さて、永井先生は「デビルマン」で人類を滅亡させたことがずっと、心に引っかかっていたそうです。
それで世界が再び復興する話を描かなければいけない、と思った。
こうして描かれたのが、「バイオレンスジャック」。

無秩序な世界で力による戦いが起き、やがて秩序ができていく。
描きながら、これは人類の歴史だな、と思ったそうです。
考えたら「デビルマン」は戦争だな、と思った。
明は何にもそんな気はないのに戦いに巻き込まれ、最前線に立ってしまう。

「バイオレンスジャック」は結局、「デビルマン」世界とつながった。
この「バイオレンスジャック」の最後に永井先生は、「ジャックは何者だろう」と考えた。
「誰なんだろう」。
「ジャックが誰だったら、納得できるだろう」。

そして本当に最後に、「デビルマンだ!」と「気付い」た。
自分でも、興奮したそうです。
「バイオレンスジャック」には、暴力のシーンがたくさん出て来る。

永井先生自身は一番やってはいけないことは、人を力で抑え込むことだと思っているそうです。
正義の基準はわからないけど、自分の中の悪の基準はハッキリしている。
人を絶対的に、支配すること。

これは一番やってはいけないことだと、永井先生は思っている。
また、自分が一番やられたくないことだとも、思っている。
だから「バイオレンスジャック」では、自分が思う悪を徹底して描いた。
スティーブンキングがすごい怖がりで、自分が怖いと思ったことを描いているのと似ています。

編集さんには「何で登場人物をここまで虐げるんですか?」って、言われたそうですけど。
人間と言うのは暴力的な側面や、衝動を持っているが、それを他人に向けてはならない。
そうでなければ相手に痛い思いをさせ、相手も自分も傷つく。
こういうことを子供の時に学べれば、被害者も加害者も減っていくのではと思っているそうです。

でも永井先生は暴力のシーンは描いていて、すごく疲れる。
ギャグマンガは疲れないし、善の存在を描いている時は疲れない。
「デビルマン」や「手天童子」を描いていると、体が痛くなるそうです。

「手天童子」に至っては、悪夢を見た。
スタッフもみんな、同じような悪夢を見たそうです。
クリエイターですから、そういう気持ちが周りに伝染するのかもしれませんね。

そういえば面白い話も書いてあって、永井先生が前世がわかるという人と会った時のこと。
この時、この方が永井先生のことを宗教家だったと告げたんですね。
何度か転生しているけど、転生するたびに宗教家だったと。

中世オーストリアで、神父だったこともあると告げた。
でもこのことは、あんまり知らなくて良いと言う。
その時、永井先生の頭にポーンと、大きな木が浮かんだ。

するとその方が「あなたは神父なのに、自殺した」と言う。
だから「あの木で自殺したんだな」と思った。
「どうして自殺したんですか」と聞くと、「つらい時代でしたから」。

それで、もしかしたら自分は魔女狩りをしていたんじゃないかと思った。
「デビルマン」のシーンが、頭に浮かんだ。
牧村夫妻を殺した人たちは、宗教家のような恰好をしていた。。

意図して描いたわけじゃなかった。
でもこれは…、自分の経験を描いたのか…?と思ったそうです。
おもしろい話ですね。

話は「キューティーハニー」に、及びます。
あれは男の子向けに描いたが、女の子に人気が出た。
この理由は何だろう?

やっぱり、女の子の変身願望を満たしたんじゃないか。
それから「女の子はおとなしくしてなさい」と言う、当時まだあった風潮に反発したんじゃないか。
永井先生はこんな風に、分析しています。

80年代に、マドンナが出てきた。
それまではセクシーと言うと、プレイボーイのグラビアみたいに男性からの一方的な視点だった。
でもマドンナのセクシーさは、女性が主導する女性が魅力的であろうとするものだった。
永井先生としたら、キューティーハニーで考えていたものが、ついに出たと言う感じでしょうか。

ずいぶん怒られたけど、ヌードは永井先生としては絵的に綺麗であれば良いと思っていた。
だから「デビルマン」のシレーヌは怪物でも美しさがあり、美を見いだせるようにしたかった。
人間とは全く違う形でも。

シレーヌ、私はすごい好きなデザインです。
美しいけど、とても怖く危険な存在。
すばらしいデザインです。

永井先生は自分のエロティシズムは、健全なエロティシズムだと思っています。
エロティシズムが発散されない社会は、まずいと思う。
ヌードやエロティシズムを過度に取り締まっている社会は、犯罪が少ないか?
否、陰惨な犯罪が多いと思うと永井先生は考えています。

永井豪の豪は、実は業なんじゃないかってインタビュアーに指摘されています。
自分の作品では、まず破滅がある。
そこから再生されると、自らの作品を分析しています。
おもしろい分析だと思います。


スポンサーサイト
2017.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3439-99d3cc98