こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPアニメ・コミック ≫ 惚れたか不二子 「ルパン三世」第1シリーズ

惚れたか不二子 「ルパン三世」第1シリーズ

このところ、70年代に放送されていたアニメを見るチャンスがあります。
「デビルマン」もですが、今度見たのは「ルパン三世」の第1シリーズ。
私が見たのは夕方の再放送ですが、今見てもすごいオシャレ。
そしてアダルトなアニメです。

まるで洋画に出て来るような、センスの良い画面。
当時の洋画からかっこいいエッセンスを抽出したんだと思いますが、それにしてもかっこいい。
音楽まで、かっこいい。

オープニングの、弾丸の雨をかいくぐるルパン。
西部劇のように、相手を倒して銃を収める次元。
剣をふるう五右衛門。
色っぽい不二子。

第2シーズンの不二子はこれはこれで魅力的なんですが、宝石好きの女性泥棒でした。
ルパンが処刑されたと思い込んだ不二子は、誰もいない海でルパンへの思いを吐露する。
この「脱獄のチャンスは一度」の不二子は、とても魅力的です。
「ほんとにあなたが好きになったみたい」と言った不二子が、頭から離れないルパン。

その不二子が忘れられないルパンは、不二子のために獲物もあきらめて救出に向かう。
不二子はプーンという男と組んで、殺し屋をやっていたよう。
組織から仕事に失敗した不二子を殺せと言われたプーンは、不二子を撃った。

だがプーンの撃った弾丸は致命傷には、ならなかった。
それどころか、プーンは不二子に海に飛び込めとささやいていた。
プーンは不二子を、逃がしたのだ。
その思いに涙する不二子。

こんな過去があったら、それはおいそれとルパンの口説きには乗らなかった。
不二子を助けに来たルパン。
ルパンを撃とうとしたプーンを、不二子は撃つ。

「惚れたか、不二子」。
そう言って、プーンは倒れる。
ケガが治った不二子。
次元がやって来ると、ルパンは縛られていた。

「女は」。
「逃げちゃった」。
「こりゃあいい」と次元は笑う。
不二子は埠頭に立ち、泣いていた。

自分を助けた男を、不二子は撃ってしまった。
愛する男のために。
それほどまでに、今はルパンが好きだ。
罪深さに、不二子は泣いている。

もしかしたらルパンは、わざと不二子を逃がしたのかもしれません。
この時の不二子には、1人で泣く時間が必要だった。
ものすごい大人のアニメですね。

不二子の一番魅力的なのは「脱獄のチャンスは一度」と、「殺し屋はブルースを歌う」ではないか。
この不二子は、それほど魅力的です。
自分が不二子を好きなのは、この第1シーズンの不二子が良かったからだと思います。
この不二子を見ると、不二子が時にルパンを致命傷にならない程度に裏切るのも、ルパンがそれを許すのもわかる気がします。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
第1シーズンのルパンの初めの方の話は結構アダルトでかっこいいですよね。
今なら全然通用してたでしょうに、あの頃は視聴率悪くて路線変更で・・
でもこのかっこよさに気づいたのは大人になってからで、子供の頃は変更後の方が好きでした。
ブーンとの話、すっごい覚えてます。
この感じが今の深夜帯に放送された「峰不二子という女」に引き継がれたのでしょうねえ。
2017年02月25日(Sat) 23:39
不二子ちゃんが一番
編集
「ルパン三世」に出てくる峰不二子ちゃんは女性アニキャラでは一番好きです。
最初の「ルパン三世」のアニメは大人向けのアニメですね。
私が不二子ちゃんで印象に残っているのは「魔術師と呼ばれた男」で後姿のヌードが出ているのが良かったです。
不二子ちゃんはいつもルパンをだましたりしていますが、「脱獄のチャンスは一度」でルパンを助けようとします。
この回は不二子ちゃんがルパンに対しての思いやりがよく出ていました。
不二子ちゃんがルパンをだましたので面白かったのが「罠にかかったルパン」で、あるクラブで星影銀子にルパンたちが罠にかかってしまい、時限爆弾が仕掛けられた腕時計をさせられて、解除するには30億円の現金を用意との要求でした。
ルパンと次元は造幣局の印刷工場で現金30億円造って、星影銀子に金を引き渡した後に車に爆弾仕掛けて、飛び散る札に星影銀子と不二子ちゃんがかき集めますが、次元が「もったいないなあ」と言った後にルパンが「あれは使えないんだよ」と言って、札の肖像画がルパンの顔になっていました。
この回ですが普段は女に興味ない次元が星影銀子にデレデレしたり、アドバルーンで現金強奪のドタバタシーンは笑ってしまいました。

これは余談ですが最初のアニメの「ルパン三世」は全23話ありますが第11話「7番目の橋が落ちるとき」、第21話「ジャジャ馬娘を助け出せ」、第22話「先手必勝コンピューター作戦!」には不二子ちゃんが出ていません。
あと、最初の不二子ちゃんの声は二階堂有希子さんでしたが後の声は増山江威子さんがしていました。
増山江威子さんのときはバカボンママのイメージがありました。
2回目のアニメの「ルパン三世」の前は「元祖天才バカボン」が放送されていましたから。
増山江威子さんは最初の「ルパン三世」では第14話「エメラルドの秘密」でキャサリンの声をしていました。
「キューティー・ハニー」の如月ハニーの声も同じ増山江威子さんです。

最初の「ルパン三世」のDVDBOXを持っています。
やはり最初の「ルパン三世」が一番面白いですね。
2017年02月26日(Sun) 11:52
No title
編集
ちゃーすけさん、こんばんわ。

>>峰不二子
だめおやじさんも書かれているように、
第一シリーズの声優さんは二階堂有希子さん
でした(柳生博さんの奥さん)。

第二シリーズで増山江威子さんに声優が
変わった時、最初はかなりのクレームが来た、
と言うような話も有りましたが(正直あまりに
ショックでくじけそうにもなったらしい)、
その抗議をバネにして役をつづけたと聞いています。

2017年02月27日(Mon) 00:43
はらみさん
編集
>はらみさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>第1シーズンのルパンの初めの方の話は結構アダルトでかっこいいですよね。

あのアダルトさ、子供には衝撃です。

>今なら全然通用してたでしょうに、あの頃は視聴率悪くて路線変更で・・

まさに早過ぎたアニメだったんですねえ。
今の深夜に大人が見るアニメの元祖みたいなものなんでしょうか。

>でもこのかっこよさに気づいたのは大人になってからで、子供の頃は変更後の方が好きでした。

やっぱり、時代を読んで作ってるんですよね。
赤いジャケットのルパン、自分も好きでした。
わかりやすくて、とっつきやすかったんだと思います。
おもしろいとは思っていましたが、第1シリーズの良さに気付いたのは私も大人になってからです。

>ブーンとの話、すっごい覚えてます。

これは見た人は覚えている人が多いかもしれませんね。

>この感じが今の深夜帯に放送された「峰不二子という女」に引き継がれたのでしょうねえ。

あー、やっぱり深夜アニメの元祖なんでしょうね。
このアニメ、未見なんですー!
見たいー!

コメントありがとうございました。
2017年02月27日(Mon) 21:07
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんばんは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>「ルパン三世」に出てくる峰不二子ちゃんは女性アニキャラでは一番好きです。

男性を喜ばせるためのキャラクター、添え物のお色気キャラクターのようでいて、不二子は実はとても自立しているキャラクターなんですよね。
私も不二子が大好きです。
キューティーハニーも好きですけど。
あれは敵も女性でした。

>最初の「ルパン三世」のアニメは大人向けのアニメですね。

やっぱり、そうですよね。
大人にアニメを見てもらおうと思って作ったんじゃないかな?って思いました。

>私が不二子ちゃんで印象に残っているのは「魔術師と呼ばれた男」で後姿のヌードが出ているのが良かったです。

アダルトな雰囲気は不二子のこの、色っぽさによるものも大きいですね。

>不二子ちゃんはいつもルパンをだましたりしていますが、「脱獄のチャンスは一度」でルパンを助けようとします。
>この回は不二子ちゃんがルパンに対しての思いやりがよく出ていました。

この話もとっても良いですよね。
あれが実弾なら俺は死んでいた、この屈辱を銭形にも与えたかった。
だからギリギリまで脱獄しなかったんだと言う、ルパンのプライドもすごかった。
最後に、海を見ながらルパンのワルサーを海に投げる不二子も、とても良かった。

>不二子ちゃんがルパンをだましたので面白かったのが「罠にかかったルパン」で、あるクラブで星影銀子にルパンたちが罠にかかってしまい、時限爆弾が仕掛けられた腕時計をさせられて、解除するには30億円の現金を用意との要求でした。
>ルパンと次元は造幣局の印刷工場で現金30億円造って、星影銀子に金を引き渡した後に車に爆弾仕掛けて、飛び散る札に星影銀子と不二子ちゃんがかき集めますが、次元が「もったいないなあ」と言った後にルパンが「あれは使えないんだよ」と言って、札の肖像画がルパンの顔になっていました。
>この回ですが普段は女に興味ない次元が星影銀子にデレデレしたり、アドバルーンで現金強奪のドタバタシーンは笑ってしまいました。

おもしろいですねえ!
不二子に騙される時のルパンって、どこか楽しそうに見えてしまいます。
第2シリーズだったと思うんですが、たった一人取り残されてピンチのルパンのもとに不二子が戻って来る話がありました。
なぜ、戻ってきたと聞かれて、さあ、なぜかしら?と言う不二子。
最後に2発だけ残された銃弾、一つはルパンのため、もう一つは不二子のため。
2人が見つめ合ったところに次元と五右衛門が助けに来るんですが、不二子は本当に危ない時はちゃんとそばにいるんです。
不二子が嫌いという男の子がいたんですが、不二子のそういうところを知らないんだろうなと思いました。

>これは余談ですが最初のアニメの「ルパン三世」は全23話ありますが第11話「7番目の橋が落ちるとき」、第21話「ジャジャ馬娘を助け出せ」、第22話「先手必勝コンピューター作戦!」には不二子ちゃんが出ていません。

「7番目の橋が落ちる時」は名作だと言われていますが、まだ見直していません。
不二子が出ていないのは寂しいです。

>あと、最初の不二子ちゃんの声は二階堂有希子さんでしたが後の声は増山江威子さんがしていました。
>増山江威子さんのときはバカボンママのイメージがありました。

増山さん、セクシーなイメージがありますが、そうなんですよねー。
当時はバカボンのママの人、という印象が強かったのかな?

>2回目のアニメの「ルパン三世」の前は「元祖天才バカボン」が放送されていましたから。

ですよね。
バカボンママでした。

>増山江威子さんは最初の「ルパン三世」では第14話「エメラルドの秘密」でキャサリンの声をしていました。

おー、楽しみです。

>「キューティー・ハニー」の如月ハニーの声も同じ増山江威子さんです。

かわいくて、セクシーで、それでいて雄々しくて似合ってました。

>最初の「ルパン三世」のDVDBOXを持っています。
>やはり最初の「ルパン三世」が一番面白いですね。

シリーズ化するきっかけになるはずだと思いました。
おもしろいですもん。
でも第1シリーズの良さがわかったのは、大人になってからでした。
子供の頃はおもしろいとは思いましたが、第2シリーズのルパンが好きでした。
わかりやすくて、とっつきやすかったんだと思います。
今見ると、第1シリーズの登場人物が持つ複雑さには、映画並みの味があります。

コメントありがとうございました。
2017年02月27日(Mon) 22:27
別スレ6124さん
編集
>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>だめおやじさんも書かれているように、
>第一シリーズの声優さんは二階堂有希子さん
>でした(柳生博さんの奥さん)。

確か第1シリーズの不二子の声は違ったなあ、どなただっただろう…と思っていたら、二階堂さんだったんですね。
素敵です。

>第二シリーズで増山江威子さんに声優が
>変わった時、最初はかなりのクレームが来た、
>と言うような話も有りましたが(正直あまりに
>ショックでくじけそうにもなったらしい)、

えー、確かに二階堂さんはあの不二子にぴったりでしたが…。
増山さんは第2シリーズの不二子にぴったりです。
確かに第1シリーズの不二子のような複雑さは第2シリーズにはないですが、増山さんの不二子は第2シリーズのルパンの世界に合っていると思います。
声優さんも大変ですねえ…。

>その抗議をバネにして役をつづけたと聞いています。

プロですねえ…。
つらかったでしょう。
増山さんの如月ハニー、大好きですよ。

貴重なお話、ありがとうございました!
2017年02月27日(Mon) 22:33
「お前は生まれつき贅沢なんだよな、好きにするさ…」
編集
こんにちは…ご無沙汰ぶりでした。
『ルパン三世』1stシリーズの初期…大人のムードと“あの時代”の匂いを濃密に感じる作品でしたね。
作品の作りが、基本的に優しくないというかな…視聴者に心地良さとわかりやすさを提示してくれる“親切設計”には出来ていないというか…個人的には、その“不親切さ”がクセになるのですが(笑)。
ただ、シリーズを重ねるごとにキャラクターもストーリーも親しみやすさとわかりやすさが強調されていき、やがて“安心の定番商品”へと変わっていく…刺激はそこそこ控えめにしてね。
ん?何だか『必殺』のこと言っているような気が(笑)。

虚(きょ)を纏って本音で生きる…自由で奔放な裏切りの女、峰不二子。
だけど、1stシリーズ初期の不二子には、どこか危うくて脆(もろ)い心の揺らぎが垣間見えて、それが魅力的でした。
また、二階堂有希子さんの声が絶品♪
艶(つや)と品と毒っ気が、見事にブレンドされていて“あの声”を聞いたら、そりゃ関わった男たちが翻弄されるのも仕方がないと言わざるを得ない(笑)。

こうやってコメントを書いていると、また観たくなってきました。
ちなみに、1stシリーズではありませんが、僕の個人的にお気に入りは、2ndシリーズの『君はネコ、僕はカツオ節』というエピソード。
ブロードウェイでスターを夢見るダンサーの娘が「ルパンに“鉛筆の削りカスを食べるネコを”盗まれた」新聞記者にウソをついたことから始まるコメディ。
ハードやクールとはほど遠い、お気楽なエピソードですが(笑)“明るくで愉しい、ほどよい甘さ”の心地良さが好きでした。

それでは、また…。
今回のタイトルは『脱獄のチャンスは一度』で、僕が1番好きな次元の台詞です。
2017年02月28日(Tue) 15:33
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>『ルパン三世』1stシリーズの初期…大人のムードと“あの時代”の匂いを濃密に感じる作品でしたね。

何て言うんですか、オープニングの不二子のバックなどは、ヌーヴェル・ヴァーグの雰囲気があると思うのですが。

>作品の作りが、基本的に優しくないというかな…視聴者に心地良さとわかりやすさを提示してくれる“親切設計”には出来ていないというか…個人的には、その“不親切さ”がクセになるのですが(笑)。

あー、わかります。
そんな感じですよね。
受け取り側の思いで、いろんなことが感じられるように作っている。

>ただ、シリーズを重ねるごとにキャラクターもストーリーも親しみやすさとわかりやすさが強調されていき、やがて“安心の定番商品”へと変わっていく…刺激はそこそこ控えめにしてね。
ん?何だか『必殺』のこと言っているような気が(笑)。

本当です(笑)、共通していますね。
いわゆる裏街道のお仕事の人なので、表街道を歩く人とは、決定的に違っている。
裏街道なんて歩くからには、複雑なものを背負っている。
その中にプライドがあったり、信念があったりして、ダークサイド側の人間なのに憎めない。
それがやがて、ダークサイド側の人間の暗さ、複雑さがなくなって、悪いお仕事しているという設定だけでこちら側の人になっている…。

追い詰める側の敵役も切れ者で手強い。
それがだんだん、無能なコメディリリーフとなっていく。
お約束の心地良さはあるけど、消えたものもある。
うまく言えないんですが、そんな感じです。

>虚(きょ)を纏って本音で生きる…自由で奔放な裏切りの女、峰不二子。
>だけど、1stシリーズ初期の不二子には、どこか危うくて脆(もろ)い心の揺らぎが垣間見えて、それが魅力的でした。

そうそう、本当にそうです。
素敵な表現ですね!

>また、二階堂有希子さんの声が絶品♪
>艶(つや)と品と毒っ気が、見事にブレンドされていて“あの声”を聞いたら、そりゃ関わった男たちが翻弄されるのも仕方がないと言わざるを得ない(笑)。

あの世界にピッタリな声でしたね。
すごく良かった。
増山さんは増山さんで良いですけど、このルパンにはこの不二子の声だなあ。

>こうやってコメントを書いていると、また観たくなってきました。

年齢行って見ると余計、良いですよ~。

>ちなみに、1stシリーズではありませんが、僕の個人的にお気に入りは、2ndシリーズの『君はネコ、僕はカツオ節』というエピソード。
>ブロードウェイでスターを夢見るダンサーの娘が「ルパンに“鉛筆の削りカスを食べるネコを”盗まれた」新聞記者にウソをついたことから始まるコメディ。
>ハードやクールとはほど遠い、お気楽なエピソードですが(笑)“明るくで愉しい、ほどよい甘さ”の心地良さが好きでした。

それは楽しみ!

>今回のタイトルは『脱獄のチャンスは一度』で、僕が1番好きな次元の台詞です。

言ってましたね。
さすが相棒、誰よりもよく理解している。
周りもみんな、魅力的でした。

コメントありがとうございました!
2017年02月28日(Tue) 23:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL