こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPドラマ ≫ 優しい人が描く悪い女と男 「あなたのことはそれほど」

優しい人が描く悪い女と男 「あなたのことはそれほど」

今夜見るドラマは「あなたのことはそれほど」の第5話。
いくえみ綾さんの原作です。
学生の時から読んでる作家さんですが、息の長い活躍をされてますねえ。
昔から好きな作家さんです。

この作家さん、すごく優しい。
そう思ったのは飼い猫たちを描いた「そろえてちょうだい」を読んだ時。
特に「そろえてちょうだい」「0」。

その中に「お蔵出し」マンガがありまして、世話をした元野良ネコちゃんの話があります。
病気持ちで、しばらくは太って元気だった。
でも、徐々に症状が現れた。

後ろ足が利かなくなった猫さんの後ろ足を持って歩くいくえみさん。
腰に来ると言いながら、猫さんと一緒に冬の北海道のアスファルトをてちてち歩く。
前足も立たなくなった猫さんが、表に行きたがる。

元野良さんだから、表に行きたい。
すると今度は雪の中、いくえみさんは猫さんを抱っこして外を歩く。
「散歩したね~」。

「日向ぼっこ、気持ち良かったね」。
「ここで、てちてちしたね」。
「白い猫いたね、ケンカいっぱいしたね」。

猫が「うん」「うん」と返事してる。
抱っこしているいくえみさんに頬を寄せて。
「もう帰ろっか、寒いね」。
「うん」。

後ろ足は冷たくて、前足も硬くなってきた。
『それでも頑張って生きようとした。頑張り屋さんだった』。
『えらかったねえ』。
『かわいかったねえ』。

『今度は病気を持っていない、長生き猫に生まれて来るんだよ』。
『うん』。
『頑張ったのんたん(猫さんの名前)に、百点』。

猫だけじゃなくて、6歳になった時から一緒に暮らしたワンちゃんの話も良い。
優しい人だなあ、と思います。
この「そろえてちょうだい 0」には作家の町田康さんとの対談も載っています。
パンクバンドだった頃から、ファンだったとのこと。

この町田さんも、ぶっとんだ作品を描きますが、猫を書いた著作には優しさがあふれています。
「猫にかまけて」
「猫とあほんだら」

そのいくえみさんの原作のドラマだから見始めましたが、なかなかおもしろい。
波瑠ちゃんの自覚のない悪女ぶりも「ひどいことしてるなあ…」と思いつつ、楽しんでます。
その夫の東出昌大さんが徐々に壊れていくのも、これからの見もののようです。

波瑠ちゃんの不倫相手の有島くんの、これまた自覚のないひどい男ぶり。
気づいていそうな、奥さんの複雑な心情を演じている仲里依紗さんも良い。
これ、もしかしたら全員が悪い人なのかな。
誰でも持っているかもしれないけど、良識や理性で抑えているものを抑えない人たちの話なのかな。

でも一番好きなのは、波瑠ちゃんの母親を演じている麻生祐未さん。
清濁併せ呑んできた大人の風格と味わいを、見事に出してます。
さて東出昌大さんがこれから、佐野史郎さんがかつて演じた「冬彦さん」みたいになるのか。
楽しみに見たいと思います!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL