なーなーじゅうにーねんー、じゅうがつー♪
松任谷由実さんも歌っておりました。
ジャゴビニ流星群。

松任谷さんは♪シーベーリアかーらもー見-えなかーったとー♪と歌っていたので、ほとんど見えなかったのでしょう。
しかしデビルマン世界では流星がやってきて、みんなはそれを観察する宿題に取り掛かります。
やってきたのは流星だけではなく、デーモンも来ていたのでした。

美樹たちが空を見上げて、あの赤い星がきれいと言う。
だが父親にも母親にも、赤い星は見えない。
友達のチャコも、東大寺くんも、みんな一層大きな赤い星がきれいだと言う。
しかし大人には見えない。

この夜、赤い星を見ていた子供たちの夢に、美しい女性が現れる。
怖くて綺麗な女性が現れ、今夜ここに来いと川のほとりの場所を告げる。
このことは誰にも言うな、言えば殺す!
そこで夢を見ていた子供たちは悲鳴を上げて起きるが、またすぐに眠ってしまう。

翌朝、子供たちはみんな寝不足だ。
宿題をやってきた東大寺が赤い星のことを発表するが、アルフォンヌ先生は嘘はいけないと言う。
そんな星はどこにもなかった。

流星に乗ってやってきたのは、妖獣サイコジェニー。
子供たちの夢に入り込み、マインドコントロールをしていたのだ。
ジェニーは子供たちを川に誘い込み、大量に溺れさせようとしていた。

これも気づいたデビルマンに阻止されるわけですが、この子供にしか見えない赤い星というのも不気味。
星が見えた子供が全員、同じ夢を見るのが怖い。
夢の内容も怖い。

綺麗な女性が出て来る。
美しいが怖い。
夢のことを話せば殺すと脅すところも、怖い。

サイコジェニーというデーモンを原作で見た時は、軽いショックを受けました。
大きな頭部から、手足が生えているような女性の姿。
原作ではサイコジェニーさん、大活躍でした。


スポンサーサイト
2017.02.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3402-a2f499df