男っぽさを包容力に変えて 渡瀬恒彦さん

渡瀬恒彦さんがお亡くなりになりました。
気になってたんです…。
友人が男っぽくて大好き!って言ってましたし。

「226」で青年将校たちの階級章をむしり取っていく時の顔が、すごく怖かった。
迫力ありました。
後の「おみやさん」や「9係」「タクシードライバーの推理日誌」で見せる温厚な顔とは全然違う。

私は任侠映画を知りませんが、渡瀬さんのお若い頃はギラギラして、あれが普通。
むしろ最近、穏やかになったなって思っていたそうです。
まだまだ渡瀬さんの姿を見られると思っていたので、とてもショックです。
男っぽい役もできましたが、だらしない役も良かった。

渡哲也さんもかっこいい、かっこいい兄弟です。
だけど、お兄さんより使える役の幅が広かったと思います。
若い頃の危険な雰囲気を上手に、年令とともに包容力、大人の余裕に変えた俳優さんだと思います。
だから年齢が行ってから、どんどん出てきたんでしょうね。

渡瀬さんで、人があまり覚えていなくて、私が強烈に覚えているのは桃井かおりさんとのサスペンスドラマです。
何かの都合で実家の大邸宅に帰らなくてはいけなくなった、桃井かおりさんが演じる女性。
そこにお兄さんが現れる。
これが渡瀬さん。

しかし、彼女の兄は自殺しているはず。
何の冗談か、たくらみか。
彼女は怯え、拒否するが、アルバムにあった兄の写真は全部なくなっている。

兄を知る人も、この人は兄だと言う。
彼女は兄の自殺を担当した刑事に、この男の指紋を送り、検証してくれるように頼む。
だが彼女の期待とは違って、兄の指紋とこの男の指紋は一致する。
やがて新しい家政婦など、この男が手配したと思われる人間がやって来る。

彼女の周りは、この男の知り合いで固められていく。
財産狙いだろうか。
彼女はどんどん、追い詰められていく…。
しかし、このラスト、桃井さんの一言ですべてを了解してしまうのでした。

渡瀬さんが不気味で、怖くて、それでいてかっこよかった。
とても残念です。
ご冥福をお祈りします。



ドラマのラスト。
これはネタバレですから、見ていない人は見ないでくださいね。
桃井さんが最後に一言、「違う。だって兄さん、あたしが殺したんだもの」。

その一言を聞いた渡瀬さんは立ち上がる。
周りの人間もやってくる。
全ては彼女の犯行を暴こうとした、芝居だったのでした。
原作は後で知りましたが、外国の小説だったようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

いい役者さんでした

東映の任侠映画などビデオ借りてよく見てました、「仁義なき戦い」とか。
ギラギラしてて、武闘派のキャラをやらせれば千葉真一同様凄まじい暴れっぷり!

1980年のアクション刑事ドラマ「大激闘マッドポリス」で主役の刑事チームのリーダーでした、同僚刑事役には、梅宮辰夫・片桐竜次・志賀勝・中西良太など。見てるとどっちが刑事でどっちが犯人かわからんドラマでしたが・・。

渡瀬さんの訃報はショックでしたね、松方弘樹さんや菅原文太さんもショックでしたが。

好きな俳優さんの訃報はかなり落ち込みますね。
今まででは、藤田まことさんと緒形拳さんの訃報が一番ショックでしたね。
中村主水と梅安、いや知らぬ顔の半兵衛、いや夢屋時次郎・・・(私は必殺全シリーズ1話も欠けることなく見てきた必殺マニアですので、かなりショックでした。)
藤田さんの訃報を朝見た日は仕事する気にもならなかったくらいです。

いい役者さんがどんどん亡くなっていく・・残念です。
渡瀬さんのご冥福をお祈りします。

ヒコさん

>ヒコさん

こんにちは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>東映の任侠映画などビデオ借りてよく見てました、「仁義なき戦い」とか。
>ギラギラしてて、武闘派のキャラをやらせれば千葉真一同様凄まじい暴れっぷり!

当時の任侠映画の渡瀬さんを知っている人は、みんなすごい迫力と言いますね。

>1980年のアクション刑事ドラマ「大激闘マッドポリス」で主役の刑事チームのリーダーでした、同僚刑事役には、梅宮辰夫・片桐竜次・志賀勝・中西良太など。見てるとどっちが刑事でどっちが犯人かわからんドラマでしたが・・。

本当ですね、すごいメンバー!
でもこういうドラマ、大好きです。

>渡瀬さんの訃報はショックでしたね、松方弘樹さんや菅原文太さんもショックでしたが。

松方さんもでしたが、かなりショックです。

>好きな俳優さんの訃報はかなり落ち込みますね。

昔から見てきた俳優さんの訃報って、かなりショックです。

>今まででは、藤田まことさんと緒形拳さんの訃報が一番ショックでしたね。

緒形拳さんはやっぱり、かなりショックでした。
信じられませんでした。
藤田さんも「ああ…」とガックリしました。

>中村主水と梅安、いや知らぬ顔の半兵衛、いや夢屋時次郎・・・(私は必殺全シリーズ1話も欠けることなく見てきた必殺マニアですので、かなりショックでした。)

そうだったんですね。
わかります、私も半兵衛さん、時次郎…、思い出深い緒形さんがもういない。
もう見られないのがショックでした。

>藤田さんの訃報を朝見た日は仕事する気にもならなかったくらいです。

中村主水はもういないのか、と。
いなくなって藤田さんの存在って大きかったんだなと思いました。
やっぱり、火が消えたようでしたもんね。

>いい役者さんがどんどん亡くなっていく・・残念です。

しかたのないこととはいえ、ガックリします。

>渡瀬さんのご冥福をお祈りします。

まだまだいろんなドラマで見られると思っていただけに。
渡瀬さんのご冥福をお祈りします。
男っぽい、良い俳優さんでしたね。

コメントありがとうございました。

ナイフのような

私が渡瀬さんに強い印象を覚えたのは「事件」1978が最初でした。
抜身のナイフのような粗暴さを前面に出しつつ、内面に抱えた繊細さ、思慮深さの表現が見事でした。

俳優以前にサラリーマン生活を経て来られたキャリアは、ちゃーすけさんが仰る通り、年齢を重ねる中にしっかり醸し出された気がします。

私にとって、彼の極め付けは「皇帝のいない八月」1978。
意志を貫くクーデター首謀者の自衛官役は素晴らしかった。
重傷を負って捕えられた同志(演ずるは山崎務!)と、目で語り合って別れるシーンは絶品でした。
もっとも作品の出来栄えは残念レベルでしたが、これは監督の責任。
主演男優として最高の仕事だったと思います。

日本映画斜陽化のタイミングがもう少しずれていたら、渡・渡瀬の兄弟俳優の存在感はもう少し違ったものだったかもしれません。

ちゃーすけさんが仰ってるドラマはこれでしょうか。
何かで読んで知っている気がしますが、映像の記憶がないので未見だと思います。
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-20916

kaoru1107さん

kaoru1107さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私が渡瀬さんに強い印象を覚えたのは「事件」1978が最初でした。
>抜身のナイフのような粗暴さを前面に出しつつ、内面に抱えた繊細さ、思慮深さの表現が見事でした。

ああ~、そうやって考えるとたくさん、たくさん、渡瀬さんの出演作ってあります。

>俳優以前にサラリーマン生活を経て来られたキャリアは、ちゃーすけさんが仰る通り、年齢を重ねる中にしっかり醸し出された気がします。

サラリーマンだったと聞いて、この方、どこの業界にいても成功したんじゃないかって思いました。

>私にとって、彼の極め付けは「皇帝のいない八月」1978。
>意志を貫くクーデター首謀者の自衛官役は素晴らしかった。

渡瀬さんの男っぽさはこういう役ですごく、生きますよね。

>重傷を負って捕えられた同志(演ずるは山崎務!)と、目で語り合って別れるシーンは絶品でした。
>もっとも作品の出来栄えは残念レベルでしたが、これは監督の責任。
>主演男優として最高の仕事だったと思います。

言えてます!
思い出せば「時代屋の女房」も良かったです。

>日本映画斜陽化のタイミングがもう少しずれていたら、渡・渡瀬の兄弟俳優の存在感はもう少し違ったものだったかもしれません。

石原プロの状態も、このご兄弟には影響あったかもしれませんね…。
石原プロにかかわっていたら、渡哲也さんはともかく、渡瀬さんの俳優人生は大きく変わっていたと思います。

>ちゃーすけさんが仰ってるドラマはこれでしょうか。
>何かで読んで知っている気がしますが、映像の記憶がないので未見だと思います。
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-20916

こっ、これです…。
ありがとうございます!
あれから見た覚えがありません。
誰も覚えていなかったんですが、桃井さんとの共演がとても印象に残りました。
渡瀬さんは不気味な存在感を示していたんですが、最後の最後に謎がすべて氷解し、渡瀬さんの雰囲気が変わったように見える。
かなり力が入った作品で、当時の2時間サスペンスの力の入れようがうかがえます。

コメントありがとうございました。

映画にも多数出演

私にとって、この人はやはり渡哲也さんの弟のイメージ強いです。
兄弟で清酒「松竹梅」のCMにも出ていました。
映画も多数出ていました。
兄の渡哲也さんより多かったのではないでしょうか?
「戦国自衛隊」のも出ていましたが、これには少し前に亡くなったかまやつひろしさんも出ていました。
今年になって、神山繁さん、松方弘樹さん、藤村俊二さんが亡くなっています。
この後も出るかも知れません。
亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

ところでヒコさんがコメントした「大激闘マッドポリス」に出ている片桐竜二さん、志賀勝さん、中西良太さんですが渡哲也さんが主演していた「大都会Ⅲ」、「西部警察」では犯人役で出ています。
特に中西良太さんはチンピラ役が多いです。
似合っていますが。(笑)

南町奉行所 高積見廻り同心 高木勘平

ちゃーすけさん、こんばんは。

私が渡瀬恒彦さんで最初に思い浮かべる
ドラマは「影同心」ですね。

いわゆる「腸捻転」で必殺シリーズをNETに
持って行かれてしまったTBS系列が、東映に
「必殺シリーズのような時代劇を作って欲しい」
と言うオファーを出して作られたのが「影同心」
になります。

東映では中村主水と言うキャラクターを
分割して表現する事にしたようで、主水の
持つ獣性の部分を受け持ったのが渡瀬さんの
演じた高木勘平に当たると思います
(因みに忍者刀由来と思われる直刀を一本だけ
落とし差しにしているのがトレードマークで、
他の同心モノでは殆ど見ない(が、考証的には
それ程間違っている訳ではない)表現です。

因みに主水の知恵モノとしての役割を受け持ったのが
金子信雄さん演じる柳田茂左衛門、女好きの
役割を受け持ったのが山口崇さん演じる
更科右近になります
(さらに余談ですが、家では奥さんに頭が上がらない部分は金子さんが受け持っており、奥さん役は丹阿弥谷津子さんでした)。

なお、ご存じのとおり丹阿弥さんは実際の金子信雄さんの奥さんです。

また、いなくなる…『仁義』の男が。

こんにちは…おじゃまします。
渡瀬恒彦さん死去…松方弘樹さんに続いて、また『仁義なき戦い』の男が亡くなってしまった。
『狂った野獣』『暴走パニック大激突』『震える舌』『大激闘マッドポリス80』『セーラー服と機関銃』『戦国自衛隊』…数多の作品が思い浮かびます。

個人的に印象深いのは『仁義なき戦い 代理戦争』の倉元猛ですねぇ…。
主人公・広能(菅原文太)の組に預けられた、血気盛んな突破者(とっぱもの)の青年。
劇中、肉体労働をしている母親に洋モク(タバコ)を渡して「みんなにも分けたりぃや」と言って、照れくさそうに去っていくその姿…忘れられないです。
本編では敵対する組織の組長を狙うも、返り討ちにあって殺されてしまう倉元。
ラスト、敵対組織の襲撃を受けて、倉元の骨壺は砕け、その様を見ていた倉元の母親は泣き崩れ、広能は痛切な絶望感を滲ませて、まだ熱い倉元の骨片を握りしめる…。
「戦いの時、まず失われるのは若者の命。そして、その命が報われることはない」

渡瀬恒彦さん…本当にお疲れさまでした。

だめおやじさん

>だめおやじさん

こんばんは。
こちらにもコメントありがとうございます。

>私にとって、この人はやはり渡哲也さんの弟のイメージ強いです。

私は最初、聞いた時、ビックリしました。
すごい兄弟だなあ…と。

>兄弟で清酒「松竹梅」のCMにも出ていました。

これは残念ながら、私は覚えていなくて…。

>映画も多数出ていました。
>兄の渡哲也さんより多かったのではないでしょうか?

お兄さんより、使いやすい面はあったと思います。
役の幅が広いというか、役を選ばなくて良いというか。

>「戦国自衛隊」のも出ていましたが、これには少し前に亡くなったかまやつひろしさんも出ていました。

「復活の日」など、角川映画にも良く出ていたんですね。

>今年になって、神山繁さん、松方弘樹さん、藤村俊二さんが亡くなっています。
>この後も出るかも知れません。
>亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

神山さんも市川崑監督の横溝正史原作の映画にも出ていましたし、良く見ていた俳優さんです。
ガッカリしました。
藤村俊二さんもあの語り口が好きで、「西遊記」のお馬さんだったり、良く見ていた俳優さんです。
寂しいです。
ご冥福をお祈りします。

>ところでヒコさんがコメントした「大激闘マッドポリス」に出ている片桐竜二さん、志賀勝さん、中西良太さんですが渡哲也さんが主演していた「大都会Ⅲ」、「西部警察」では犯人役で出ています。

出てますね!
片桐さんは「大都会PartII」、志賀さんは「大都会」で印象深い役で出てましたよね?!

>特に中西良太さんはチンピラ役が多いです。
>似合っていますが。(笑)

中西さんにはこれからどんどん、頑張っていただきたいです。

コメントありがとうございました。

別スレ6124さん

>別スレ6124さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私が渡瀬恒彦さんで最初に思い浮かべる
>ドラマは「影同心」ですね。

あーっ、そうだ、そうです。
「影同心」!
もしかしたら私が渡瀬さんをはっきり意識して見たのは、これかもしれません!

>いわゆる「腸捻転」で必殺シリーズをNETに
>持って行かれてしまったTBS系列が、東映に
>「必殺シリーズのような時代劇を作って欲しい」
>と言うオファーを出して作られたのが「影同心」
>になります。

今まで、土曜日の10時にTBSで見ていた必殺が金曜日の10時にテレビ朝日で放送されるようになって。
あれ?でも土曜日の今までの時間に、今までのチャンネルで同じような時代劇やってる。
不思議に思いながら、習慣になっていたので、そのまま視聴を続けていたと記憶しています。
そういう経緯で放送されたんですね。

>東映では中村主水と言うキャラクターを
>分割して表現する事にしたようで、主水の
>持つ獣性の部分を受け持ったのが渡瀬さんの
>演じた高木勘平に当たると思います

そうなんですよ、主人公が同心だから余計、「あれ?」「でも今まで見ていたのとは違う」って思っちゃったんです。
何で?って。
「腸ねん転」なんてわかりませんもん。

渡瀬さんは、時には怒りを込めてやっていました。
確かに怒りを抑えられない「仕置人」の主水みたいです。

>(因みに忍者刀由来と思われる直刀を一本だけ
>落とし差しにしているのがトレードマークで、
>他の同心モノでは殆ど見ない(が、考証的には
>それ程間違っている訳ではない)表現です。

おもしろいお話です。
ありがとうございます。
「影同心」って子供にも切腹させようとしたり、今見るとすごいんですね。

>因みに主水の知恵モノとしての役割を受け持ったのが
>金子信雄さん演じる柳田茂左衛門、女好きの
>役割を受け持ったのが山口崇さん演じる
>更科右近になります

なるほど。
皆さん、良い感じでした。

>(さらに余談ですが、家では奥さんに頭が上がらない部分は金子さんが受け持っており、奥さん役は丹阿弥谷津子さんでした)。

はい、あなたに嫁いで〇〇年…、と嫌味言われてました。

>なお、ご存じのとおり丹阿弥さんは実際の金子信雄さんの奥さんです。

これ、当時のスタッフさんのキャスティングにはほんと、感心しします。
「影同心」の金子さんを見て、本当に芸達者な俳優さんだなあと感心しました。
硬軟善悪、すべていけます。
山口さんも渡瀬さんも良くて、「影同心」は好きでした。

コメントありがとうございました。

キラさん

>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>渡瀬恒彦さん死去…松方弘樹さんに続いて、また『仁義なき戦い』の男が亡くなってしまった。

菅原文太さん、高倉健さんも鬼籍に入られて、任侠ファンは本当に悲しいと思います。

>『狂った野獣』『暴走パニック大激突』『震える舌』『大激闘マッドポリス80』『セーラー服と機関銃』『戦国自衛隊』…数多の作品が思い浮かびます。

うっ、トラウマ映画、「震える舌」…。
CMもポスターも怖すぎて、本編も怖すぎて、ほとんどホラーでした。
土いじりがダメになった…、でも映画は最後は感動ですけど。

>個人的に印象深いのは『仁義なき戦い 代理戦争』の倉元猛ですねぇ…。
>主人公・広能(菅原文太)の組に預けられた、血気盛んな突破者(とっぱもの)の青年。
>劇中、肉体労働をしている母親に洋モク(タバコ)を渡して「みんなにも分けたりぃや」と言って、照れくさそうに去っていくその姿…忘れられないです。

任侠映画ってほとんど知らないんですが、「仁義なき戦い」は名作映画だよ!って言われました。
この際だから見て見ようかな、と。

>本編では敵対する組織の組長を狙うも、返り討ちにあって殺されてしまう倉元。
>ラスト、敵対組織の襲撃を受けて、倉元の骨壺は砕け、その様を見ていた倉元の母親は泣き崩れ、広能は痛切な絶望感を滲ませて、まだ熱い倉元の骨片を握りしめる…。
>「戦いの時、まず失われるのは若者の命。そして、その命が報われることはない」

うわー。
戦争映画にも通じる世界ですね。
戦争のない現代で、命のやり取りをする世界というと、任侠の世界になるんでしょうか。

>渡瀬恒彦さん…本当にお疲れさまでした。

ちょっと…早かったですね。
考えれば考えるほど、残念です。

コメントありがとうございました。

影同心

こんばんは。

「影同心」、スカパーとかで何度も再放送されてますが、世界観が暗いので、あまりちゃんと見たことがないです。

「影同心Ⅱ」は水谷豊さんとか出てたから見てた記憶が・・・香川照之のお母さんが主役でしたよね、花屋の政より先に花枝で敵を倒す(笑)。

任侠映画、ちゃーすけさんはあまりご興味がないみたいですが、「仁義なき戦い」の1作目だけでもご覧になったら面白いかも。松方弘樹さん&渡瀬恒彦さん両方出てますから。

しかも渡瀬さんが登場するシーンは、若頭の松方さんが、御法度の薬をさばいてる渡瀬さん所に行って、怒って殴って、「ちょっとツラかせ!」って渡瀬さんを連れ出すシーンですから。

他にも影同心の金子信雄さんも、「商売人」の梅宮辰夫さんも、「仕事人」の伊吹吾郎さんも出てるし。伊吹さんは渡瀬さんに殺されるけど。。

もし、いつか、ご覧になったら、ぜひこちらで感想をお願いします!!

ドラマが寂しくなりますね

ご無沙汰しております。いつの間に入力用のフォントサイズが随分大きくなりましたね。ちょっとびっくりしました。

渡瀬恒彦氏、松方氏に続き日本映像会の「顔」が又一人旅立ってしまいました。失礼な言い方ですがとにかく「もったいない」。

出演作はとにかく数限り無いので代表作を挙げるのは難しいですが、丁髷中毒としては「影同心」ですね。
酒や女に適度に?だらしなく凶暴で破天荒。だからこそ仕置の際の冷徹でストイックな表情が際立っていました。

甘いマスクの山口崇氏(越前シリーズの上様。米俳優のDon Johnsonに似てません?)や、ご存じなら説明不要の金子信雄氏(蛤…女が見ても痛過ぎです)も個性を発揮されていましたが、渡瀬さんの無精髭や佇い、子供心(再放送)にも大人の男性を意識し、何やらイケナイ気分に駆られた事を思い出します。実にセクシーでした。

私は殆ど見ていないのですが、にっかつロマンポルノが衰退し、露出を控えてお色気保持の「スケバン、ズベ公物・別名セミヌード系」に渡瀬さんは多数出演していたようですね。

後に名女優になられた方々も居ますが(あの桃井さんも出ていた!)、当時は妙齢娘がおパンティをチラつかせながら取っ組み合うのが売りで、演技や作風は期待されていなかった中で、渡瀬さんの存在感は話をピリッと引き締めていたそうです。チンピラではなく、一本筋が通った兄貴の立場。話のおいしい所をかっさらってしまう役も多々だとか。良く分かります。

惜しむらくはその手の映像が入手困難な事です。訃報を機にDVDやCS放映が増えてくれる事を期待致します。

ギラギラ期を経て築き上げた包容力、カビの生えた表現なら穏やかな「ナイスミドル」。個性を保ちながら「立役者、主役専門」を確立したのは流石です。

ちゃーすけさんの仰る通り、兄君の渡さんより守備範囲が広かったですね。
どちらも脇役は有り得ないですが、兄君は「渡さんの為の作品」、弟君はお仕着せでも渡瀬流にこなしてしまう。「重厚な親分肌」と「粋な兄貴→おじ様」、それぞれ男臭くて魅力的です。

十津川シリーズでは名作「消えたタンカー」で競演。原作のヘビーさやスリルを見事に体現していました。JFCのスナイパーだけはド大根+存在意義も不明で興醒めでしたけれど(苦笑)。

故西村先生も草場の陰でさぞご満足だったでしょう。CG多用故に、尚更お二人の生身の演技が迫力満点でした。

渡さんと言えば「浮浪雲」。実は大門団長より遥かに、彼の役者人生最大の当たり役だと思います。(たけしさんの話はご勘弁下さいね、お察し下されw)

他に誰がいる?ですが、最近の渡瀬さんなら或いは?と思っていただけに残念極まりないです。
恒彦版「おねえちゃん、あちきと遊ばない?」聞いてみたかったなー。

心に残る良い役者さんが亡くなるとどうしても「タラレバ」になってしまいますが、その度役者とは夢を売る商売、夢そのものなのだと痛感します。

明日もCSを点ければ渡瀬さんが居る、新作はどんな話だろう…と想像を巡らせてしまう。

若い役者さん達には是非とも彼の華や味を噛み締め、魂を受け継いで頂きたいと願ってやみません。

大原麗子さんと久々の再会、どうぞ役者天国でお幸せに。R.I.P.
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード