妖獣ドリムーン 「月は地獄だ」

最終回に向かって、デーモンの攻撃は地球規模になっていくアニメ「デビルマン」。
マグドラーの次は木という木、植物が人間に牙をむくウッドドゥが登場。
そして最後は、地球が月に吸い寄せられていく地球全体の危機。
妖獣ドリムーンです。

私が見た最終回は、このドリムーンだった。
でもこの後、妖獣ゴッドという、デビルマンの上官だった妖獣が出て来るんです。
これが本当の最終回。
知らなかった。

ドリムーンが最終回と思っていた人、多いんじゃないでしょうか。
少なくとも、家の近所(!)ではそうだったはず。
ゴッドが最終回だとすると、確かにとっても最終回らしい。
でもドリムーンも最終回らしかった。

月が地球に接近してきた。
引力のために日本では洪水が起き、今度は逆に海が干上がる。
世界中で異常事態が起きる。

ニューヨークでは、列車が片っ端から脱線した。
月の引力に引き寄せられたのだ。
誰もいなくなった学校でアルフォンヌ先生は授業をし、用務員さんは中学の生徒となって立たされる。
ポチ校長は「海ゆかば」を大声で歌っている。

あと3日。
満月の夜。
美樹は宙に浮く。
明も宙に浮く。

もう、最期なのね、あたしたち。
そうらしいな。
2人はしっかり抱き合ったまま、月に向かって行く。

今度の満月が来たら、地球のものはすべて月の引力で吸い寄せられる。
地球は滅亡する。
美樹がつぶやく。
大人はみんな、狂ってしまった。

だが明は、これはドリムーンの仕業だと気づいた。
明は、「どこにいる、妖獣ドリムーン!」と叫び、ドリムーンを探すために走っていく。
「誰か来て!明くんまで狂ってしまった」と美樹は叫ぶ。

デビルマンは、ドリムーンを探す。
満月が見えるところにドリムーンは潜み、月を吸い寄せているはずだ。
だがドリムーンは、見つからない。
デビルマンは、気が付く。

地球が、月を吸い寄せているのではない。
月が、地球を吸い寄せているのだ。
ドリムーンは、月にいる!
デビルマンは、月に向かう。

帰らない明を、洪水でソファの上に乗ったまま、美樹は待ち続ける。
タレちゃんが美樹のところに来て、眠らないの?と聞く。
眠っておかないと、洪水で眠れなくなると心配する。
だが美樹は言う。

「先におやすみなさい、タレちゃん」。
「そうやって明兄ちゃんの帰って来るの、待ってるの?」
「そうよ、どうせあたしたちみんな、満月までの命なら、一分一秒でも明くんのそばにいたいから」。

「良く言うよ」と笑ってタレちゃうんは水の中、去っていく。
だが水の中、戻ってきて「心配しなくても明兄ちゃんは帰って来るってば」と言う。
「どうもありがとう」と美樹は微笑む。
「おやすみなさい」。

そして今度は不安げに、言う。
「明日の朝は、また会えるんだよね?美樹姉ちゃん」。
「満月まではあと3日もあるのよ!」
美樹は微笑む。

タレちゃんもミヨちゃんと一緒に死ねることに気付いて、ほっとしている。
勉強一筋、東大一直線だった東大寺も、「そうさ!みんな死ぬんだ!」と言って、本を破り捨てた。
「死ぬのに試験も勉強もあるもんか!」
「こうしちゃいられない!」

東大寺は水でいっぱいになった部屋を出て行く。
そして水でいっぱいの夜道を自転車でこいでいく。
すると道の曲がり角から、チャコが走って来る。

「入郎(はいろう)さん!」
「チャコ!」
東大寺とチャコが抱き合う。

「あと3日で死んじゃうのね」。
「そうさ、まだ3日もある!」
東大寺の声は力強かった。

「今こそ、僕は青春を取り戻すんだ!」
東大寺はチャコを抱きしめる。
「うれしいわ、入郎さん」。

抱きあう2人を見た明は、「はっ、東大寺のやつ、今頃気づきやがって」と言う。
「おめでとうよ」。
心の中でつぶやく明の声は、優しかった。
明は美樹のところに戻ってきた。

大人はみんな、狂っちまった。
子供はみんな、正気に返った。
後はこの俺が、ドリムーンを倒せばいいのよ。

美樹の寝顔に明は話しかける。
ドリムーンは月にいるが、自分の力では片道飛行しかできないだろう。
明は美樹に別れを告げる。
「あばよ、美樹」。

はっと気が付いた美樹が「明くん!」と叫んで追いかけて来る。
美樹は外に出る。
外は静まり返っていた。

水が庭にも満ちていた。
「明くん」。
美樹の目に涙があふれる。

だがデビルマンは月に行かずに済んだ。
ドリムーンは月ではなく、月と同じ周期で飛ぶ人工衛星に潜んでいたのだ。
しかしドリムーンの胸にある穴は、ブラックホールと同じ力を持つ。
すべてを吸い込んでいき、吸い込まれたら二度と外には出られない。

デビルマンも吸い込まれそうになる。
このままでは、吸い込まれて終わりになる。
デビルカッター、デビルアローはドリムーンに吸い込まれ、何もダメージを与えることができない。

最後の手段と言って、デビルマンはデビルビームを放つ。
ドリムーンは一瞬、ひるんだ。
だがすぐに前を向いた。
しかし、デビルマンの姿がない。

「ドリムーン、後ろだ!」
デビルマンの声に驚いたドリムーンは、再び攻撃する。
しかしドリムーンの姿は崩れていき、やがて消滅してしまった。
「成功だ。ドリムーンのやつ、あわてて自分自身を吸い込んでしまったんだ」。

マグドラー、ウッドドゥも被害甚大でしたが、ドリムーンは冷え上がったアマゾンが出てきたり、海の底に沈んだハワイが出てきます。
列車が脱線するニューヨークなど、被害は世界規模で出ています。
誰もいなくなった学校で授業をしているアルフォンヌとポチ校長。

美樹の大人はみんな、狂ってしまったという言葉。
スケールが大きいんです。
月に吸い寄せられていく明と美樹の描写は、幻想的。

美樹はもう、明への思いを隠さない。
印象に残るのが、ガリ勉キャラの東大寺。
親が望み、東大寺が親の望みをかなえようとして偽ってきた自分を捨てる。

同じく、チャコも東大寺のもとへ走っていた。
2人が出会い、チャコがもう終わりなのだと言う。
「あと3日で死んじゃう」と言うチャコに東大寺は「まだ3日もある!」と言う。
ポジティブ!

「今こそ、僕は青春を取り戻すんだ!」
東大寺の声にはもう、迷いはない。
充実し、満足し、力強い。
何と頼りがいのある声。

「3日しかない」ではなくて「3日もある」!
東大寺の賢さが、最大限に発揮された感じがします。
抱きあう2人を見た明は、「東大寺のやつ、今頃気づきやがって」と言う。

しかし、その後に「おめでとう」と祝福する。
最初の頃の明だったら、東大寺のことなんか気にもかけなかったはず。
明の口調は、暖かった。

ここで晃は、美樹と同じ言葉を言う。
「大人はみんな、狂ってしまった」。
でも明は、重要な言葉を付け足す。
「子供はみんな、正気に返った」。

そして言う。
だから、あとは自分がドリムーンを倒せば良いだけだ。
それだけで、世界は蘇る。
明はもう、美樹だけではなくてこの世界を救いたいと思っている。

ドリムーンの回が好きなのは、ここです。
結局ドリムーンは、自分で自分を吸い込んで終わってしまう。
デビルマンって、人間界にいて、知恵をつけて一層強くなったかも。

ドリムーンを倒した後の、大人がみんな狂ってしまった世界は、どうなるのか。
牧村家の理性的で公平な父と母も、出て来ない。
あの両親までもが、おかしくなってしまったのだろうか。
気にはなりますが、この話、良い話だと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

リアルタイムでは観ていないので定かではないのですが、私が小さい頃(昭和40年代後半~50年代初頭)は頻繁に再放送されていて、そのほとんどの最終回が「ドリムーン」でした。

確かに観た記憶があるのに、なかなか放送されないので、不思議に思ったものです。

察するに、「ゴッド」という名の悪者に対して、何らかの抗議もしくは自主規制がかかったのではないでしょうか。

ゴッドから正体をバラされ、荘厳な音楽と共にデビルマンに変身する明。

そして美樹が明の正体を知ってもなお、明を信じるところ(あなたが明君をこんな姿にしたんでしょ!)が子供心にじーんと来た名場面なんですよね。

No title

久しぶりです。デビルマンの話題なので、やってきてしまいました~。

私も再放送視聴組ですが、最終回まで放送されてた記憶が(関西だからかな?)。リアルタイムではこのドリムーンの回が最終回だったのですね。

たしかにドリムーンを倒すため、月へ行く決心をしたデビルマンは片道切符でもう地球へは戻れない覚悟、最終回にはふさわしい描写でした。

ちゃーすけさんの仰る通り、美樹以外の人間や世界の人のためを考えるようになったデビルマン、ここへきて正義のヒーローなった感じ。

なんせもともと悪魔ですから、最初のほうは美樹さえ守れれば、他の人間などどうでもよかった、4話でベトラの蜘蛛に乗っ取られた美樹の両親を躊躇なく蹴っ飛ばしてますし、頭の中は美樹しかなかった。
成長したな~デビルマン。

こんばんわ


記事読ませてもらいました。地球が月を吸い寄せているのでなく月が地球を吸い寄せているのに気付いたのは確かアルフォンヌ先生の授業だったと思いますけど。違いましたっけ?

他の記事にも書かせてもらいましたがこの回の東大寺と千夜子、それを見守っていた明は本当に感動的でした。デビルマン全体の好きなシーンのベスト10に入ります。

自分もドリムーンの回がきっかけで地球と月の関係を勉強しました。

OZZYさん

>OZZYさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>リアルタイムでは観ていないので定かではないのですが、私が小さい頃(昭和40年代後半~50年代初頭)は頻繁に再放送されていて、そのほとんどの最終回が「ドリムーン」でした。

私はリアルタイムで見た時、確かに最終回がドリムーンでした。
夏休みになると、デビルマンが再放送されていました。
いつからされなくなったのかなあ…。

>確かに観た記憶があるのに、なかなか放送されないので、不思議に思ったものです。

そっちも不思議ですね。

>察するに、「ゴッド」という名の悪者に対して、何らかの抗議もしくは自主規制がかかったのではないでしょうか。

考えたら最終回、人間を守る悪魔と、神を名乗る悪魔の対決ってすごい。

>ゴッドから正体をバラされ、荘厳な音楽と共にデビルマンに変身する明。
>そして美樹が明の正体を知ってもなお、明を信じるところ(あなたが明君をこんな姿にしたんでしょ!)が子供心にじーんと来た名場面なんですよね。

美樹が最後にヒロインぶりを発揮した感じです。
この時の美樹は、まさに明の女神であり、ヒロインでした。
「あなたは神なんかじゃない。神様ならあたしたちの心の中にいるわ!」
美樹、良かったですよー。

コメントありがとうございました。

ヒコさん

>ヒコさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>久しぶりです。デビルマンの話題なので、やってきてしまいました~。

ありがとうございます。

>私も再放送視聴組ですが、最終回まで放送されてた記憶が(関西だからかな?)。リアルタイムではこのドリムーンの回が最終回だったのですね。

はい、ドリムーンの後にゴッドがあって、あれ~?!って思いました。
不思議でしたね。

>たしかにドリムーンを倒すため、月へ行く決心をしたデビルマンは片道切符でもう地球へは戻れない覚悟、最終回にはふさわしい描写でした。

ゴッドを見ると正体をばらされて、美樹の目の前で変身して…って、最終回にふさわしい展開なんですけどね。
ドリムーンもすごく最終回っぽかったです

>ちゃーすけさんの仰る通り、美樹以外の人間や世界の人のためを考えるようになったデビルマン、ここへきて正義のヒーローなった感じ。

最初は美樹にさえ手を出さなきゃ良いんだよ!だったのに、変わりましたねえ。

>なんせもともと悪魔ですから、最初のほうは美樹さえ守れれば、他の人間などどうでもよかった、4話でベトラの蜘蛛に乗っ取られた美樹の両親を躊躇なく蹴っ飛ばしてますし、頭の中は美樹しかなかった。

ほんとにやることが荒っぽかったです。
でもタレちゃんにはそんなに荒っぽくなかったかな。
怖がりなタレちゃんも明を怖がってなかったですね。
タレちゃんには明=デビルマンの本質がわかってたのかな?

>成長したな~デビルマン。

デビルマンって成長するヒーローだったんですよね。
アニメと原作が逆の方向に行っているのがおもしろいです。

コメントありがとうございました。

憂海さん

>憂海さん

こんばんは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>地球が月を吸い寄せているのでなく月が地球を吸い寄せているのに気付いたのは確かアルフォンヌ先生の授業だったと思いますけど。違いましたっけ?

そうですね!
誰も来なくなった学校で、アルフォンヌ先生は月の授業をしていました。

>他の記事にも書かせてもらいましたがこの回の東大寺と千夜子、それを見守っていた明は本当に感動的でした。デビルマン全体の好きなシーンのベスト10に入ります。

ここは本当に良いですね。
まだ3日もある!今こそ僕は青春を取り戻すんだ!
母親にいけません!と言われて、千夜子のスケートも断っていた東大寺が。
自分の意思を通すことを覚えた東大寺は、これから変わったと思います。
それを「おめでとうよ」と言う明の声には、東大寺への友情を感じました。

>自分もドリムーンの回がきっかけで地球と月の関係を勉強しました。

そういうのってありますよね。
ダイヤは固いが火で燃えるって、ジュエルで知った子供もいるかも。

コメントありがとうございました。

これが最終回?

別スレでコメントしましたが、これが最終回?と思わせる放送回でした。
ドリムーンも最後は間抜けなやられかたでした。
ちなみにドリムーンの声は「チキチキマシン猛レース」のブラック魔王、初期の「ゲゲゲの鬼太郎」のネズミ男の声の大塚周夫さんです。
この人は数年前に亡くなりましたが。

だめおやじさん

>だめおやじさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>別スレでコメントしましたが、これが最終回?と思わせる放送回でした。

ドリムーンにしても、ゴッドにしても、ゼノンとは戦ってませんしね。
どっちでもまだ続きそうな終わり方でした。
後に、ひょっとして続編がある予定だったのかな、とも思いました。

>ドリムーンも最後は間抜けなやられかたでした。

あんなにすごい力で月と地球を接近させられたのにねえ…。

>ちなみにドリムーンの声は「チキチキマシン猛レース」のブラック魔王、初期の「ゲゲゲの鬼太郎」のネズミ男の声の大塚周夫さんです。

あっ、どこかで聞いた声だと思ってたら。
チキチキマシン猛レースは、ケンケンという犬がおもしろかったです。

>この人は数年前に亡くなりましたが。

そうだったんですか。
自分が知っている俳優さん、声優さんが亡くなっていきます。
年齢からしたら仕方のないことなんですが、寂しいです。

コメントありがとうございました。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード