こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP日常生活 ≫ 芝の愛宕へ月参り

芝の愛宕へ月参り

伊勢へ七度、熊野へ三度、芝の愛宕へ月参り。
愛宕神社の、出世の石段。
曲垣平九郎(まがきへいくろう)が、馬でこの石段を駆け上がり、山上の梅を手折り、家光公に献上。
家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられたことから、こう呼ばれています。


愛宕神社 出世の石段


ここを登ります。
高いところが怖い私は、結構、怖かったです。
怖いから振り返れない、一気に登りました。
手すりにしがみつくようにして、登ってました。

さあ、登るそ!


登り終わって下を見ると、本当に高い。
こんなとこ、本当に馬で登れたのか!って思いますが、実際に明治になって登った人のお名前があります。
本当に大都会の中にある神社なんです。
目の前にボルボ。

目の前ボルボ


境内には猫さんがいました。
もう1匹、白い猫さんが参拝している後ろを走り抜けていきました。
社務所にこの猫さんと、駆け抜けた白猫さんの写真がありました。
ここに棲んでいるんですね。

神社の猫さん


池にはたくさんの鯉がいて、緑が豊富で、すがすがしい。

梅

大都会の中の不思議な空間です。
愛宕神社のサイトで写真を見ただけで、気が澄んでいるのはわかりますが、実際に本当に気持ちが良かったです。
このすがすがしさ、ご一緒にどうぞ!
う~、石段は怖いけど、また行きたい。



スポンサーサイト

Comment

こわい石段
編集
ちゃーすけさん、ご無沙汰です。
素敵なルポ、拝読しました。

私は去年の春先にお参りしました。
NHK側から入りましたので、石段は下りのみ。
ビジネス服装でしたので、革靴でした。
これが結構、怖かったです。

最近、都市部ではめったに味わえない段差と勾配ですね。
ちゃーすけさんの文章を読んで、また行ってみたくなりました。

因みに、放送博物館の8K映像のデモンストレーションはなかなか綺麗でした。
2017年05月20日(Sat) 15:58
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>素敵なルポ、拝読しました。

ありがとうございます!
そう言っていただけて、うれしいです。

>私は去年の春先にお参りしました。

春もきっと良いですね。
梅が咲いているのを見たいです。

>NHK側から入りましたので、石段は下りのみ。
>ビジネス服装でしたので、革靴でした。
>これが結構、怖かったです。

いや、それは大変でしたね。
怖いですよ。
登りもきついですが、下りはあの急な角度と景色を見て降りるのはかなり怖かったです。
高いって思いました。
もう、手すりにしがみついてましたよ。
絶対離さないから、離せないから!って感じに見えたと思います。

>最近、都市部ではめったに味わえない段差と勾配ですね。

本当に大都会の中にありますし、それでいてあの高さ。
珍しいです。
でもすごく良いところですね。

>ちゃーすけさんの文章を読んで、また行ってみたくなりました。

ありがとうございます。
私もまた行きたいです。

>因みに、放送博物館の8K映像のデモンストレーションはなかなか綺麗でした。

あそこもなかなか、楽しいところですね。
雨の日は絶対に足元が危ないと思いますが、天気の良い日の参拝はすごく気持ちが良い場所ですね!

コメントありがとうございました。
2017年05月20日(Sat) 21:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL