アニメの「デビルマン」を見ています。
今の技術や絵柄で見ると、やっぱり昔のアニメなんですが、すごくおもしろい。
でも、アニメ版の評価って低いんでしょうか。

マンガの「デビルマン」では、かなり重要な存在であるシレーヌ。
そのルックスから、男性ファンもかなり多いと思われます。
私は物体のデザインとしても、シレーヌは素晴らしいと思います。
シレーヌのようなマンガで重要なキャラクターが、1話限りの妖獣になっている。

そんなマンガのファンの不満はあると思いますが、キャラクターの作り方はかなりうまいと思います。
子供が見るアニメではあるけど、残酷で怖いシーンもある。
デビルマン自身、例えば女性であってもデーモンには容赦がありません。
でも女性デーモンはみんな、すごい美女です。

それでもデビルマンはキックはするわ、目にチョップもします。
デーモンが女性であっても気が抜けない攻撃力と魔力、精神の持ち主だから仕方ないんですが。
ララのような例外はいましたが、女性デーモンは平気で人を殺します。
ラフレールが美しいのはデーモンである本来の姿があまりに醜怪だからなのだとわかって、子供には衝撃でした。

確か、土曜日の夜8時30分からの放送だったこともあって、大人が見ても興味を持つような話になっていたのでしょうか。
また、声優さんたちがうまい。
特にデーモンの声優さんたち、すごく良いです。

主題歌も良かったです。
さすが、阿久悠さん。
歌詞が良いです。

特にエンディングに流れる「今日もどこかでデビルマン」。
♪もうこれで帰れない さすらいの旅路だけ♪
この歌詞、名作です。
当時の視聴者であった子供は、この切なさ、哀愁漂う歌詞にかなりやられたと思います。

結構怖かったアニメ「デビルマン」。
でもアニメ版は、女の子のファンが多かったとも聞きました。
やはり、明くん・デビルマンのキャラクターが良かったのでしょうか。

愛する美樹のためにたった一人戦い、その気持ちが揺るがない。
悪魔だから人間の姿の時も不良ではあるが、純情。
こんなギャップが、女の子にはたまらなかったのかもしれません。

アニメ版のデビルマンのパンツがダメ、という意見もあるとか。
逆にマンガのデビルマンの下半身に、ビックリしてた友達はいました。
私は青いパンツでも、アニメのデビルマン好きです。


スポンサーサイト
2017.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3410-ec0cde73