こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPアニメ・コミック ≫ 神様ならあたしたちの、ここに住んでるわ! 「妖獣ゴッド 神の奇跡」

神様ならあたしたちの、ここに住んでるわ! 「妖獣ゴッド 神の奇跡」

魔王ゼノンから人間を滅ぼす最前線を担うため、人間界に降りたデビルマンは、不動明の体を借りる。
だがそこで牧村美樹という少女と出会ったデビルマンは一瞬で恋をし、美樹を守ることにする。
人間に味方することはデーモンを裏切ることであり、この時からデビルマンは裏切り者として孤独な戦いをするようになる。

美樹を通して、デビルマンこと不動明は人間と触れ合うようになった。
やがてデビルマンは、美樹の周りの大切な人を知り、守るようになる。
そして人の世の愛、優しさ、美しい世界を守りたいと思うようになった。
デビルマンは孤独なヒーローであり、変化するヒーローなのだった。

最終回「妖獣ゴッド 神の奇跡」。
デーモン一の猛者・デビルマン。
デビルマンは、魔王ゼノンの親衛隊だった。

親衛隊の隊長がゴッドだった。
つまり、デビルマンの上官。
ゴッドには、思考を現実にする能力がある。
その能力を使い、羽田空港にバベルの塔を、銀座にスフィンクスを登場させる。

デビルマンの前に現れたゴッドへ、美樹に正体をばらされたくなければ黙って見ていろと言う。
しかたなく、デビルマンはゴッドが世界をめちゃくちゃにするのをただ見ている。
だがゴッドのせいでタレちゃんとミヨちゃんが、火の海の中に取り残されてしまった。

どうしても火の海になった道路を渡って、こちらに来ることができない。
恐怖と絶望に抱き合って泣く、タレちゃんとミヨちゃん。
やはり、絶望する美樹の両親。

明はゴッドとの約束を破り、変身。
2人を助けて戻る。
ただ見守るしかなかった美樹の父と母に2人を渡すと、病院に急ぐように言う。
「ありがとう!」と言って、美樹の両親はタレちゃんとミヨちゃんを連れて病院に行く。

「ありがとう、明くん」。
美樹の顔には、危険を顧みずタレちゃんとミヨちゃんを助けてくれた明への感謝と愛しさがあふれている。
そこに、ゴッドの笑い声が響く。
現れたゴッドを見た美樹は「化け物!」と言う。

ゴッドは言う。
「俺は確かに化け物だ。人によっては神と呼ぶものも、いるがな」。
そう言うとゴッドは「雨よ、あれ!」と叫び、雨を呼ぶ。

「雷よ、あれ!」
今度は雷が鳴り響き、落雷する。
自分の能力を見せつけたゴッドは、「わかったか牧村美樹」と言う。

「俺は全知全能の神。心に念ずるだけで、ありとあらゆる奇跡を起こすことができるのだ」。
「じゃあ、バベルの塔もスフィンクスも!」
「その通りだ、だが驚くのはまだ早い。不動明!奴もまた、俺と同じ化け物だ!」

「ええっ」。
「デビルマンとは、彼のことだ」。
観念したように目を閉じ、美樹に背を向けて歩く明。

変身を呼ぼうとして叫ぶ声が、悲しみのあまり途切れる。
うつむいたまま、明はデビルマンに変身した。
「美樹の目の前でついに変身したか、デビルマン」。

そうデビルマンに言うとゴッドは、勝ち誇ったように今度は美樹に言う。
「これが不動明の正体だ。わかったか!」
「正体を見られてしまったな、美樹」。

デビルマンの声は、悲しく、優しかった。
だが美樹は叫ぶ。
「嘘!」

ゴッドが仰天する。
「何だと!」
「あなたなのね、また、奇跡とやらを起こしたんでしょう!」

驚いたゴッドは「今の変身は俺の仕業ではない、不動明の」と言いかけた。
「嘘つき!」
美樹は聞かない。

「あなたのせいに決まってる!明くんが化け物であるはずないわ!」
さらに美樹は叫ぶ。
「むろん、あなたは神でもない。神様があなたみたいに人間の世界に害をくわえるもんですか!」

