こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP嘘の戦争 ≫ もう一人増えた 「嘘の戦争」第5話

もう一人増えた 「嘘の戦争」第5話

第5回。


五十嵐医師、六反田弁護士、三輪刑事、四条綾子と司。
30年前の事件にかかわった人物が、次々、破滅していく。
二科興三は30年前の事件の真相を語った録音テープがあることに気づき、六車と言う人物を再び使おうとしていた。
父に六車を使わせないため、隆は独自に千葉陽一について調べ始めた。

バー800で相談中の浩一のもとに、いきなり隆が出現した。
隆は浩一に千葉と言う人物を知っているか、聞いた。
とっさに繕う浩一と、話を合わせる百田。

だが隆が帰る間際に、ハルカが「あー、お腹すいた」と言いながら来てしまう。
ハルカもまた、とっさに常連を装い、不自然ではない会話をする。
しかし店を出た隆は、ハルカとどこかで会ったことがあると考え始めた。

浩一の次の標的は、大手銀行に勤めている九島亨であった。
九島の父は銀行の副頭取で、30年前、二科コーポレーションに融資をしていた。
興三が浩一の一家を殺害し、OL殺害事件をもみ消した見返りが、多額の融資だった。

浩一はパイロットを装い、キャビンアテンダントを装ったハルカとともに、九島の前に現れる。
ワインを九島が割ったのをきっかけとして、浩一とハルカは九島と飲むことになる。
九島は愛人の五十川芙美を連れてきて、4人で飲んだが芙美は機嫌が悪い。

どうやら九島と、うまくいっていないようだった。
ハルカは芙美に、一見、うまくいっていそうに見える浩一との関係に不安を持っていることを打ち明けた。
意外な共通点に芙美は、九島について語り始める。

九島と芙美はうまくいってはいないが、九島は芙美と別れることはできない。
なぜなら、九島の不正を芙美は知っているからだ。
それをつかんだハルカは、今度は九島に投資の相談があるのであってほしいと持ち掛けた。

九島への罠を張り巡らせる一方で、浩一は楓とさらに接近していく。
楓はもう、父親とは数年、打ち解けて話をしていなかった。
その話を聞いた浩一は「いつまでも怒りを持っていては、つらいだけ」と言う。
「忘れれば、楽になる」。

浩一の言葉は、楓を動かした。
楓がついに父の興三に、浩一と会ってほしいと言いに行く。
ダメかとあきらめかけていた楓だったが、興三は娘と数年ぶりの会話に心が揺さぶられた。

浩一は九島に、友人から頼まれた美術品を預かってほしいと言う。
すると九島のもとに、麻薬取締官になった百田とカズキが現れる。
逃げ出した九島に浩一は、すごみのある声で「もはや共犯」と告げる。
麻薬と思われた粉は、実は小麦粉なのだ。

ハルカは九島に、自分の先輩が転落した遺体となって発見された時の写真を見せる。
それは食堂のおばちゃんが、1万円で引き受けてくれた死体役なのだ。
ハルミは九島に、浩一の怖ろしさ、背後の組織の怖ろしさを訴える。
2人で逃げようと持ち掛けると、九島は承知した。

九島とハルカが、何もかも捨てて2人で逃げると知った芙美。
嫉妬に燃えた芙美は、九島の不正のすべて告発することを決意。
九島は限度額を超えた融資を妻のエステサロンにしており、マージンを受け取っていた。

逃走資金を山小屋に取りに来た九島の前に、浩一が現れた。
九島に猟銃を向ける浩一。
お前のために、30年前、何の関係もない家族が殺されたんだ。
浩一の言葉に九島は、知るかよ!と叫ぶ。

「殺してやろうか」。
浩一が、猟銃を九島に向ける。
ピタリと標準を、九島に合わせた。

九島は絶叫した。
「恨むなら、あの親子を恨め!」
その親子とは、二科興三とその長男・晃だった。
晃は九島たちに女を連れて来いと言われたら、晃は本当にOLをナンパして連れてきたのだと言う。

事件が起きた時も、晃は見張りをしていた。
二科興三は、九島たちのためだけにやったのではない。
自分の大事な長男を守るために、やったのだ。
「…そういうことか」。

浩一が消える。
九島は金と猟銃を持って、逃走しようとする。
外はもう、暗かった。

九島が外に出た途端、警察に囲まれる。
思わず、九島は猟銃を発砲してしまった。
怖ろしさに足がすくんだ九島を、取り囲んだ警察が逮捕する。
業務上横領、銃刀法違反の現行犯である。

戻った紘一は、ハルカに言う。
もう一人。
地獄を見せなきゃいけない人間が見つかった、と。

そして、ついに隆がハルカに気付いた。
二科会長のパーティーの礼状の見本を見て、隆はハルカに気付いた。
バーにいた女は、あのパーティーにいた女だ…。

浩一が、ついに興三に会いに行く。
隆は、楓と浩一の交際には反対だが、30年前の事件の関係者が次々破滅させられている。
残るのは、二科家だ。

「私と晃か」。
興三が言う。
隆はそれでも、六車を使いたくない。

そのためになぜ、浩一が自分たちに関わっているのか。
目的は何か、知らなければならない。
それを知るためにも、浩一とは離さなくて張らないと考える隆だった。
浩一がやってきた…。


いやいや、今回はパイロットに変身した浩一。
人を騙すにはまず、自分を騙す。
毎回の変身が、楽しみです。

人当たりの良さに見え隠れする憎悪。
いろんな顔を見せて、でも芯にあるのは浩一。
変わらない浩一。
巧みに人の心理を突き、利用していく。

楓に浩一と会ってくれと頼まれた興三は、それとは別に何年振りで楓と話をしたことに感動している。
何年ぶりだろう、お茶を飲むのは。
「もう一杯だけ、付き合ってくれないか」。
興三が楓を可愛がっているのがわかる。

だからこそ。
浩一の復讐は、楓に及ぶ。
しかし、今回は衝撃的な事実が判明。
晃はやはり、事件の関係者だった。

良い人だっただけに、浩一の憎しみは倍になる。
これで、自分を抑えるものはなくなった。
破滅させてやる。

晃は浩一を完全に信頼し、朝まで一緒に飲みたいと事務所にやって来るまでになっている。
将棋のソフトで晃が毎回、負けているのを知っている浩一は晃に勝たせてやる。
晃が、本当に楽しそう。
この人も、隆も、悪い人じゃないんだってわかってきて、つらい。

「いつまでも怒りを持っていては、
つらいだけ」。
「忘れれば、楽になる」。
これは本当は、自分に言いたいですよね。

赦せないということは、いつまでも地獄が続いているということ。
忘れられたら、忘れて前に進むことだけをしていられるなら、浩一の人生は楽になる。
本当は誰よりもそうしたい。

だけど、赦せない。
赦せたなら、みんなが幸せになれるのに。
でもそんなことはできない。
何の罪もないのに、殺された家族。

その犯人は追及されることもなく、自分たちは幸せな生活を送っている。
「殺してやろうか」と銃を向けた浩一は、まぎれもなく本気だった。
照準を合わせた目が、「殺してやりたい」と言っていた。

30年前のOL殺害事件の犯人とその家族は、社会的には成功している。
でも、幸せというわけじゃないんですよね。
ちゃんと罪を償っていないから、自分が何をしたかもわかっていない。
だから同じような過ちを繰り返している。

「復讐するは我にあり」。
浩一を見ていると、そんな言葉も浮かんできます。
晃が語る、幸せな未来。
絶対にありえない幸せな未来。

四条も九島も、俺だけじゃないって言う。
自分と同じような人間がいると、四条は九島を。
九島は晃のことを話した。

晃は、四条や九島とは違う人間に見えるんですけどね。
果たして、同じような罪を背負っているのか。
九島の言うことは、本当なのかと思ってしまう…。

隆は本当はジャスティス、正義の人なんでしょうね。
だから六車を使わせたくない。
浩一たちが危ない、とそうも思っている。

展開のさせ方がうまいなあ、と思います。
視聴者が期待しているものを、今のところ見せてくれてますよね。
しかしこれからは、六車によって、百田やカズキも危ないかもしれない。

これまでは浩一のペースで進んできましたが、六車の登場によって立場が変わるのでしょうか。
何だかもう、最終回を迎えてもおかしくないほどの盛り上がり。
話も、いろんな顔を見せる草なぎさんも楽しみです。
今回、九島役の平岳大さんのクズっぷりも、とっても良かったですよ。


スポンサーサイト

Comment

役者の新しい顔
編集
平岳大さんがとても良かったですね。
以前、何かのインタビューで「僕は悪人顔ですから」と話していました。
時代劇の癖のある役で見かけることが多かった平さん。
猫雑誌でかわいい茶トラの猫をホームレスから譲り受けた事を知って
親近感をもち、好きな俳優さんの一人でした。
ちょっと年齢不肖で大柄な気品のある方なので
確かに現代劇ではなかなかキャラクターがはまらないかな、、
と余計な心配をしていましたが、
今回は登場から、最後まで本当に情けない男でした。お見事。
第3話の六平直政さんもただの強面でない人間の弱さを見せていてとても印象的でした。
好きな役者が出ているからと、それだけではドラマを楽しめません。
共演者が魅力的でないと、ドラマに引き付けられません。
この点でも、「嘘の戦争」はたいへん優秀だと気に入っています

それにしても、六車の登場が待ち遠しい。
もったいぶってじらしているあたり、やっぱり大物俳優さんが待っているのかな、、
一体、誰が演じるのでしょうね?楽しみです。

2017年02月12日(Sun) 15:45
編集
いつも拝見してます!
今日の回も楽しみですよね^^
2017年02月14日(Tue) 18:43
パイナップルさん
編集
>パイナップルさん

こんばんは。

>平岳大さんがとても良かったですね。

あの、嫌な感じがピッタリでした。

>以前、何かのインタビューで「僕は悪人顔ですから」と話していました。

お父様も悪役を演じると、すごい迫力で大物感ありました。
やはり息子さんですね。

>時代劇の癖のある役で見かけることが多かった平さん。

やはり、さすが平幹二朗さんの息子さんです。

>猫雑誌でかわいい茶トラの猫をホームレスから譲り受けた事を知って
>親近感をもち、好きな俳優さんの一人でした。

えー、そんなかわいらしいエピソードをお持ちなんですね。

>ちょっと年齢不肖で大柄な気品のある方なので
>確かに現代劇ではなかなかキャラクターがはまらないかな、、
>と余計な心配をしていましたが、
>今回は登場から、最後まで本当に情けない男でした。お見事。

平さんをキャスティングしたスタッフさんも良いセンスしてますねえ。
本当に浩一が言う「人を持っているもので判断する」嫌な男をちゃんと演じてくれました。
もう、あのうろたえ方、逃げ方がうまくて。
楽しめました。

>第3話の六平直政さんもただの強面でない人間の弱さを見せていてとても印象的でした。

最後の浩一との対面、涙を流しながら謝るところは見ているこちらの感情もクライマックス。
草なぎさんとのガッチリ、組んだ演技。
良かったです。

>好きな役者が出ているからと、それだけではドラマを楽しめません。
>共演者が魅力的でないと、ドラマに引き付けられません。
>この点でも、「嘘の戦争」はたいへん優秀だと気に入っています

共演者をただの主演の飾りにしていないところが、本当に良いです。
存分に力と個性が発揮されて、物語が深くなります。
この点でもパイナップルさんのおっしゃるとおり、良いドラマだと思います。

>それにしても、六車の登場が待ち遠しい。

第6回で、不気味な動きを見せた人物がいましたね。
あれが六車でしょうね。
怖い。

>もったいぶってじらしているあたり、やっぱり大物俳優さんが待っているのかな、、
>一体、誰が演じるのでしょうね?楽しみです。

このスタッフさんのセンスなら、こちらが「おおっ!」と言ってしまう人を用意しているのでは。
予想と違っても絶対にはまっている俳優さんだと思います。
楽しみですね~!

コメントありがとうございました。
2017年02月14日(Tue) 22:04
みんみんさん
編集
>みんみんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

>いつも拝見してます!

ありがとうございます。

>今日の回も楽しみですよね^^

今日もおもしろかったですね~。
もう最終回目前のような展開ですが、まだまだありますね。
楽しみです!

コメントありがとうございました。
良ければまた来てくださいね。
2017年02月14日(Tue) 22:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL