絶する。
これは妖獣エバインだと気づいたデビルマンは、エバインを追い詰める。
鏡を壊せば、エバインは別の鏡に逃げ込むしかない。
その弱点を突かれたエバインは、妖将軍ムザンに助けを求める。

「よしよし、ムザンが助けてやろう」。
ムザンはエバインに、鏡に人間を閉じ込めることができるカギを渡した。
これでデビルマンも閉じ込めることができる。
鏡の中なら、エバインの世界。

エバインは再び、デビルマンの前に現れる。
この出現がかっこいい。
エバインは馬の体を持っている。

だからエバインが来る時は、鏡の中から蹄の音がする。
それが違づいてくる。
エバインの姿が鏡の中に現れ、それが近づいてくる。

逃げて行く時も同じ。
エバインは蹄の音を響かせながら、鏡を探し、鏡に向かって走っていく。
そして飛び込む。
蹄の音が遠ざかり、エバインの姿も遠くなっていく。

ムザンに鏡の国のカギをもらったエバインは、再びデビルマンの前に現れる。
カギをくわえて返事ができないエバインを、デビルマンは「今度は泥棒でもするのか」と笑う。
だが次の瞬間、閃光が走る。

物音に気付いた美樹が心配して、明の部屋にやってくる。
扉を開けて、驚きのあまり、声も出ない。
部屋には、何もなかった。
美樹は驚いて父母を呼ぶが、父親も母親も泥棒かと言う。

そうではないのだ。
「部屋」がない。
泥棒が、部屋まで持っていくわけがない。
そう訴えるが、父親にも母親にも意味が分からない。

この、明の部屋がいきなり薄暗くなって、ドア口に立つ美樹の影が長く伸びるシーン。
部屋に何もなくて、明もいない。
あるのは、割れた鏡だけ。
何だか、ダリの絵を見ているような気分になります。

エバインの最期は、デビルマンに角を折られたエバインは集めた人間の腕のコントロールを失う。
操っていた腕に襲われたエバインは、鏡の世界の中で絶命する。
「あばよ、エバイン。鏡の中がお前の墓場だ」。
「妖獣らしい、最期だったな」とデビルマンが言うが、エバインの最期はちょっとかっこいいのでした。


スポンサーサイト
2017.02.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3401-3fb0b26b