「神様なら!」
美樹は胸に手をやる。
「あたしたちの、ここに住んでるわ!」

美樹の言葉に、ゴッドは怒り狂った。
だが美樹は、ひるまない。
「神の名を語る化け物!さあ、明くんを元の姿に戻してよ!」

ゴッドはついに、切れた。
「神を恐れぬ罰当たりめ!」
怒り狂ったゴッドは、「竜巻よ、あれ!」と叫ぶ。

竜巻が美樹に向かって、進んでくる。
「はっ!」
美樹がおののく。

デビルマンが、デビルアローで竜巻を粉砕する。
「こうなれば、神と悪魔の一戦を交えるしかないようだな」とゴッドが言う。
「望むところだ!」

ゴッドは次々、竜巻、雷を繰り出す。
デビルマンは竜巻に巻き込まれ、雷に打たれ、落下していく。
そして火を噴く怪鳥が現れ、デビルマンを追って来る。

デビルアローで怪鳥をかき消したデビルマンはゴッドに「神なら神らしく戦え」と言う。
ゴッドとデビルマンの、お互いの力を尽くした一騎打ちが始まった。
「デビルカッター!」
「ゴッドカッター!」

「デビルアロー!」
「ゴッドアロー!」
デビルマンが持つ能力は、ゴッドも持つ。

戦いは全くの互角。
2人は空中で組み合った。
「ゴッドビーム!」
「デビルビーム!」

双方がビームを放ち、どちらも落下する。
地上に落ちたゴッドは、満身創痍。
だがデビルマンもまた、満身創痍で立ち上がれない。

「明くん、負けないで」。
美樹が固唾をのんで見守り、心の中で叫ぶ。
「負けないで明くん」。

「明くん」。
「明くん」。
「…美樹」。

デビルマンが起き上がる。
ゴッドを羽交い絞めにして、飛ぶ。
「デビルビーム!」

ゴッドがデビルビームを浴び、断末魔の叫びをあげる。
地上に向かって、ゴッドは落下していく。
炎に包まれ、ゴッドは消滅した。

翌日。
明は、美樹をバイクの後ろに乗せて走っていた。
「良かったわ。元の明くんに戻って。化け物のままだったら、どうしようかと思ったわ」。
明の背に頬を寄せ、美樹が言う。

「もしそうなら、俺を嫌いになったかい」。
「そうでもないわ」。
「ふうん」。

「案外、かっこよかったわ」。
「ありがとうよ」。
「何が」。

「俺を信じてくれたことさ。目の前でデビルマンになった俺を」。
「どんな格好になったって、中身は同じ明くんじゃない」。
「そうだよ」。

明はそっと、ささやく。
「好きだぜ美樹」。
「なんか言った?」と美樹が聞く。
「何でもねえよ!」

明は乱暴にバイクを飛ばした。
「きゃあっ」と、美樹が言う。
「明くんったら」。
そう言うと、明の背に頬を寄せる。


最終回。
やっぱり美樹は「デビルマン」の女神だった。
明がどんな姿になろうとも、明は明だ。
変わらないと、美樹は信じている。

ゴッドは自分を神と称していたが、美樹の言葉はそのプライドを打ち砕いた。
神が、人間の少女に拒絶される。
美樹の前ではゴッドは神でも何でもない。
悪魔であり、化け物でしかない。

対して、悪魔に変身したのに明は悪魔ではない。
デビルマンを脅す、最強の切り札が無力になってしまった。
もうデビルマンに恐れるものはない。

神を名乗る悪魔ゴッドと、悪魔だが悪魔ではないデビルマンの対決。
今考えると、非常におもしろいです。
デビルマンは、デーモン族一の猛者。
ゴッドはその猛者のデビルマンの上官。

妖元帥とか魔将軍、妖将軍はいましたが、親衛隊というのはまた別組織なんでしょうね。
ゼノンの側近中の側近。
さらにゴッドは、思考を現実にする能力がある。

デビルマンも、その力には苦戦。
しかしそれだけでは、苦戦はしてもデビルマンを殺すには至らない。
結局最後は、力と力のぶつかり合い。

デビルマンが持つ武器は、ゴッドも持っている。
能力は互角、いや、それ以上の力を持つ上官ゴッド。
デビルマンとゴッド、どちらも能力の限りを尽くし、落下。

どちらも立ち上がれないほどの傷を負っている。
そこで勝敗を分けたのは、「明くん」「明くん」と祈る美樹の心の声だった。
目の前で変身した明を化け物呼ばわりして逃げていたら、デビルマンはゴッドに負けていたかもしれない。

「明くん」。
見守る美樹の祈りの声に、デビルマンは起き上がる。
最後の力を振り絞り、ゴッドにビームを炸裂させた。

途中、ララのけなげさに印象が薄くなった感じもした美樹。
確かに最初の頃の美樹なら、明が変身したのを見て逃げたかもしれない。
シレーヌやザンニン、誘拐されたり崖から落ちたり、アドバルーンに吊るされたり。
美樹も結構、ひどい目に遭ってるんです。

でもこのゴッドに向かって叫んだ美樹には、この時のような弱さはなかった。
美樹を通して人間を知り、デビルマンは人間界をデーモンから守る存在に変わった。
デビルマンが変わったように、美樹もまた変わった。

デビルマンは、成長していくヒーローの物語だった。
さらにヒロイン美樹も、成長していく物語だったのです。
そしてやっぱり美樹は、「デビルマン」世界の女神だった。

もしかしたら美樹とは、神が選んだ人間だったのかも。
デビルマンと美樹の出会いこそ、神の奇跡だった。
この出会いが世界を救った。

最後に美樹は「良かった、明くんが元に戻って」と言います。
美樹は明の正体を、本当はデビルマンと知った上で、知らないふりをして受け入れたのか。
それとも本当に、ゴッドの仕業と思っているのか。
ここのところは見ている方に判断させて、デビルマンは終わります。

初めて知った人の愛。
その優しさに目覚めた男。
この世界には、戦う価値がある。

アニメ版の「デビルマン」は、原作とは全く違う終わり方をした。
カリスマ的な魅力を持ち、いまだにファンが多く、いろんな人や作品に影響を与えた原作は名作。
それに対して、アニメの評価は、いまいちなのかもしれません。
でも一つのデビルマン世界の完結として、私はこのアニメ版が大好きなのです。


スポンサーサイト

Comment

こんばんは
編集
いつも私の投稿にご丁寧に返信ありがとうございます。

とうとう最終回の話題にきましたね~。
>デビルマンと美樹の出会いこそ、神の奇跡だった。
上手い!!まさに、その通りかもしれません。

第一話で谷底に落ち、亡くなった不動明と明の父、もしデビルマンが乗り移ったのが明の父のほうだったら、美樹との関係はまったく意味はなかった(笑)

デビルマンはゼノンの親衛隊だったのが最終回で判明しますね、ゴッドは親衛隊長、地位から言えばどのへんだったのかな?
レイコックが副社長、ザンニン・ムザンは常務と専務、ゴッドは部長ってとこでしょうか?

しかしゴッドの魔力、恐竜を出したり、スフィンクスを出したり、妄想を現実にする。ドラえもんに匹敵する力。これがあれば、ゼノンにとって代わることもできたでしょうに・・・と思ってしまう。

なのにデビルマンに対しては、美樹にお前の正体をバラされたくなければ、俺の悪さを黙っていろと、ジャイアンやスネ夫みたいなセコイことを言う!
しかしながら、デビルマンにとっては一番痛い所をついてるからさすがは上司です。

最後、美樹の前で変身するデビルマン、いつもの変身ポーズも「デッビ~~ル!」の雄たけびもない、(かすれた声で一応言ってるが)、この場面は見てて衝撃でした。
しかし、美樹は信じない。「とうとう正体を知られてしまったな、美樹」とデビルマン本人が言ってるのに!
これ以降のことは、ちゃーすけさんが本文で仰ってる通り、まさに美樹は女神でした。

子供心に、ラスボスであるゼノンを倒してないのに終わりって・・・という思いもありましたが、ラストのナレーションが「まだ魔王ゼノンの周りには妖獣たちが~孤独なデビルマンに勝利が訪れるのはいつの日か」があって納得。(このナレーション、どう聞いても妖人ロクフェルの声の人だ!と思う)

私もちゃーすけさん同様、このアニメ版が大好きです。
長々と書き込んでしまってすいません、デビルマンのレポ、お疲れさまでした。
2017年05月13日(Sat) 20:39
神奈川在住再放送試聴組より
編集
最終回はこのゴッドでしたね~。
見ていて「美樹みたいな彼女が欲しいな~」と小学生のガキながら思ってました。

展開としてはウルトラセブンの最終回と似てるんですよね。だからどちらも名作として未だに記憶に残っているのかな?

原作は原作、アニメはアニメでどちらも別作品として楽しめたのは、幸せだったと思います。
2017年05月14日(Sun) 00:44
ヒコさん
編集
>ヒコさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>いつも私の投稿にご丁寧に返信ありがとうございます。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

>とうとう最終回の話題にきましたね~。

はい、これからまた遡って、各話を書くかもしれません。
一気に見て、ついに最終回まで来ました。

>>デビルマンと美樹の出会いこそ、神の奇跡だった。
>上手い!!まさに、その通りかもしれません。

ありがとうございます。
美樹の明への思いがなければ、あの時、デビルマンはゴッドに負けていたかもしれない。
すると世界はデーモンに支配されてしまう。
デビルマンに戦う意義を持たせた美樹こそ、神の采配だったのかもと思いました。

>第一話で谷底に落ち、亡くなった不動明と明の父、もしデビルマンが乗り移ったのが明の父のほうだったら、美樹との関係はまったく意味はなかった(笑)

ですよねえ。
しかもあの時、デビルマンじゃなかったら、全然意味がなかった。

>デビルマンはゼノンの親衛隊だったのが最終回で判明しますね、ゴッドは親衛隊長、地位から言えばどのへんだったのかな?
>レイコックが副社長、ザンニン・ムザンは常務と専務、ゴッドは部長ってとこでしょうか?

何だろう、社長付き秘書とかなのかな?

>しかしゴッドの魔力、恐竜を出したり、スフィンクスを出したり、妄想を現実にする。ドラえもんに匹敵する力。これがあれば、ゼノンにとって代わることもできたでしょうに・・・と思ってしまう。

マグドラーとかドリムーンとか、ゼノンに代われるんじゃないかって能力の持ち主ですが、彼らの場合、ゼノンは弱点を把握している。
だからゼノンは絶対ですが、ゴッドは神の奇跡を起こせる能力の持ち主ですからねー。
しかし結局、その力ではデビルマンを倒すまでは至らなかったことを思うと、ゼノンはゴッドの奇跡を無にする能力でもあったのかもしれません。

>なのにデビルマンに対しては、美樹にお前の正体をバラされたくなければ、俺の悪さを黙っていろと、ジャイアンやスネ夫みたいなセコイことを言う!

これ、確かにせこい!
やっぱりゴッドは、自腹ではコーヒー一杯飲ませないタイプの部長なのかもしれません!

>しかしながら、デビルマンにとっては一番痛い所をついてるからさすがは上司です。

デビルマンのことをよく知ってます。

>最後、美樹の前で変身するデビルマン、いつもの変身ポーズも「デッビ~~ル!」の雄たけびもない、(かすれた声で一応言ってるが)、この場面は見てて衝撃でした。

ここ、うまかったですね!
うなだれながら変身してます。

>しかし、美樹は信じない。「とうとう正体を知られてしまったな、美樹」とデビルマン本人が言ってるのに!

そう、ゴッドに変身させられたんじゃない。
本人が言っているのに、美樹は信じない。
いかに美樹が明を信じてるか、愛してるか。
そして美樹と言う女性が、強く、揺らがないか。
デビルマンが美樹を好きな理由が、わかりました。

>これ以降のことは、ちゃーすけさんが本文で仰ってる通り、まさに美樹は女神でした。

最終回の美樹は、まさにヒロインでした。

>子供心に、ラスボスであるゼノンを倒してないのに終わりって・・・という思いもありましたが、ラストのナレーションが「まだ魔王ゼノンの周りには妖獣たちが~孤独なデビルマンに勝利が訪れるのはいつの日か」があって納得。(このナレーション、どう聞いても妖人ロクフェルの声の人だ!と思う)

私も「あれ?ゼノンを倒して終わりじゃないの?」って思いましたが、デビルマンは人間を味方にしてどんどん強くなるヒーローなんでしょうね。
人間がデーモン側に堕ちない限り、デビルマンは戦える。
あー、ロクフェルの声の人でしたか!
デビルマンは声の出演もみんな渋い。

>私もちゃーすけさん同様、このアニメ版が大好きです。

良かったー、良いアニメですよね。

>長々と書き込んでしまってすいません、デビルマンのレポ、お疲れさまでした。

こちらこそ、ありがとうございました。
また良ければ来てくださいね。
2017年05月14日(Sun) 10:11
地味JAM尊さん
編集
>地味JAM尊さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>最終回はこのゴッドでしたね~。
>見ていて「美樹みたいな彼女が欲しいな~」と小学生のガキながら思ってました。

女の子は明くん好きな人が多かったようです。
2人とも魅力的な主人公だったんですね。

>展開としてはウルトラセブンの最終回と似てるんですよね。だからどちらも名作として未だに記憶に残っているのかな?

あー、アンヌの前で変身してました。
あれも、わかっていても最終回は見れば涙してました。

>原作は原作、アニメはアニメでどちらも別作品として楽しめたのは、幸せだったと思います。

ですね!
原作読んだ時は衝撃でしたが、あれはあれですごい世界を作ったなと思います。
永井豪さんはすごいです。

コメントありがとうございました。
2017年05月14日(Sun) 10:24
タレちゃんが先に見ていた
編集
別スレでコメントしましたが、再放送で本当の最終回が放送されたんですよね。
美樹の目の前でデビルマンに変身しますが掛け声が悲しそうな声でした。
でも明がデビルマンに変身するのを見たのは美樹でなく、タレちゃんが先に見たんですよね。
ウットドウの回でタレちゃんが見てしまうんですがタレちゃんはその後に「明兄ちゃんがデビルマンに変身する夢を見た」と言ってバレずに済んでしまいました。
あの騒ぎだったから現実と夢の区別が出来なかったからなんでしょうね。(笑)
2017年05月16日(Tue) 12:18
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんにちは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>別スレでコメントしましたが、再放送で本当の最終回が放送されたんですよね。

再放送を見た時、「あれ、これ、知らない!」ってビックリしました。
でも見逃してはいないです。
「デビルマン」の最終回、ドリムーンの翌週に違う番組が始まってましたから。
キューティーハニーだったかな?
昆虫世界の話だったかもしれません。

>美樹の目の前でデビルマンに変身しますが掛け声が悲しそうな声でした。

あのシーン、うまいですね。
変身もうなだれてましたし。

>でも明がデビルマンに変身するのを見たのは美樹でなく、タレちゃんが先に見たんですよね。
>ウットドウの回でタレちゃんが見てしまうんですがタレちゃんはその後に「明兄ちゃんがデビルマンに変身する夢を見た」と言ってバレずに済んでしまいました。
>あの騒ぎだったから現実と夢の区別が出来なかったからなんでしょうね。(笑)

そうそう、タレちゃんは錯乱して「デビルビーム!」って真似してました。
ここなら大丈夫って運ばれたところがお墓で、木は襲ってくるわ、草は襲ってくるわ。
パニックだったから、夢だと思い込んだ。

それと、タレちゃんはゴッドの回でもそうでしたが、明に何度も助けられています。
明兄ちゃんに、絶大な信頼を持っていたんでしょうね。
自分が危ない時はいつも明兄ちゃんが助けてくれたから、あんな夢を見たんだと思ったのかも。

コメントありがとうございました。
2017年05月18日(Thu) 16:09
編集
こんばんわ
あちこちに書き込んで申し訳ありません。

「妖獣ゴッド神の奇跡」は最終回らしい素晴らしい作品だったと思います。

明がレコードで「運命」を聴いている時にタイトルがでるなど素晴らしい演出だったと思います。


特に後半の明、美樹、ゴッドのやり取りは最終回らしいシーンだったと思います。
特に美樹が格好良すぎでした。

個人的に印象的なのは以下の2つです。
一つ目は明が変身する時の悲痛な叫び声です。この叫び声は今でも耳に残っています。(それだけ声優さんがうまかった)

2つ目はゴッドのゴッドアローがやたら格好良かった事です。

最終回ほどエンディング曲にマッチしたシーンはないでしょうね。

♪人の世に愛がある 人の世に夢がある この美しい物を守りたいだけ♪

でも一番の名歌詞は♪もうこれで帰れない さすらいの旅路だけ♪でしょう
2017年05月19日(Fri) 22:36
憂海さん
編集
>憂海さん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

>「妖獣ゴッド神の奇跡」は最終回らしい素晴らしい作品だったと思います。
>明がレコードで「運命」を聴いている時にタイトルがでるなど素晴らしい演出だったと思います。

この回は音楽が荘厳で印象的でした。

>特に後半の明、美樹、ゴッドのやり取りは最終回らしいシーンだったと思います。
>特に美樹が格好良すぎでした。

美樹は明を罠にかけるためにひどい目に遭うことはあっても、本人の活躍ってあんまりなかった。
デーモンは人間に対しては圧倒的な力があるので、美樹がどうこうできることはないんですが、ララの方が動かしやすいキャラでしたし。
でも最終回はまさに、ヒロイン美樹。
デビルマンが戦う意味は、ここにあるって思えました。

>個人的に印象的なのは以下の2つです。
>一つ目は明が変身する時の悲痛な叫び声です。この叫び声は今でも耳に残っています。(それだけ声優さんがうまかった)

これ、本当に良いです。
明=デビルマンの悲しみがすごく良く出てます。
声優さん、うまいです。

>2つ目はゴッドのゴッドアローがやたら格好良かった事です。

おおっ、それは見直してみなければ。

>最終回ほどエンディング曲にマッチしたシーンはないでしょうね。
>♪人の世に愛がある 人の世に夢がある この美しい物を守りたいだけ♪

あれほどまでに自分を信じてくれる美樹のために、美樹を取り巻く人の優しさのために、デビルマンは戦える。
美樹が明を愛している限り、デビルマンは負けないなって思えました。

>でも一番の名歌詞は♪もうこれで帰れない さすらいの旅路だけ♪でしょう

ここは見ていた子供たちの心をつかみましたね。
デビルマンが孤独の戦士であることを、的確に表現した歌詞。
すばらしい、名曲だと思います。

いつもコメントありがとうございます。
2017年05月20日(Sat) 21:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL