アニメのデビルマンについて、何度か記事を書いていました。
原作のデビルマンには、衝撃を受けました。
やっぱりそういう人が多いらしく、「最凶トラウマ最終回」という本ではトップで扱われていました。

高校生の時の同級生がすごいファン?で、彼女が私にデビルマンを読めと言ったんです。
もしかしたら、彼女がくれた本だったかもしれません。
試験期間中に読んだもんだから、もー、テストにならなかった。

なぜ、これを読めと?!と言ったら、トラウマを共有したかったとかひどいこと言ってました。
もー。
ほんと、もー、もー言って、牛になっちゃう。
そのぐらい、もー!って言いたくなる感じでした。

さて、今、原作の「デビルマン」を扱った本で、「世界の終わりと始まりに」という本が家にあります。
これ、何で家にあるのか、ちょっと記憶がないんですが…、誰かからもらったっぽいです。
永井豪さんの作品について、本人にインタビューして語ってもらってる本です。

まず宗教学者の中沢新一さんが序文で、「デビルマン」について書いています。
それによると手塚治虫さんの「鉄腕アトム」は人間と機械の共存、民主主義の理想。
「デビルマン」は、「アトム」の対極の作品だそうです。

少年たちに初めてむき出しの暴力と、善良な民主主義の幻想を嘲笑う世界を見せた衝撃の作品。
「デビルマン」前は、邪悪な存在は正義の主人公に粉砕される存在だった。
または正義の前に改心し、ともに戦う存在だった。

しかし「デビルマン」では、悪魔は悪魔のままだった。
「デビルマン」は、邪悪を行動原理として動く存在であり続けた。
デーモン族というのは、そういう存在だった。

彼らデーモン族は、生物と合体してその特長を取り込み、変化(へんげ)していく。
常に戦い、勝利して相手を乗っ取ることでしか、存在できない。
愛とか情とか、そういうものはデーモンが生きていくうえで必要ない、関係ない。
力しか意味がない。

そう、原作のデーモンの怖いところは、まさにここだと私は思うんです。
自分を愛し、保護してくれた家族。
愛する者。

彼らが外見だけを残して、中身は違うものになっている。
それがある日、自分に対して牙をむく。
牙をむかれた方はただ、その事実を信じられず、絶望する。

そして、愛する者を自らの手で消滅させるか。
自分に対する一片の情も感じられずに、かつて愛した者に食われるか。
どちらかしか残っていない。
そのどちらにしても、自分には絶望と悲しみだけしか残らない。

だからデーモンは怖い。
この残酷な絶望の選択を突きつけて来るデーモンは、恐怖の存在です。
実際に原作の中で、ママが怖いというエピソードがあったはず。
友達がすごく後味が悪くて、嫌だと言っていた、その通りのエピソードがありました。

さて中沢先生は、「デビルマン」にはある「邪悪」への共感、理解があると思った。
ここが、非常に興味深い。
それは破壊神である「ゴジラ」が殺される時、「ゴジラ死なないで!」と思った気持ちに似ているそうです。
あれほどの破壊と恐怖をもたらしたにも関わらず。

邪悪は徹底して排除し、滅ぼすべきという西洋の思考。
「悪」と「善」。
天使と悪魔がパッキリ、分かれている西洋の思考。
それは自分たちとは、全く別の存在である。

対して、日本、アジアの思考はそうではない。
善も悪も、自分たちの中にある。
その通りに「デビルマン」には「ゴジラ」同様、西洋の正義とは異なる、日本人的な思考があると先生は主張します。

「悪」の「デーモン」は、自分たちの中にこそ存在する。
つまりデーモンと戦うことは、自分たちの中にある悪と戦うことだ。
「デビルマン」とは、壮大なドラマに見えて、実は自分たちの内なる邪悪と戦う話だった。
そう、中沢先生は書いています。

「デビルマン」ではついに自分たちの中の「デーモン」が、「美樹」を殺してしまう。
「美樹」を失ったデビルマンは、人間を焼き尽くす。
デーモンたちは殺戮をしていき、デビルマンももう、人間を守らない。
こうして、人類は滅亡する。

「美樹」とは、何だったのか。
愛、慈悲、善良さ。
その象徴が、美樹であった。

少なくとも、デビルマンにとってはそうだった。
「デビルマン」の人間たちは、自分たちの手でその、「美樹」を殺した。
世界は滅びるべくして滅びた。

現実でも、自分たちはたくさんの「美樹ちゃん」を失いかけていると中沢先生は、おっしゃいます。
「プチ・デーモン」たちがたくさん、いる。
自分が「プチ・デーモン」であるという自覚のないまま、彼らは「美樹ちゃん」を殺していく。
そうしていけばやがて、デビルマンは「プチ・デーモン」を焼き尽くすだろう。

「美樹」を殺して世界は滅びるだろう。
「デビルマン」とは、予言のような作品だとおっしゃってます。
宗教学者の中沢先生が、こんな解釈を展開する作品。
うーん、「デビルマン」って深い!


「世界の終わりと始まりに」は、東京百科出版。
2003年10月発行。
定価・税抜き1400円です。

スポンサーサイト
2017.05.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3437-c15fcfcc